2018年07月14日 UPDATE

車用空気入れおすすめ!簡単に空気圧を調節できる電動が手動より便利!

車の空気入れでおすすめのものは、手動のものよりも簡単に空気圧を調整することが出来る電動のものが良いです。普段の走り方によっては頻度が高いという人もいるため、自分にあったものが良いです。今回はおすすめの車の空気入れを紹介していきます。

目次

  1. おすすめの車の空気入れとは
  2. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:KUFUNG
  3. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:エアホークプロ
  4. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:メルテック
  5. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:NET-O
  6. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:AUPERTO
  7. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:iCODIS
  8. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:Lixada SAHOO
  9. 使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:BAL
  10. 車の空気入れは電動がおすすめ

おすすめの車の空気入れとは

多くの人は自転車の空気圧を気にすることは良くあり、そのための自転車用の空気入れは持っているものの、自動車については空気圧についてまったく気にしておらず、車用の空気入れなんて持っていないという人が多いはずです。確かに最近では、ガソリンスタンドでも無料で空気圧の点検や空気を入れることも出来たり、場合によっては店員から空気圧の点検などを進められることもあるため、それで十分だと考える人も多いのも事実です。しかし、空気入れをもっておくことで、万が一のパンクを防ぐための対策をすることが出来たり、燃費向上のために空気を補充することも可能になるため、持っておいたほうが実は良いものなのです。

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/4VSt34Dr7aU/maxresdefault.jpg
2014082220535413b
引用: http://blog-imgs-67.fc2.com/8/4/4/8446/2014082220535413b.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:KUFUNG

とはいっても、どういうものがあるかわからないという人も多いはずです。そこで今回はおすすめの車用空気入れを紹介していきます。KUFUNGの空気入れは、電動タイプでありながらもリチウム電池を内蔵しており、電源を確保しなくても使用することが出来ます。もちろんシガーソケットに繋いで使用することも可能です。そして何より、小型であるため、車内に備えておいても邪魔になりにくいのも特徴です。デジタルエアゲージも内蔵されており、自動で設定した空気圧になると停止するような仕組みとなっているため、入れすぎになることもありません。また、ライトがついているため、暗い場所や夜でも使用することが可能となっており、車以外にもバイクや自転車にも使用することが出来るため、非常におすすめです。

51z66acvdel. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Z66AcvDeL._SY355_.jpg
71qvbkx+tsl. ac ss350
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/71qvBKX+tSL._AC_SS350_.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:エアホークプロ

インパクトレンチのような見た目をしていますが、こちらは立派な空気入れです。エアホークプロは、見た目はまるでインパクトレンチのようにコンパクトな形となっていますが、その小ささとは裏腹に、その性能は大容量のエアコンプレッサーと互角であるという空気入れです。非常に持ちやすい形であるので使い勝手もよく、さらにはコードレスのためどこでも使用することが可能となっています。もちろんエアゲージも付いているため、いれすぎ手しまうこともありません。来る迷うとして使用するときはもちろん、ボールに空気を入れるときにも使用することが出来るため、レジャーにも使えます。

71sqvruzxkl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71SqVruzXkL._SX355_.jpg
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 11 02 05.10.53
引用: http://happylifemobile.net/wp-content/uploads/2017/10/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2017-11-02-05.10.53.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:メルテック

小さくてバッテリーが付いているものも確かに良いが、やはりどうしてもコンプレッサーなどがしっかりと付いているほうが安心するという人も中にはいるはずです。メルテックの空気入れは、そんなコンプレッサーなどが付いているタイプでありながら、本体は非常に小さいです。使用する際はシガーソケットにつなぎ、エンジンもかけた状態でなければ使用できませんが、先に紹介したものと比べると圧倒的にパワーが違います。しかし、シガーソケットにしか対応していないため、家庭用というよりは車内に常備するためのものということになるため、使い勝手は少々悪いです。

61ppkixvb7l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ppkiXVB7L._SL1000_.jpg
415081419
引用: https://img.fril.jp/img/145967886/m/415081419.jpg?1526412033

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:NET-O

コード付きのタイプは電源面では安定するものの、もし届かなかったらどうしよう、と心配する人も多いはずです。NET-Oのコンプレッサーは、そんな心配はありません。こちらもシガーソケットに接続するタイプではありますが、コードの長さは3メートルもあるため、前後どこでも大丈夫です。また、3種類のアダプターノズルも付属で付いているため、タイヤ以外のものに空気を入れることも可能です。ディスプレイはバックライト付きであるため、夜間はもちろん、昼間でも視認性は抜群です。そして低騒音であるため、近隣住民への迷惑にもなりにくいため、自宅でも気軽に使用することが可能となっています。

51xewhnjerl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XEWHnjerL._SX355_.jpg
Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/SPPyENURY3k/hqdefault.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:AUPERTO

今までのエアーコンプレッサーや空気入れというのは、非常に大きく、持ち運びもかなり不便でした。さらに電源についても家庭用のコンセントにしか対応していないため、どうしても空気を入れるとなると、ガソリンスタンドやタイヤショップなどに行かなければならないということが常識でした。しかし最近はシガーソケットに接続するタイプが多くなり、どこでも使用することが出来るようになりました。AUPERTOの空気入れは、どこでも使用することが出来ることはもちろん、小型であるため持ち運びも非常に楽です。また、浮き輪にも対応できるため、これからの季節わざわざ家で膨らませなくても、ドライブ先で膨らませることが可能となるため、荷物がかさばることもなくなります。

71bxagqlidl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bXaGqLIdL._SY355_.jpg
I img1200x926 1524153481pnz0lu48269
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0404/users/9da5f9bc4f031c0da44c1122e2061de9f7ca1e3c/i-img1200x926-1524153481pnz0lu48269.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:iCODIS

iCODISの空気入れは、先ほどまで紹介したエアゲージが搭載されているものとは一味違い、最新の電子技術を元に作られたインテリジェントコンプレッサーというものを搭載しています。他の空気入れはただ空気を入れることがメインとなり、性能が良いものでもある程度入ったら自動で停止するものがほとんどですが、こちらはノズルをタイヤの空気入れる部分に繋いで電源を入れるだけで、どのくらい空気を注入する必要があるかを計算し、それにあわせた空気量を入れてくれるという、ハイテクな空気入れとなっています。状況に応じて的確な空気注入量を計算するため、空気を注入する時間の短さは群を抜いています。

716 9ryi9fl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716-9ryi9fL._SY355_.jpg
Ca 75zl28b7
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/115/www.carry-out.co.jp/wowma_image/image2-3/CA-75ZL28B7.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:Lixada SAHOO

電動タイプは確かに便利だけど、手動のほうが信頼性があって一番良いと考えている人も中にはいるはずです。確かに電動は便利ですが、万が一壊れてしまったら非常に厄介なことになります。そこで最後に手動タイプのものをいくつか紹介します。Lixada SAHOOという空気入れは、手動タイプではありますが、足で空気を入れるフロアポンプとなっています。良くある手動のポンプとは違い、ポンプが2機搭載しているため、空気を入れるスピードが速いです。また、フロアポンプであるため疲れにくいです。また、エアゲージが付いているため、どのくらい空気が入っているかを確認することも可能となっています。

61cnqlrre l. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CnqLRRe-L._SY355_.jpg
71fdiuh98bl. sx522
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71fDIUH98bL._SX522_.jpg

使用頻度が高い人は手動より簡単に空気圧を調整できる電動!おすすめの車の空気入れ:BAL

これはもう多くの人が一台持っているはずです。空気入れといえばこの形だという人も中にはいるはずです。その中でもBALという空気入れは、非常に人気がある一品です。実は車用の空気入れで手動を選ぶ人は意外にも多く、理由として微調整しながら空気を入れることが出来るという理由などがありますが、一番は機械的なトラブルが起こりにくいということです。特にこちらは、通常の手動の空気入れよりも力は半分で使用することが可能であるため、非常に楽に使用することができます。自転車やボール、ミニプールなどの空気入れにも使用することが出来るため、一家に一台は置いておきたい一品です。

61tfolajdal. sy450
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61tfOLajDAL._SY450_.jpg
12129
引用: https://image.rakuten.co.jp/stylemarket/cabinet/managed/img12/12129.jpg

車の空気入れは電動がおすすめ

いかがでしたか。車の空気入れは電動がおすすめであるということがわかったと思います。確かに電動よりは機械的なトラブルが起こりにくい手動が良いという人も多くいますが、やはりいざということを考えると、電動が最も有利です。特に最近では、タイヤの空気注入口にノズルをつけるだけで自動で空気量を測って最適な空気量を注入するハイテクな空気入れもあるため、空気入れも時代とともに進化しているようです。お店などでやってもらうことも良いですが、万が一に備えて車用の空気入れを備えておくことも、非常に良いことです。

61agefwofvl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61agefwoFVL._SY355_.jpg
71exckbij0l. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71eXCKbij0L._SY355_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img-cdn.jg.jugem.jp/489/497973/20110124_876517.jpg