Bmsfqfetx43audp2wdsf

デート

CATEGORY | デート

屋形船でもんじゃ?月島名物とキラキラ夜景で夏のデートにバッチリ

2018.08.30

屋形船で月島名物のもんじゃ焼きを堪能しながら、東京の夜景を楽しむことができるのは少ないですが存在しています。もんじゃ焼きを食べながら東京の夜景を楽しめるので、特に夏のデートにはピッタリになっています。そのもんじゃ焼きを食べることができる屋形船をご紹介します!

  1. もんじゃを堪能できる屋形船をご紹介!
  2. もんじゃ焼きという名前の由来などについて
  3. お好み焼きよりももんじゃ焼きのほうが長い歴史がある
  4. 夏のデートにバッチリの夜景を見ながら月島名物のもんじゃを堪能できる屋形船を紹介!① 月島もんじゃ 屋形船
  5. 夏のデートにバッチリの夜景を見ながら月島名物のもんじゃを堪能できる屋形船を紹介!② 千羽丸
  6. 夏のデートにバッチリの夜景を見ながら月島名物のもんじゃを堪能できる屋形船を紹介!③ 海鮮もんじゃ 月島丸
  7. 夏のデートにバッチリの夜景を見ながら月島名物のもんじゃを堪能できる屋形船を紹介!④ 拓海屋
  8. 夏のデートにバッチリの夜景を見ながら月島名物のもんじゃを堪能できる屋形船を紹介!⑤ 武蔵丸
  9. 東京は屋形船は多いがもんじゃ焼きを楽しめる屋形船は少ない
  10. 屋形船でもんじゃ?月島名物とキラキラ夜景で夏のデートにバッチリのまとめ
Ubqfnf087bnrnk7ifcyc
Ws0cocc2vlcthkb6ackg
東京には数は少ないですが、もんじゃを堪能することができる珍しい屋形船もいくつか存在しています。東京の夜景を水上から楽しむことができる屋形船は特に夏のデートにピッタリですし、冬であったとしても、もんじゃを食べることができる屋形船は鉄板があることから船内は暖かくなるので、肌寒い時期にもおすすめすることができる屋形船になっています!

関連記事

Oobtl5iss3wrftpmtwrb
Ppy4htyonzxxesbjaqdy
お好み焼きの発祥というと大阪ですが、もんじゃ焼きの発祥は東京の下町になっています。もんじゃというのは変わった名前になっていますが、これは江戸時代末期から明治ごろに子供たちが出汁で溶いだ生地を使って鉄板に文字を書くことで覚えながら食べていたことが始まりとなっていて、文字(もんじ)焼きと呼ばれていたのが、もんじゃ焼きに変化をしました。
Unvd9gavrw5pt0scgifr
Fgcla9qjyxlprapmrzao
当時の月島では子供たちが多く集まっていたのが路地の駄菓子屋になっていて、その店の奥には鉄板の焼台が置かれていて、小麦粉を溶いてから薄く焼いたのに醤油とか蜜をつけて食べさせていたのが、もんじゃ焼きの始まりになっていて、月島では現代でも多くのもんじゃ焼きのお店が存在しています。またもんじゃ焼きが大阪であったり広島などの各地にも伝わっていったことから、現代でのお好み焼にもなったと言われてもいるので、意外かも知れませんがもんじゃ焼きのほうがお好み焼きよりも長い歴史があるのです。
72557220
引用: https://tblg.k-img.com/resize/660x370c/restaurant/images/Rvw/72557/72557220.jpg?token=7fe18cd&api=v2
T 0019
引用: https://uds.gnst.jp/rest/img/ajhrsh590000/t_0019.jpg?t=1502785819&g=224
多くの芸能人からも高く評価されているこの屋形船では、もんじゃ焼きを屋形船から見えるお台場の景観を見ながら食べることができるので、他でもあまり感じることができない体験をすることができます。冬などの寒い時期であったとしても屋形船の中には鉄板があることから夏の暑い時期だけではなく、寒い時期に利用することもおすすめすることができる屋形船になっています。
もんじゃとお好み焼きと焼きそばであれば食べ放題になっていますし、飲み物も種類が多くて飲み放題です。乗合船であれば2名から予約することができるので夏の夜景を楽しむためのデートにもおすすめの屋形船になっていますし、人数が多ければ貸切の予約をすることもできます。乗合船の料金は大人は3900円からになっています。
1 / 3