Yq4ibjvptmti83uvi1vu

趣味

CATEGORY | カテゴリー

寝る時間はどれくらいがベスト?サイクルは?長いほうがいいの…?

2018.07.16

寝る時間は皆さんどのくらいがベストかご存知ですか?普段何気なく寝ていると思いますが、寝る時間・睡眠時間はとても大切です。長い時間や早い時間・一瞬と様々な時間がありますが、睡眠には適した時間が存在します。今回はそのような寝る時間についてご紹介します。

目次

  1. 寝る時間はどのくらいがベストなの?
  2. 寝る・睡眠は人間の三大欲求の一つでもあるので重要
  3. 寝る時間にはおすすめの時間・サイクルが存在
  4. 短時間の睡眠の人は「ショートスリーパー」と呼ばれる
  5. 寝る時間が一瞬・短い人のメリットは?
  6. 寝る時間が一瞬・短い人のデメリットは?
  7. 長時間の睡眠の人は「ロングスリーパー」と呼ばれる
  8. 寝る時間が長い人のメリットは?
  9. 寝る時間が長い人のデメリットは?
  10. レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを知るのが理想の睡眠時間の「鍵」
  11. 理想の寝る時間のベストなサイクルは?
  12. 寝る時間だけでなく睡眠の質も大切
  13. 寝具で睡眠の質を調整するのもおすすめ!
  14. 睡眠時間を計測してくれるアプリもおすすめ!
  15. 【まとめ】寝る時間を意識して生活リズムを!
92811474d46372e23bb9af2037f
引用: http://sleep-apnea-syndrome.net/img/92811474d46372e23bb9af2037f.jpg

睡眠と言えば人間にとって必要な行動ですが、どのくらい普段寝ていますか?寝ている時間は日常生活を大きく左右するとともに、その人の体調なども大きく左右します。寝る時間が長い人もいれば寝ても起きる時間が早い一瞬しか寝ない人などもいるのですが、どちらが理想的なのかご存じない方も多いです。今回はそのような寝る時間のベストはどのくらいなのかについてご紹介していきたいと思います。

Sleep011
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/8/4/7/6/5/201708251322/sleep011.jpg

睡眠は人間の三大欲求の一つと言われています。人間の三大欲求は一般的に食欲・睡眠欲・性欲と言われているのですが、睡眠は人の生活サイクルには欠かせない部分だと思います。一日の4分の1以上を占めていることが多いこの睡眠ですが、睡眠の時間を快適にすることによって体にいい影響を与えることができます。

160427 miniku main
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2016/04/160427_miniku_main.jpg

寝る時間にはおすすめのサイクルが存在するのはご存知ですか?サイクルを守った睡眠時間にすることによって快適な睡眠にすることが可能です。この睡眠時間を知っているか知っていないかによって睡眠の質は大きく変わるので、睡眠の質を変えるためにも理想的な睡眠サイクルを知ることは重要と言えます。

Img 3
引用: https://image.myrepi.com/Assets/Modules/male/article/lifestyle/2017/300013/img_3.jpg

睡眠時間が短い人もいると思います。中には睡眠時間が1時間から3時間程度しかない一瞬しか寝ない人もいます。このような方はショートスリーパーと言われます。さらに、本来は疲れているから寝たいのにも関わらず、起きるのが早い人などもこのショートスリーパーにあたります。次は実際に起きるのが早い、寝る時間が短い人のメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

1911 %20main
引用: https://media.selfturn.jp/sites/default/files/styles/1200x640/public/images/1911_%20main.jpg?itok=ShXuSrQJ

まず最初は寝る時間が一瞬・起きるのが早い人のメリットについてご紹介していきたいと思います。まず最初に挙げられる起きる時間が早い、一瞬しか寝ない人のメリットは時間を長く過ごすことができるという点です。時間を最大限に有効活用できるのですが、大きなメリットとして挙げられやすいです。

Img 1
引用: https://image.myrepi.com/Assets/Modules/male/article/lifestyle/2017/300013/img_1.jpg

寝る時間が一瞬・起きるのが早い人のメリットについてご紹介しましたが、次はデメリットについてご紹介したいと思います。デメリットとして挙げられやすいのが体調が崩れやすいという点です。やはり寝る時間が短いと体調管理が必須になってきます。長い時間起きていると集中力もきれやすくなってしまうので、細心の注意を払う必要があります。

1 / 3