Vllo9neqeaxqmskhb3me

種類

CATEGORY | カテゴリー

SSDの種類の違いとは?TLC・SATA・M.2で速度や値段が違う?

2018.09.10

このところストレージの主流といえばSSD。でも、カタログを読んでも、聞いたことがない言葉やSSDの種類が多く聞かれ、ちんぷんかんぷんなんて人も多いのではないでしょうか。TLC?SATA?M.2?種類によって速度や値段に違いがあるSSDの種類を解説します。

目次

  1. そもそもSSDってナニ?HDDとの違いは?
  2. SSDの種類まとめ〔第1章〕カタログにある「TLC」ってナニ?
  3. SSDの種類まとめ〔第2章〕インターフェースの違いを確認しよう!
  4. SSDの種類まとめ〔第3章〕SATAはHDDからの置き換えに便利!
  5. SSDの種類まとめ〔第4章〕M.2はより小型化できる!
  6. SSDの種類まとめ〔第5章〕SATA規格の売れ筋SSDはコレ!
  7. SSDの種類まとめ〔第6章〕mSATA規格の売れ筋SSDはコレ!
  8. SSDの種類まとめ〔第7章〕M.2規格の売れ筋SSDはコレ!
  9. SSDの種類まとめ〔第8章〕SSD搭載パソコンならコレがおすすめ!
  10. 環境や種類を確認してSSDを使おう!
Ssd chip detail
引用: https://jp.transcend-info.com/dist/images/event/ssd/ssd-chip-detail.png

近頃よく聞くSSD。ノートパソコンでは、HDDに代わって記憶装置の主流になりつつあります。HDDは磁気性のディスクだったのに対して、SSDは半導体メモリを使っています。そのため、SSDはHDDに比べると音が静かで発熱も少なく、さらに振動や衝撃にも強いといった違いがあります。

Handoutai
引用: http://nextwell.co.jp/WP/wp-content/uploads/2016/04/handoutai.jpg
Seagate 600ssd
引用: https://www.cfd.co.jp/uploads/product/305/seagate_600ssd.jpg
Adatasp550
引用: https://fabrec.jp/wp-content/uploads/2016/09/adatasp550.jpg

いま流通しているSSDの多くは、「TLC」という種類です。このTLCとは、「トリプルレベルセル」のこと。記録素子1つあたり3ビットのデータを格納できるタイプです。ほかには、素子1つあたり1ビットのデータを格納できる「SLC(シングルレベルセル)」、同じく2ビットのデータを格納できる「MLC(マルチプルレベルセル)」があり、それぞれ特性に違いがあります。

032649
引用: https://www.ark-pc.co.jp/imgfilter/?image=/image/matome/20151215/032649.png&width=900

価格の安さではTLCが最も安く、SLCが最も高くなります。一方で、データ書き換え可能な回数は、SLCが最も多く10万回、次いでMLCが1万回なのに対し、TLCは1000回です。しかし、読み書き速度ではTLCが最も早く、そういった点で、いま最も使われているSSDなのです。

1/5