2018年08月12日 UPDATE

バイク向けリュック&バックパックおすすめ!おしゃれメーカー多数!

バイク乗りにとって何かを持ち歩くときは収納スペースを作る必要があり、リュックやバックパックがおすすめです。そこで今回はバイク乗りにおすすめの疲れることの少ないリュックやバックパックをご紹介。おしゃれなメーカーやハード・固定など色々と確認していきましょう。

目次

  1. 【疲れるなら固定も】バイク向けリュック&バックパックおすすめ!ハードやおしゃれメーカー紹介
  2. バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【機能性を確認】
  3. バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【中身を守るならハード】
  4. バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【予算】
  5. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【アークテリクス】
  6. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【スラッシャー】
  7. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【ポイント65】
  8. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【[アルファ インダストリーズ】
  9. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【アールエスタイチ】
  10. バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【ダイネーゼ】
  11. バイク向けリュック&バックパックおすすめ!疲れる場合は固定しよう
  12. バイク向けリュック&バックパックおすすめで快適なツーリングを!

【疲れるなら固定も】バイク向けリュック&バックパックおすすめ!ハードやおしゃれメーカー紹介

通勤はもちろん通学に使われるバイクは趣味でツーリングする方もいるなど男のロマンとして親しまれていますが、そんな時に必須になるのがリュック&バックパックです。
しかしバイクは収納スペースが車のようには行かないため固定出来る又は背負うリュック&バックアップは必要なもののどんな物がいいかはちゃんとわかりません。
そこで今回はバイク向けに使えるおすすめのリュック&バックパックをハードな物からメーカー、おしゃれなものなど紹介したいと思います。
選び方のポイントなども確認して良さそうな物を探してみましょう!

バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【機能性を確認】

バイク向けのリュック&バックパックに欠かせないのが機能性。機能性として簡単に挙げるとしたら収納力、個別収納スペース、防水性などが挙げられます。

収納力

収納力に関しては説明書きに〇リットルといった形で書いているため簡単に確認は可能なのでどれだけの荷物を持ち運ぶかに応じて考えれば大丈夫です。ちょっとした通勤通学なら少量、宿泊や野宿を伴うなら大きめを選びましょう。

個別収納スペース

リュック&バックパック内部の仕切りや小物を収納するスペースの確認は大切です。特にたくさん入れるならどこに何を入れておくかといった区切りを設けることでアクセスを簡単にします。
またデジカメやガジェット機器といった瞬時に取り出したいものも専用の簡単取り出しスペースが設けられていた方が緊急時やベストなタイミングを逃しにくくします。

バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【中身を守るならハード】

リュック&バックパックは表面が柔らかい素材が一般的ですが、中にはハードタイプと呼ばれるものがあります。
ハードタイプは普通の物と違って外観が硬い素材で覆われているもので、転倒時や強い衝撃を受けた際に中身を守りやすくします。
バイク乗りの場合は急な転倒もありえるのでこういったハードタイプを使った方が中身は安全ですから、ハードを選ぶのもおすすめです。

バイク向けリュック&バックパックおすすめ!選び方【予算】

バイク向けリュック&バックパックの価格はピンキリなので一概には言えないですが、良品質なものでも2,3万円程度あれば購入出来ます。
またコスパだけを求めるなら数千円のものも販売されており、知名度の高いブランドで高級なものなら10万円を越える物もあるでしょう。
単純に良品質でおしゃれなものが欲しいだけでメーカーにこだわらなければ数万円程度で十分です。

関連記事

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【アークテリクス】

91e08g2s%2bpl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91e08g2s%2BPL._UL1500_.jpg
1989年カナダ生まれのアーテリクスは洋服やアウトドア用品を手掛ける機能的なおしゃれな商品を販売するメーカーです。社名は始祖鳥の学名から取られています。

アロー22

バイク向けはもちろん通勤通学とタウンユースにおすすめの「アロー22」はアーテリクスの大人気モデルです。
防水加工の本体には独自開発のジッパーが搭載されていて雨風に対しても高い防壁を保っています。
背中のフィット感も良く長時間の装着による疲労も軽減されているのが魅力。真っ黒なデザインにライン状のカラーが入ったバッグがおしゃれを感じます。
(アークテリクス) ARC'TERYX バックパック 22L ARRO 22 [アロー22] CASUAL/URBAN 6029 [並行輸入品]
価格 ¥ 23,764

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【スラッシャー】

9112kazc9vl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/9112kazC9VL._UL1500_.jpg
1981年にサンフランシスコで生まれたスケーターブランド。もともとは雑誌の販売から始まりましたが、現在ではメーカーのロゴがカッコいいバックなども手掛けています。

THRPCシリーズ

スケートボードデッキとドッキングが可能ながらバイク用として有効。細かいポケットや横のメッシュポケットがアクセスの良い小物の収納に役立ちます。
[スラッシャー] スラッシャー/THRASHER リュック A4収納 人気 おしゃれ A4収納 THRPN7900
価格 ¥ 7,031

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【ポイント65】

61vdom5e31l. sl1001
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61vDOM5E31L._SL1001_.jpg
「軽さ」と「使いやすさ」と「素材」にこだわりを持つスウェーデン生まれの北欧デザインがおしゃれでユニークさを感じるブランドです。
ヨーロッパでは高い評価を得る鞄メーカーであり、その商品の数々は機能性の高さが抜群。元々はガジェットを製品をバイクで運んでもいいようにハードな物を販売していたことから中身を守ることに関しては高い信頼感があります。

ボブルビー

独特のS字デザインがおしゃれかつ体への負担を減らしてくれるのがボブルビー。カラーも豊富でハードタイプというのが魅力的。
ポイント65 Point65 バックパック 25L ボブルビー GT リュック PCバッグ 北欧 302100 クリプトナイト(グリーン) Boblbee GT Hard Shell Megalopolis Executive Matt Green Metallic バイク ツーリング バッグ [並行輸入品]
価格 ¥ 28,619

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【[アルファ インダストリーズ】

91cqyw7wyyl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Cqyw7wYYL._UL1500_.jpg
1959年から米国防省と契約しているミリタリーメーカー。カジュアルかつミリタリー系のアイテムとしてはトップメーカーとして君臨しています。

Transfer フラップリュック

クリアプリントがおしゃれでカラーバリエーションが豊富な実用性と機能性を備えたリュックです。シンプルに収納スペースを持っていてメイン収納、サブ収納、小型ポケットなどもあり利便性が豊か。
通勤通学ツーリングに使えて価格が1万円を切る圧倒的安さになっているのが購買欲をそそります。
[アルファ インダストリーズ] リュック CP Transfer フラップスタイル 4732
価格

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【アールエスタイチ】

71wjuy3tool. sl1240
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71WJUY3TOOL._SL1240_.jpg
バイク関連用品の製造販売を行う国内メーカー。
ライダーの皆さんが安全で格好良く、ライディングギアをプロデュースするアールエスタイチ
引用元: www.rs-taichi.co.jp

RSB271

それなりの容量を備えたロールアップ式のバックパック。価格も安いため購入しやすくなっています。
RSタイチ(アールエスタイチ) 防水バックパック ブラック 容量25L RSB271
価格 ¥ 6,230

バイク向けリュック&バックパックおすすめ&おしゃれなメーカー【ダイネーゼ】

ダイネーゼは、イタリアヴェネト州ヴィチェンツァ県モルヴェーナに本社を置く、モーターサイクル、自転車、スキー、スノーボード、乗馬向けのプロテクターやライディングウェアを手がけるメーカーである。近年ではNASAと宇宙服の共同開発等も行っている。
引用元: ja.wikipedia.org

D-MACH

61i0eihz cl. sl1188
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61i0EIHZ-cL._SL1188_.jpg
アメリカのエクストリーム系スポーツ専門バッグブランド“OGIO"とのコラボレーション・モデル。 この'D-MACH'は、ハードシェルx超軽量x防水仕様のツーリングバックパックです。
引用元: www.amazon.co.jp

Dainese(ダイネーゼ) D-MACH BACKPACK W01 N ハードシェルバッグ 防水カバー付 容量22.2L 1980060
価格 ¥ 28,620

関連記事

バイク向けリュック&バックパックおすすめ!疲れる場合は固定しよう

バイク向けのリュック&バックパックを所持している時に気になるのが疲れること。走行しながら背負っていたら普通に疲れるでしょうし、固定したくなります。
そんな疲れるならおすすめなのは固定することなわけですが、バイクの後部にはオプションで荷台が付けられたりその他固定するための便利アイテムがあります。
疲れるならそういったものを使って固定すれば体に余計な負担を与えず固定のおかげで疲れることを防止します。具体的な疲れる場合の固定方法は色々ありますが、定番は紐やゴムロープを使うことでしょう。

疲れる際の固定用おすすめアイテム紹介動画

疲れる際の固定を実践する紹介動画

バイク向けリュック&バックパックおすすめで快適なツーリングを!

バイク向けのリュック&バックパックについておすすめやおしゃれなもの、メーカーや選び方を交えて紹介させていただきました。
長距離のツーリングや普段の通勤通学を快適な環境にするためにもぜひ自分にあったものを探してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BIRKCGxB2LI/?tagged=%E9%9B%A8%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF