2018年07月20日 UPDATE

コートの黒がメンズを引き立てる。コーデのコツやほこりへの対処法!

黒色のコートはコーデしやすくメンズらしくなりますが、黒いコートの合わせ方や選び方に迷ったことはありませんか。黒いコートは着こなしがしやすくメンズコーデに欠かせないアイテムですが、着こなし方によって重い感じになります。そこでおすすめの着こなしや選び方をご紹介

目次

  1. 【メンズコーデ】黒いコートの選び方①場面に合わせる
  2. 【メンズコーデ】黒いコートの選び方②コートの種類
  3. 【メンズコーデ】黒いコートの選び方③ブランド
  4. 【メンズコーデ】黒いコートの選び方④デザイン
  5. 【メンズコーデ】黒いコートの選び方⑤性能
  6. 重いと感じない黒いコートコーデ
  7. 重い感じにならない黒いコートの組み合わせ①デニム
  8. 重い感じにならない黒いコートの組み合わせ②シャツ
  9. 重い感じにならない黒いコートの組み合わせ③ニット生地アイテム
  10. 重い感じにならない黒いコートの組み合わせ④マフラー
  11. 重い感じに見える黒色コートの着こなし
  12. 黒コートのほこりを取る方法①洋服ブラシ
  13. 黒コートのほこりを取る方法②粘着カーペットクリーナー
  14. 黒コートのほこりをつかなくする方法
  15. まとめ

【メンズコーデ】黒いコートの選び方①場面に合わせる

Aab248854427a979d8bd2c5db5ac1d38
引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/b2/48/aab248854427a979d8bd2c5db5ac1d38.jpg

黒いコートを選ぶには場面に合わせたコートを選びましょう。場面に合わせるわせるというのはビジネス用かプライベート用ということです。コートは着こなしの聞くファッションアイテムで塚画ってのいいのが特徴です。スーツを着るビジネスシーンでも役に立ち、おしゃれをしたいプライベートでも活躍するものです。ビジネスで活躍するデザインはプライベートできるとおしゃれなコーデとはいえなくなります。そしてその逆もあります。プライベート用のコートはビジネスでは派手でスーツコーデには合わないビジネスマナーとしてなっていない形となってしまいます。コートを選ぶ時はビジネス用プライベート用を兼用アイテムとしてのコートを選ぶのではなく、ビジネス、プライベートをしっかりと分けてコートを購入しましょう。

849001e6bc9eff7ce912ae680be74438
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/90/01/849001e6bc9eff7ce912ae680be74438.jpg

【メンズコーデ】黒いコートの選び方②コートの種類

B20599708afff9fd905f5bd3ed4ac2d6
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/05/99/b20599708afff9fd905f5bd3ed4ac2d6.jpg

黒いコートを選ぶ時は種類が重要です。黒いコートといっても1つの種類だけはありません。コートには「トレンチコート」「チェスターコート」「Pコート」「ダッフルコート」「ムートンコート」などです。他にもコートはまだまだ種類がありますが、主にビジネスやプライベートで使用するコートの種類を上げてみました。コートは同じデザインのようで全く違うアイテムとなりますので、コートを選ぶときはコートの種類をしっかりと選びましょう。ビジネスにおススメのデザインの種類は「チェスターコート」「トレンチコート」などです。プライベートではどのデザインのコートでもコーデに合うのでファッション似合わせて購入しましょう。プライベートでのコート選びに種類などこだわる必要はありませんが、ビジネスで使用する場合は非常識にならないデザインのコートを選びましょう。コート選びはプライベートよりもビジネスの方が慎重に選ぶ必要があります。

B3ce79b37cf34ae56ab32455bdccd8c9
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/ce/79/b3ce79b37cf34ae56ab32455bdccd8c9.jpg

【メンズコーデ】黒いコートの選び方③ブランド

D01177afe46eefaf7a7fbf8e562321f9
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/11/77/d01177afe46eefaf7a7fbf8e562321f9.jpg

次のにおすすめする選び方は「ブランド」です。黒いコートといってもコートには種類が多くあるようにブランドも多くあります。ブランドによってデザインが異なりブランドの特徴が出てしまいます。ブランドによってシンプルなデザインから少しおしゃれなデザインまでありビジネス用プライベート用としかり分ける必要があります。ビジネスにおすすめのブランドは「タケオキクチ」のコートです。タケオキクチのシンプルでビジネスに向いているデザインです。プライベートにおすすめのブランドは「BURBERRY」です。BURBERRYは大人メンズに欠かせない存在でコートの種類も豊富に取り扱っているブランドです。

987de0921becda84efa90910591b9956
引用: https://i.pinimg.com/564x/98/7d/e0/987de0921becda84efa90910591b9956.jpg

【メンズコーデ】黒いコートの選び方④デザイン

692777500a8429658554e7d3a7ac28b1
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/27/77/692777500a8429658554e7d3a7ac28b1.jpg

コートには種類がありますが、その中でもデザインが異なってきます。同じコートの種類でもデザインが違い着こなしによって全く雰囲気が変わるものです。また、デザインはスタイルによって見た目も変わりますので、顔の大きさ、足の長さ、体の大きさ、体型など考慮して購入しないとデザインだけで重視してもいいコートには出会えません。デザインはその人に合ったものを選ぶことでおしゃれに見えかっこよくなります。コートを選ぶ時はあなたのスタイルに合ったものを選びましょう。

Dca0a8ef0855607e9179bf7106d9dc47
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/a0/a8/dca0a8ef0855607e9179bf7106d9dc47.jpg

【メンズコーデ】黒いコートの選び方⑤性能

Da4d26cf8dbd8ee1d42bf0364a4043e3
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/4d/26/da4d26cf8dbd8ee1d42bf0364a4043e3.jpg

コートを選ぶときに1位2位を争うほど重要なことは「機能性」です。コートはデザインや種類など選び方がありますが機能性は考えなくてはいけません。コートは冬に着るものです。基本おしゃれアイテムとしてではなく防寒対策としてきるので寒くないものを選ぶ必要がありますが、一定以上の気温になるとおしゃれなコートでは寒さを防ぐことが出来なくなります。そこで悩んでしますのが、おしゃれなデザインコートか実用性を重視したおしゃれと呼ぶには程遠いコートです。おしゃれを求めるなら機能性は捨てましょう。機能性を重視するならおしゃれは諦めなくてはいけませんん。

2b4618a3af6e25d17cf5192e44ea2757
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/46/18/2b4618a3af6e25d17cf5192e44ea2757.jpg

重いと感じない黒いコートコーデ

6a25c28b2c4871eb684be5d9790a8df6
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/25/c2/6a25c28b2c4871eb684be5d9790a8df6.jpg

重いと感じなコーでネートにはコツがあります。黒いコートはなぜか自然と重い感じを出してしまいがちですが、コーディネートしだいで重いコートファッションから重く感じないコーディネート方法があります。重い感じにならない黒いコートに合わせるアイテムをご紹介します。

8585474c544ff2c8c4e83b73152f3020
引用: https://i.pinimg.com/564x/85/85/47/8585474c544ff2c8c4e83b73152f3020.jpg

重い感じにならない黒いコートの組み合わせ①デニム

651bc9cc64caac37506229e4310da29c
引用: https://i.pinimg.com/564x/65/1b/c9/651bc9cc64caac37506229e4310da29c.jpg

黒いコートに合わせるおすすめアイテムは「デニム」です。黒いコートにデニムを合わせることでカジュアルなコーディネートになります。黒いコートはパンツのカラーしだいで重いファッションに見えますので、黒いコートには明るいカラーのパンツを使用しましょう。

164cc78dcd71d4e605ea9749680e85e1
引用: https://i.pinimg.com/564x/16/4c/c7/164cc78dcd71d4e605ea9749680e85e1.jpg

重い感じにならない黒いコートの組み合わせ②シャツ

65302da5c565d083cbf9fc86457117ad
引用: https://i.pinimg.com/564x/65/30/2d/65302da5c565d083cbf9fc86457117ad.jpg

黒いコートのすすめのアイテムは「シャツ」です。シャツはおしゃれなビジネスファッションとなり、プライベートでシャツを使用した場合はビジネス風のおしゃれなファッションコーディネートとなります。黒いコートにシャツ、デニムを合わせるとかなりおしゃれなカジュアルファッションとなります。黒いコートを重いと感じさせないようにするならカジュアルなコーディネートを目指しましょう。

重い感じにならない黒いコートの組み合わせ③ニット生地アイテム

3ecc03772d05ae8fbbb9dd5ef97a99ff
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/cc/03/3ecc03772d05ae8fbbb9dd5ef97a99ff.jpg

黒いコートに合わせるおすすめファッショアイテムは「ニット生地」です。ニット生地はきるだけで柔らかいイメージとなり重くは感じさせないようになります。コートに合わせるおすすめはニット製のカーディガンです。カーディガンはシンプルなデザインですがインナーとして使用するとおしゃれになります。ニット生地をコートに合わせるときはカラーも気をつけなくてはいけません。カラーは白ニットや水色などです。そして、柄にも気をつけましょう。無地の明るいカラーの場合はいいのですが、暗いカラーになる場合は柄のはいったニットにしましょう。おすすめの柄は「ノスタルジック柄」「よこしま」「たてしま」です。明るいカラーで重い感じをなくしましょう。

重い感じにならない黒いコートの組み合わせ④マフラー

C5cd3cca3845b0769b8d79850abfae3b
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/cd/3c/c5cd3cca3845b0769b8d79850abfae3b.jpg

重い感じに見せないようにするには「マフラー」が大切です。マフラーは冬の欠かせないアイテムでコートとマフラーとの組み合わせは最高です。そこで重いと感じないようにするにはマフラーのカラーです。インナーをいくらカラフルなデザインにしても閉めていると見えません。ですがマフラーを明るいカラーにするとコートを閉めていも重いとは感じなくなります。重いと感じなくするにはマフラーのカラーを重視しましょう。おすすめのマフラーカラー白黒のボーダーデザインもしくはノスタルジック柄です。

重い感じに見える黒色コートの着こなし

重い感じに見えるNGな着こなしは黒のパンツに地味なデザインやカラーのインナーです。黒いコートはコーディネートひとつでダサい重い着こなしとなってしまいますので、組み合わせや着こなしに注意しましょう。

黒コートのほこりを取る方法①洋服ブラシ

8fb78230e6292fa905f77ba79e9a75e2
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/b7/82/8fb78230e6292fa905f77ba79e9a75e2.jpg

ほこりを取るのにおすすめなのが洋服ブラシです。洋服ブラシはほこりを綺麗に取るだけでなくきじを傷つけないアイテムです。服の生地のことを考えるなら洋服ブラシがお勧めです。

02986842ec96f47b100e0909b5646779
引用: https://i.pinimg.com/564x/02/98/68/02986842ec96f47b100e0909b5646779.jpg

黒コートのほこりを取る方法②粘着カーペットクリーナー

916b768ce72f6c344bf0b486e7a72d5c
引用: https://i.pinimg.com/564x/91/6b/76/916b768ce72f6c344bf0b486e7a72d5c.jpg

おすすめほこり取りは粘着カーペットクリーナーです。粘着カーペットクリーナーハ粘着力が強いアイテムですが、粘着カーペットクリーナーの粘着自体あまり強いもので葉無いので生地を傷つけることなくほこりを取ることができます。

黒コートのほこりをつかなくする方法

ほこりをつかないようにするには防水スプレーがおすすめです。ほこりは静電気が発生することでほこりがつきます。その静電気を発生させなくすることでほこりがつかなくなります。ほこり除けスプレーを付けるのがおすすめですが、ほこり除けスプレーがない場合は防水スプレーでも同じような効果を発揮します。

まとめ

黒いコートの着こなしや選び方は参考になったでしょうか。黒いコートは同じようなデザインでも全く違ったものでビジネス用、プライベート用に分ける必要があります。デザインや形にこだわりあなたに合ったコートを選びましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/aa/b2/48/aab248854427a979d8bd2c5db5ac1d38.jpg