Onolafj6p1we8h7fatgn

モテ

CATEGORY | カテゴリー

アップバングのやり方!【メンズ】簡単にいまどきの爽やかモテ男になれる!

2018.08.16

メンズの中で流行っている髪型の一つに、アップバングがあります。アップバングは人気ですが、やり方がわからない人が結構いて、やりたいけどためらっている人もいます。アップバングのやり方はあるのでしょうか。アップバングのやり方を詳しく解説します。

目次

  1. 男女問わず注目されているアップバンクのやり方について解説!
  2. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方①髪の長さを知ろう
  3. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方②爽やかに
  4. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方③ジャスティンビーバー
  5. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方④スポーティー
  6. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方⑤大人なイメージ
  7. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方注意点①ブロー
  8. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方注意点②分け目
  9. 簡単にできるいまどきメンズのアップバングのやり方注意点③ワックス
  10. まとめ
B029329451 271 361
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/94/51/B029329451/B029329451_271-361.jpg

それでは早速アップバングのやり方について、解説を入れていきます。まず最初に紹介したいのは、そもそもアップバングとはどのようなことなのでしょうか?アップバンクとは簡単に言ってしまえば、前髪を上げた髪型のことになります。言葉の語源としては、アップとは上にあげる、そしてバングは、前髪のことになります。特に前髪を下ろしている人は、アップバングにすると非常に印象が変わるので、イメチェンをしたい人には、おすすめの髪型と言っても過言ではないでしょう。この髪型は女性からの指示も高くなっているので、モテたい男の人は、とりあえずアップバンクにしてみると、女性ウケのいい髪型になりるのでいいですね。特にこの髪型の印象としては、女性からだけではなく、男性からでも男らしく清潔感があり、爽やか印象を与えてくれることで有名で、テレビに出ているような芸能人でも多く取り入れられている髪型になるので、これを機に流行りに乗ってみるのもいいですよね!そんな注目を浴びている髪型である、アップバンクではありますが、なかなか敷居が高く見られておりますので、チャレンジしようとする人もまだまだ少ないですね。そこで今回は、そんなイメージを払拭するために、アップバンクを簡単に行うために、やり方を解説していきますので、是非この後の項目を参考にして、興味があればアップバンクにチャレンジして見てください。

B022253185 271 361
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/31/85/B022253185/B022253185_271-361.jpg
B011310851 154 205
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/08/51/B011310851/B011310851_154-205.jpg

それでは早速、爽やかでモテるアップバンクの髪型のやり方を見ていきましょう。まずはその前に、髪の長さについて話さなければなりません。アップバングのやり方とてもシンプルなのですが、髪の毛の量によって形が変わってきます。基本的にはワックスやスプレーを使って、髪型をスタイリングすることになります。大きく分けてアップバンクの髪型は、ショートやベリーショート、そしてツーブロック等に分けることができます。まずショートの場合は、髪の毛が短すぎて立ち上げることができません。そのためショートの場合は、少し前髪を浮かせる感じでスタイリングをするといいでしょう。根元から前髪を立ち上げないといけないため、それを意識したブローをする必要があります。立ち上げた後はワックスをしっかりとつけて、毛束感を出すようにするとビシッと決まります。次にツーブロックの場合なのですが、男らしい印象を与えることができ、活発的な人にとても似合う髪型と言えるでしょう。また、前髪が立つことにより合わせてワイルド感を与えられるのもいいですね。この髪型にするためには、後ろの髪を前に持って来なければなりません。最後に紹介するのは、パーマヘアになります。この髪型は、柔らかくて優しい感じに仕上げることもできるのですが、場合によってはワイルド感も演出することができます。やり方の印象としては、かき上げみたいな感じになります。ブロー、ワックスの流れで髪を流していきましょう。

B016426225 154 205
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/62/25/B016426225/B016426225_154-205.jpg

関連記事

1/5