2018年07月22日 UPDATE

二重の整形に失敗!?(画像有)不安な失敗確率や失敗例のブログも紹介。

もっとかっこよく、もっと美しくなりたいと望み、美容整形を行う人が多くなっている日本。特に多い施術は一重から二重に変える施術のようです。ですが、やはり失敗も多いよう。そこで今回は、二重整形の失敗確率や、整形はバレるのか、失敗例を画像やブログでご紹介します。

目次

  1. 二重整形の失敗例とは?
  2. 二重整形の施術方法
  3. 【画像やブログで解説】二重整形の失敗例①術後の腫れ
  4. 【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➁目の開きが悪くなる
  5. 【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➂イメージと違った
  6. 【画像やブログで解説】二重整形の失敗例④目がチクチクする
  7. 【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➄二重が取れてしまう
  8. 二重整形の失敗する確率とは?
  9. 二重整形はバレる?
  10. 二重の整形に失敗!?(画像有)不安な失敗確率や失敗例のブログも紹介。のまとめ

二重整形の失敗例とは?

Kuroki07a
引用: https://www.shiromoto.to/photo/img/eye/kuroki07a.jpg
Kuroki04
引用: https://www.shiromoto.to/photo/img/eye/kuroki04.jpg
美容整形大国でもある韓国では、整形をするのは当たり前といった雰囲気で、その流行は今や日本でも。整形と一言で言っても、その箇所は様々。例えば、鼻を高くしたり、お腹の肉を吸引したり、豊胸だったりと自分の持つコンプレックスをなくそうとしたり、憧れの人のようになりたいという願望に少しでも近づきたい思いで整形を行う人だったり、理由は様々あるようです。今回は、そんな整形についてのお話し。整形箇所は、まぶたです。日本人は、二重の人に比べて一重の人の方が圧倒的に多い人種。そのため、二重に憧れる人も多くいます。二重にする理由としては、一重に比べて、二重の方がより目が大きく美しく見えるというのが、圧倒的に多い理由。また、簡単に行うことができる施術のため、不安を抱かずにクリニックに出かけている人もいます。ですが、そこには大きな落とし穴が。医療に関しては世界でもトップレベルの日本ではありますが、美容整形では、失敗も多いようです。それはまぶたにも同じことが言えるそう。どんな失敗例が日本でもあるのか、実際に二重まぶたの整形をした人の体験談を参考に見ていくことにしましょう。

二重整形の施術方法

Tp maibotsu1
引用: https://www.shiromoto.to/ct/eye/method/img/tp_maibotsu1.gif
Sekkai05
引用: https://www.shiromoto.to/photo/img/eye/sekkai05.jpg
二重整形の失敗例を見ていく前に、まずは、二重整形の施術方法について学んでおきましょう。二重整形の施術方法は、埋没法・部分切開法・全切開法の3種類があります。埋没法は、まぶたを糸で留める比較的手軽な施術方法。部分切開法・全切開法は、まぶたを切開して二重の上体を長くキープできる施術方法です。日本でも人気のあるのは埋没法。気軽に二重にすることができ、費用的にも安くできることから、初めて二重整形に挑戦したという方には、おすすめです。二重整形の施術方法を学んだところで、次は二重整形の失敗例を見ていくことにしましょう。失敗例も意外と多いようです。

【画像やブログで解説】二重整形の失敗例①術後の腫れ

Cbb00513f32349dbfc2dcf0558994aba
引用: https://kirei-kyokasho.com/wp-content/uploads/2015/05/cbb00513f32349dbfc2dcf0558994aba.jpg
Mainpic mini sekkai14b
引用: https://www.takasu.co.jp/operation/photo/eye/mainpic_mini_sekkai14b.jpg
最初にご紹介するのは、失敗例の中でも最も多い「術後の腫れ」。整形がうまくいっていれば、たいていの場合1週間程度で腫れは引くそうです。ですが、失敗していると1ヶ月経っても腫れが引かないという人もいます。これは、施術方法が違っても同じことは言えそう。実際にメスを入れて施術を行うわけですから、少々の腫れは覚悟のうえ。ですが、あまりに長期間、腫れが引かないのであれば、もう一度施術をしてくれたクリニックに通うことになります。目の腫れが気になって外に出かけるのも、嫌になってしまう可能性も。

【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➁目の開きが悪くなる

S800x424 84a38977 170d 4a6b 958e 8fc242176ad2
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/carbon-assets-production/uploads/content/cover/6/6051/s800x424_84a38977-170d-4a6b-958e-8fc242176ad2.jpg
Content %e7%9c%bc%e7%9e%bc%e4%b8%8b%e5%9e%82%e3%83%bc%e8%a8%98%e4%ba%8b%e7%94%bb%e5%83%8f2
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medicalnote.co.jp-production/uploads/ckeditor/pictures/1709/content_%E7%9C%BC%E7%9E%BC%E4%B8%8B%E5%9E%82%E3%83%BC%E8%A8%98%E4%BA%8B%E7%94%BB%E5%83%8F2.jpg
続いての失敗例は、「目の開きが悪くなる」こと。これは、目の開きがもともと悪い方に、切開方のみを行った場合や、広すぎる二重幅でラインを作った場合に起こりうる失敗例だそうです。目の開きがもともと悪い人は、目の開きを良くする眼瞼下垂の手術も一緒に行うことをおすすめします。眼瞼下垂の手術を行うことで、目の開きが悪くなった症状も出ることはないでしょう。

【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➂イメージと違った

Octgurnpia3kyp5c3amc
引用: https://www.pinterest.jp/pin/609393393298376475/
Hhnhgnpbnuokjm1qiobk
引用: https://www.pinterest.jp/pin/828451293928483903/
実際に施術を行った後は、気持ち的にも満足感でいっぱいになると思います。ですが、日が経つにつれ何だかイメージとは違った形になっていると気付くことも。例えば、左右に差が出てしまっている場合は、再手術が必要になってきます。低価格で自分の顔を変えるわけですから、それなりのリスクを伴うというのも美容整形の落とし穴。イメージとは違うなぁと感じたときは、クリニックへ相談してみましょう。
今まで自分は黒目が大きい方だと思っていたのですが、目頭切開をしたことで今まで隠れていた白目が出てきてしまい、怖い印象になってしまったのです。 HPでよく見ていた整形に失敗した人の事例と私の目がよく似ていて、私も失敗したのだと思いました。

【画像やブログで解説】二重整形の失敗例④目がチクチクする

A543ceca47ffa9a94bdbd60ac76046d9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a5/a543ceca47ffa9a94bdbd60ac76046d9_t.jpeg
Df2d35fbc839e1ab24f38d8156a93640 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/df/df2d35fbc839e1ab24f38d8156a93640_t.jpeg
続いての失敗例は「目がチクチクする」です。これは、埋没法を行ったときの失敗例ですが、埋没法は糸を使用してする施術法。そのため、まぶたの裏側から糸が皮膚の表面へと出てきてしまいチクチク傷んでしまうというわけです。このような症状が出てきた場合は、早めにクリニックを受診して抜糸をしてもらうことをおすすめします。

【画像やブログで解説】二重整形の失敗例➄二重が取れてしまう

N9qudxqwbcwe1yp8yact
引用: https://www.pinterest.jp/pin/845269423782618479/
Hair make20160926b
引用: http://maico.maihada.jp/article_images/hair-make20160926b.jpg
続いての失敗例は、「二重が取れてしまう」という場合です。埋没法は比較的簡単に行うことができるため二重でいる期間は、3年~5年ほどで半分くらいラインが緩んできます。ですが、埋没法で10年以上持っている人もいます。二重が取れているという確認方法としては、「日によって二重にならない日がある」「ラインの幅が狭くなってきている」といったように、鏡を見て自分で確認することができます。

二重整形の失敗する確率とは?

04
引用: http://www.keisei.ne.jp/futae/images/samples/04.jpg
01
引用: http://www.keisei.ne.jp/futae/images/samples/01.jpg
ここまで読んでみて二重整形は、必ず成功するものではないということを分かっていただけたでしょうか。美容整形は、現在の日本でも、簡単にできる施術方法として当たり前の時代になりました。でも、やはり初めて行うには不安だらけ。ましてや失敗例ばかりを見ていると、施術を受ける気持ちにもなりません。そこで、ここでは、二重整形の失敗する確率について少しお話します。二重整形が失敗する確率は、全てのクリニックのホームページに記載されているわけではありません。そのため失敗する確率というのは定かではないです。クリニック側は、失敗の確率を避けるため、カウンセリングをとても重点的に行います。施術を行う人がどんな二重にしたいのか、はもちろん、施術を行う人の目の特徴など事細かに調べます。そのうえで、シミレーションを行い、理想の二重を作ってくれるのです。それが、失敗しない確立につながり、逆に成功率を上げていることになります。

二重整形はバレる?

Oidc1eg0cgsch70grii9
引用: https://www.pinterest.jp/pin/847873067319652975/
Xnacnfx6ormj7pp4uqpv
引用: https://www.pinterest.jp/pin/225320787587216322/
一度二重整形をすると、周りの人にバレるのではないかと不安になる人もいるでしょう。確かに二重整形は、バレる確率が非常に高い美容整形の一つです。ですが、それは実際に二重整形を行った人から見るとバレる、はたまた、昔から親しい人と久しぶりにあったときにバレるといったレベルではないでしょうか。確かに、二重整形をすると目鼻立ちもすっきりとして、顔の印象も多きく変わりませす。ですがそれは、その人を相手が知っているからこそ分かるもの。知らない人の中では、パッと見だけでは、バレるということはありません。もしバレる理由があるとしたら、それは、左右に差がある場合やまぶたが腫れてしまっているなどの、失敗例ではないでしょうか。あまり、バレることを気にしていては、何のために二重にしたのか意味がありません。そのため、あまり周りの目は気にしない方が良いのだと思います。

関連記事

二重の整形に失敗!?(画像有)不安な失敗確率や失敗例のブログも紹介。のまとめ

Zkeznk0vd8xd1rhjwlb4
引用: https://www.pinterest.jp/pin/433612270367202358/
92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_t.jpeg
二重整形の失敗例についてご紹介しました。できれば二重で生まれたかったという人、自分の顔は好きだけど二重になりたい、など整形を試みる人は多くいます。ですが、整形はあくまで手術。失敗するリスクがあるということ決して忘れずに、医師とのコミュニケーションを図ることをおすすめします。失敗しないためにも自分が信頼できる医師を選ぶことも、整形を行う上での大切なことです。不安があれば、医師に何でも相談してください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1532142552/n9qudxqwbcwe1yp8yact.jpg