Pvqoygijurclzfhwu0t5

スーツ

CATEGORY | スーツ

営業マンの髪型はこれで決まり!男のスーツを格上げするスタイル4選!

2019.02.18

会社の為に契約を取る男性営業マンは、髪型やスーツ1つで営業成績まで左右するため身だしなみは大事な要素です。そんな男性営業マンの髪型やスーツの色など、今回は営業に良いものをご紹介。髪型坊主は?刈り上げやパーマツーブロックは?の他スーツの色を確認しましょう。

  1. 男性営業マンの髪型パーマやスーツの色のOK/NGは?坊主・刈り上げ・ツーブロックなど紹介
  2. 男性営業マンの成績は髪型とスーツの色で決まる!
  3. 男性営業マンに必要な要素とは?(髪型・清潔感・スーツ)
  4. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめは?
  5. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ①「ツーブロック」
  6. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ②「刈り上げ」
  7. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ③「シンプルなショートヘア」
  8. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ④「ダウンショートマッシュ×パーマ」
  9. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ⑤「ソリッド×ビジネスショート」
  10. 男性営業マンの髪型やパーマのおすすめ⑥「ロマンスグレービジネスショート×七三スタイル」
  11. 男性営業マンのNGな髪型やパーマ①「坊主」
  12. 男性営業マンのNGな髪型やパーマ②「金髪」
  13. 男性営業マンが着るべきスーツの色は?
  14. 男性営業マンが着てはいけないスーツの色は?
  15. 髪型・スーツ姿に注意して営業トップの成績を!
営業職として会社で働く男性営業マンの方々は、売上に直接貢献することで会社の存続から営業成績まで関わるため重要な役割を担っていることでしょう。そんな男性営業マンに必須な物と言えばスーツ。更に言うと、大事なのはスーツだけでなく髪型までもが対象になっています。
引用: https://i0.wp.com/s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/f3/29/69/f3296916c9de7eaf225cbbeba0502bac.jpg?resize=375%2C500&ssl=1
そこで今回は男性営業マンにおすすめしたい髪型(刈り上げ・ツーブロック)や、逆にダメな髪型(坊主)を紹介すると共に、スーツの色についての話題もお話していきます。日々会社のために営業をかけているという男性の皆さんは、成績にも左右する重要な髪型・スーツの色についてしっかりと知識を持っておきましょう。
営業において必要なスキルと言われたら真っ先に思いつくのは「話術」ではないでしょうか。巧みな話術は営業の際にも売上成績に貢献するため、話が上手な人ほど営業成績がいいのは言うまでもありません。しかし、話術よりも更に大切なのは営業マンの第一印象です。初対面の方とコミュニケーションを取る際に発生するファーストインプレッションは、その後の展開を大きく左右する重要な要素になります。
営業の中でもそれは同じで、第一印象を決める大きな要素が「髪型」と「スーツ」になります。実はこの髪型とスーツという要素だけでも男性営業マンの成績が大きく左右されるため、見逃すわけにはいきません。言い換えると「稼げる髪型・スーツ」と「稼げない髪型・スーツ」に分けられるということです。

関連記事

男性の営業成績に影響する要素を簡単に説明します。

髪型

髪型は人の顔を見る際に絶対に目が行く場所で大切なポイントです。刈り上げやツーブロックから坊主など色々な上方があるものの、営業の中でも契約がとりやすい髪型、取りにくい髪型があることを覚える必要があります。

清潔感

この記事ではあまり触れませんが、営業をするなら清潔感も最重要項目。契約を取ろうとしながらも相手が不潔と思ってしまうと、話もあまり聞いてもらえず契約に響きません。

スーツ

スーツで大切なのは色です。スーツの色は契約相手の印象を左右するので、今回は営業におすすめの色も確認します。

ポジティブ

営業マンが2人いたとした場合に、片方はネガティブな口調、もう片方がポジティブな口調で話していたとしたら、どちらと契約したいでしょうか。絶対にポジティブな方を選ぶと思います。営業の際に明るくない口調で話しても、それは相手を契約したい気持ちにさせることは出来ません。
引用: https://transic.jp/contents/wp-content/uploads/2017/03/kiji20_20170228_01.jpg
男性にとって大切な髪型は、刈り上げからツーブロック、坊主の他たくさんの種類があります。これらは男性ファッション誌の人気投票によって年ごとにトレンドが変わったり、人気な髪型は変遷していながらも営業成績に響きます。では男性営業マンの成績をアップさせやすい髪型はどういったものでしょうか。髪型は「チャラそう」「暗そう」「爽やか」など色々な印象を抱かせます。今回は営業マンにおすすめしたい髪型を紹介します。
ツーブロックは男性をカッコよく見せられる髪型の1つで、特に若めの営業マンは爽やかなな印象を持たれやすくおすすめです。
頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分はかりあげにしている髪型のこと。長い部分の髪を下ろしているときと、束ねたり・ブローによって、かり上げ部分を露出させた時とでは大きく表情が変わる。

刈り上げも営業には好印象を持たれやすく、髪型人気投票の上位なのでおすすめ出来ます。
かりあげ(刈上げ、刈り上げ)とは、男性に多く見られる髪型のひとつ。男性ホルモンの影響で伸びるのが早い側頭部と後頭部の頭髪を、バリカンやハサミなどで短く刈り込む髪型。

引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520047217/p6kvt8ffjfw4zjkujzeb.jpg
特に若手の方におすすめなのが、シンプルな定番のショートヘア。スタイリッシュなフォルムになっており、ゆるいパーマがかかっているので朝のスタイリングにも時間がかからないのがこのショートヘアの特徴。どんなビジネスシーンでも溶け込みやすく、パーマのおかげで親しみやすい印象に仕上がっています。また髪色を少し明るくするだけでも柔らかい印象になるのでオススメです。
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520048271/zvqzgbaw9op6zynblje2.jpg
ビジネス向けだが、おしゃれにキメたい若手にはこちらのダウンショート×パーマスタイルがオススメ。きつめのパーマがかかっており、前髪が眉下まであるのが特徴。若さあふれる爽やかな雰囲気もGOOD。ビジネスシーンではもちろん、プライベートでもアレンジが効きやすいこの髪型はアクティブな休日を過ごしたい人にもオススメできます。
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520138508/alogfkenwyvtsf1mxngw.jpg
サイドをツーブロックで段を付けたビジネスショート。全体をジェルで固定することで色気を演出しました。崩れにくく、プライベートでアクティブなことをするメンズにもおすすめです。
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520066728/cqbter55nfjbkc8xcc0h.jpg
こちらは少し年齢が上の男性向けの、ビジネスショート×七三分けスタイル。カラーリングはグレーで若々しく、七三分けでダンディに仕上げました。耳周り、襟足は刈り上げてスッキリさせました。かっこいいおじさんに変身できますね。カラーがグレーなのでスーツもグレーで統一すると全体の雰囲気が締まって見えます。
少年時代ならスポーツをやっている青年といった感じでカッコいい印象を持たれやすいのが坊主という髪型。しかし社会人になった後の営業マンがする髪型かと言えばそうではなく、稼げない髪型の1つになります。 特に夏の時期の坊主になると、汗が頭をちらつかせるため清潔感が失われがちですし、何よりも頭皮が見えてしまうのがあまり印象がよくありません。
坊主自体が清潔感を出す難易度が高いので、営業マンをしているならツーブロックや刈り上げ程度に抑えておきたいところです。
一般的に見てもチャラい印象を与える金髪は、営業の中では契約を取れない髪型の筆頭です。実際のところ営業の方の髪型は、茶髪程度でも相手に抵抗を与えてしまうので金髪はもってのほか。もしも金髪で営業成績が良いという方だと、それはもはや「カリスマ性のある特別な人」と思ってください。金髪による営業で成績上位を手に入れるとしたら、個人のブランド力を最初から上げてくるような戦略が必要になるでしょう。
引用: https://news.walkerplus.com/article/148801/850181_615.jpg
あなたが金髪にこだわりがあり、コミュニケーション能力もずば抜けているというなら挑戦してみてもいいかもしれません。

関連記事

男性営業マンが着るべきスーツは「ダークカラー」!

男性営業マンが営業先に行く際に着るべき物はスーツが当たり前ですが、その中でも色によって相手方に好印象、悪い印象を与えるかどうかが変わってきます。そして基本的に男性営業マンが着るべきスーツの色は黒系、例えばブラック・グレー・ネイビーといったものが挙げられます。
黒系のスーツは色の中でも清潔感を見せるなら最適で、実際相手に対して好印象を与えやすくなります。黒系のスーツが良いという話は実例もあり、世界的に見た大企業の営業職を務める方々はダークスーツに身を包んで仕事をする方がたくさんいます。そのため、男性営業マンの方が稼ぎやすさを重視するなら黒系のスーツであって細目のストライプなどをおすすめします。またスーツの中に着るシャツは白が無難です。

芸人のような明るい色のスーツはNG!

営業マンが着るべきスーツは黒系の色でしたが、逆に稼げない・相手に悪い印象を与えるスーツの色は「明るめの色」になります。明るい色と言っても本当に明るい色はもってのほかで、黒系よりも少し明るいライトグレー、ブルー、ブラウン系といった比較的暗めの色であってもNGです。
営業をする際にスーツの色で迷ったときに明るさで迷うなら、相手に与える印象を優先して黒系のスーツを選択することで失敗はなくなりますので、難しく考えず黒を選んでおいてください。失礼な印象を与えるスーツの色で営業することはその後の会社同士の関係にまで影響しますので、くれぐれも明るい系の色は避けること。
男性営業マンの成績を左右する「稼げる髪型・スーツの色」や「稼げない髪型・スーツの色」などを紹介させていただきました。営業において大切なものは他にもたくさんあるものの、外面はその中でも特に重要な要素となりますので、営業に関わっている方は髪型とスーツに色に注意してみてください。それだけでも成績の悩みが解決することだってありえますよ!