Asmdslt9mcik29qdh3op

CATEGORY | カテゴリー

車は年収の目安?維持費などから車が年収の何割かを推定!ローンの場合も

2018.07.26

車を買う時に気になるのはやっぱり値段。年収の何割ぐらいの車がベストなのでしょうか?ローンは収入の何割まで?維持費はどのぐらいかかる?安く抑える方法はある?年収別買うべき車の目安は?年収と車・ローンの関係を徹底的に解説します!

目次

  1. 車と年収の関係1【車の維持費はどのくらいかかる?】
  2. 車と年収の関係2【年収の何割ぐらいの車が目安?】
  3. 車と年収の関係3【年収に合わせた車の総額目安】
  4. 車と年収の関係4【ローンは何年?収入の何割?】
  5. 車と年収の関係5【車の維持費を安く抑える方法】
  6. 年収別おすすめの車と金額・ローンの目安1【年収200万円・軽がおすすめ】
  7. 年収別おすすめの車と金額・ローンの目安2【年収300万円・機能と金額のバランス型】
  8. 年収別おすすめの車と金額・ローンの目安3【年収400万円・平均的な年収】
  9. 年収別おすすめの車と金額・ローンの目安4【年収500万円・ちょっといい車を】
  10. 年収別おすすめの車と金額・ローンの目安5【年収500万円以上・憧れの車にチャレンジ】
  11. 車は無理せず買えるものを!
Sirabee20171018kurumacar 600x400
引用: https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/sirabee20171018kurumacar-600x400.jpg

いざ車が欲しい!と思っても、かかるお金は車の代金だけではありません。車には維持費がかかります。まずは、車1台にかかる維持費について解説します。車に直接関係する維持費は、大きく分けて4種類あります。『税金』『保険』『走らせるための費用』『メンテナンス・整備費用』です。

関連記事

税金

車にかかる税金のうち、買う時に必要なのが『自動車取得税』と『消費税』、毎年払わなければいけない(維持費)のが『自動車税』と『重量税』です。自動車税は車の排気量によって変わり、普通車の場合は約3万円~10万円ぐらいです。一方軽自動車には自動車税の代わりに『軽自動車税』がかかり、10800円~7200円となります。

Fotolia 69476505 subscription monthly m 1 599x399
引用: http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/12/Fotolia_69476505_Subscription_Monthly_M-1-599x399.jpg

保険

保険は全員が加入しなければいけない『自賠責保険(強制保険)』と『任意保険』の2種類があります。自賠責保険は、車検の際に保険料を支払うので、新車ならば3年、それ以降は2年に1回、まとめて支払います。任意保険は補償内容、価格などを自由に設定に設定することができます。盗難されやすい高級車や、過去に事故を起こしたことのある人だと保険料は高くなる傾向にあります。

走らせるための費用

車は走るのにも停めておくのにもお金がかかります。主なものが駐車場代とがガソリン代です。駐車場代は地域にもよりますが、月極めで5000円~8000円ぐらいのところが多いようです。ガソリン代は、軽自動車で月3600円ぐらいが目安です。

メンテナンス・整備費用

新車の場合で車を買ってから3年後に、その後も2年ごと1回『車検』を受ける義務があります。車検もどこで受けるかによって価格は変わってきますが、数万円~10万円近くかかることもあります。そのほか、車に関係した消耗品費として、オイル・エレメント、タイヤなどの費用がかかります。

これらを合計すると、軽自動車で月8000円ぐらい、SUVで月15000円ぐらいは維持費として必要になるようです。

Img3101
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/carnobori/column/img3101.png

維持費がかかることも踏まえて、年収の何割ぐらいの車を買うのがベストなのでしょうか。もちろん貯金の額や生活状況によって「絶対何割!」とは言えないのですが、一般的に、年収の半分以下が余裕を持って買える額だといわれています。それ以上になると、長いローンを組んだり、生活を若干節約する必要が出てきます。

Thirties single man car
引用: http://www.kuruma-sitadori.com/img/thirties-single-man-car.jpg
1/6