Edpcibuacbhbwqfcg3zt

トレーニングメニュー

CATEGORY | トレーニングメニュー

筋トレならジムで。おすすめのメニューや効果的な頻度を徹底解説!

2018.08.15

ジムでの筋トレを行うなら、初心者の人はどの器具を使ってどの部位から鍛えればいいのか、メニューや頻度がわからないのではないか。自宅での自重トレーニングも良いが、しっかりとしたメニューを組んで、程よい頻度で挑みたい。ジムでのおすすめ筋トレメニューや頻度をご紹介!

目次

  1. どれくらいの頻度が適切?ジムでの筋トレの方法とは
  2. ジムでの筋トレの基本!筋力増強させるためのポイントとは?
  3. ジムでの筋トレで筋力を増強するためのポイント①:トレーニング
  4. ジムでの筋トレで筋力を増強するためのポイント②:食事のコントロール
  5. ジムでの筋トレで筋力を増強するためのポイント③:休養
  6. ジムに行く頻度は少ないほうがいい?筋トレのおすすめの頻度とは
  7. 初心者の人が知っておきたい!ジムで筋トレをする際に鍛えるべき部位
  8. 初心者の人がジムで筋肉を鍛える順番①:コンパウンド種目
  9. 初心者の人がジムで筋肉を鍛える順番②:アイソレーション種目
  10. ジムでの筋トレ!初心者の人が参考にしたいメニュー例
  11. 自宅よりもジムで鍛える!おすすめメニュー例 1日目:胸
  12. 自宅よりもジムで鍛える!おすすめメニュー例 2日目:大腿
  13. 自宅よりもジムで鍛える!おすすめメニュー例 3日目:背中・腕
  14. 自宅よりもジムで鍛える!おすすめメニュー例 4日目:ハムストリング
  15. 自宅よりもジムで鍛える!おすすめメニュー例 5日目:肩・腹筋
  16. メニューを考えて効率の良い筋トレを実現!筋肉肥大を目指そう!
Woman at gym body building 1303 5506
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-at-gym-body-building_1303-5506.jpg

筋力を増強するなら考慮したい、ジムに通う方法。自宅での自重トレーニングよりも、鍛えたい部位を集中的に鍛えることができるジムの筋トレ器具。初心者の人ならどの部位から、どれくらいの頻度で鍛えればいいか、また、食事のとり方や休息のペースもよく分からない人もおおいだろう。

Woman training with rope in gym 23 2147675215
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-training-with-rope-in-gym_23-2147675215.jpg

とはいえ、筋肉は継続に鍛えていきたい。果たして、初心者の人が鍛えるべき部位と、ジムでのトレーニング方法には、どんな種類があるのだろうか。また、筋力を増強するにあたり、効率のいいトレーニング方法や、おすすめの方法、スケジュールの組み方などはあるのだろうか。ジムに通って行う筋トレについてチェックしてみよう!

関連記事

Man training in fitness studio 1296 387
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-training-in-fitness-studio_1296-387.jpg

ただやみくもにトレーニングするだけで鍛えられそうな筋肉だが、筋力トレーニングをする際に、効率よく筋肉を成長させるために必要なポイントがある。これらをバランスよく行うことで、筋力が効率よくアップする。

Couple at gym 1303 5516
引用: https://image.freepik.com/free-photo/couple-at-gym_1303-5516.jpg

筋力トレーニングは、筋力増強のために行わなければならない。自宅で、腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングを行うことで筋力はアップするが、より鍛えたい部位に集中してトレーニングを行いたいのであれば、ジムでの筋トレが効率が良い。ジムに設置してある器具などは、それぞれの部位専用に使うことができる。

Assorted ingredient for cooking 23 2147749527
引用: https://image.freepik.com/free-photo/assorted-ingredient-for-cooking_23-2147749527.jpg

筋力の増強に欠かせないのが食事のコントロール。効率よく必要な栄養素を摂取することによって、筋肉の増強を図ることができる。赤身の牛肉はもちろん、魚や野菜、プロテインで脂質やたんぱく質、炭水化物を摂取しよう。また、疲労回復に効果を発揮してくれる果物の存在も忘れたくない。

Young man sleeping in his bed 1169 149
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-man-sleeping-in-his-bed_1169-149.jpg

効率的なトレーニングと食事のコントロール、そしてもうひとつ重要な要素は休養。体が休んでいる間に、成長ホルモンの分泌され、筋肉肥大に大きく貢献する。質の良い睡眠を取ること、そして、休養は休養として、できるだけ負荷のかかる作業などを避けることが、筋肉を効率よく鍛えるためのポイントとなる。

1 / 4