T6gcbfntbaxgj3adrr6f

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ジブリの人気ランキング!おすすめの映画や曲・気になる興行収入は?

2018.07.14

老若男女に人気の映画、ジブリ作品。一番人気の挿入曲は?カラオケでおすすめのジブリソングは?男女から人気のキャラクターランキングは?そして気になる興行収入第一位の作品は?なにから見るのがおすすめ?ランキング形式でご紹介します。

目次

  1. 大人気!ジブリのおすすめランキング・挿入曲編【1.ふたたび(千と千尋の神隠し)】
  2. 大人気!ジブリのおすすめランキング・挿入曲編【2.あの夏へ(千と千尋の神隠し)】
  3. 大人気!ジブリのおすすめランキング・挿入曲編【3.海の見える街(魔女の宅急便)】
  4. 大人気!ジブリのおすすめランキング・カラオケ編【1.君をのせて(天空の城ラピュタ)】
  5. 大人気!ジブリのおすすめランキング・カラオケ編【2.となりのトトロ(となりのトトロ)】
  6. 大人気!ジブリのおすすめランキング・カラオケ編【3.やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便)】
  7. 大人気!ジブリのおすすめランキング・カラオケ編【4.カントリー・ロード(耳をすませば)】
  8. 大人気!ジブリのおすすめランキング・カラオケ編【5.さんぽ(となりのトトロ)/井上あずみ】
  9. 大人気!ジブリのおすすめランキング・キャラ編【1.トトロ (となりのトトロ)】
  10. 大人気!ジブリのおすすめランキング・キャラ編【2.ポニョ(崖の上のポニョ)】
  11. 大人気!ジブリのおすすめランキング・キャラ編【3.メイ(となりのトトロ)】
  12. 大人気!ジブリのおすすめランキング・キャラ編【4.ジジ(魔女の宅急便)】
  13. 大人気!ジブリのおすすめランキング・キャラ編【5.ナウシカ(風の谷のナウシカ)】
  14. 大人気!ジブリのおすすめランキング・興行収入編【1.千と千尋の神隠し】
  15. 大人気!ジブリのおすすめランキング・興行収入編【2.ハウルの動く城】
  16. 大人気!ジブリのおすすめランキング・興行収入編【3.もののけ姫】
  17. 大人気!ジブリのおすすめランキング・興行収入編【4.崖の上のポニョ】
  18. 大人気!ジブリのおすすめランキング・興行収入編【5.風立ちぬ】
  19. 大好きなジブリをもう一度見返してみよう!

ジブリの世界を彩ってくれる名曲の数々。一番人気は、「千と千尋の神隠し」の中で使われた『ふたたび』でした。千尋がハクを助け、ハクの正体が明らかになる、感動的な名場面で使われた曲で、作曲家はジブリ作品には欠かすことのできない久石譲さんです。

2位にランクインしたのも、同じく千と千尋の神隠しから、『あの夏へ』。映画の冒頭で印象的に使われた名曲です。引き込まれるような、切なくも美しいメロディーは遠い夏を思い出させてくれます。「千と千尋の神隠し」は2001年公開の作品ですが、名曲は色あせないことを教えてくれます。

3位は「魔女の宅急便」の名曲、『海の見える街』です。映画に登場する「コリコの町」のにぎやかさと古風な雰囲気が調和したような曲です。

関連記事

カラオケで歌いたい!人気曲の第一位は、「天空の城ラピュタ」のエンディングテーマ、『気をのせて』でした。映画の内容とマッチした歌詞と、どこか切ないメロディーは、ピアノで、オルゴールで、合唱曲として、広く愛されています。

Pdvd 014 400x267
引用: http://studiototoro.com/wp-content/uploads/2016/03/PDVD_014-400x267.jpg

「となりのトトロ」のエンディングテーマ、だれもが一度は口すざんだだことがあるのではないでしょうか。ジブリといえばこの歌!という声も多いようです。

Snapcrab noname 2016 7 18 22 48 25 no 00
引用: https://cityregendxxx.com/img/snapcrab_noname_2016-7-18_22-48-25_no-00.jpg

荒井由実(松任谷由実)による「魔女の宅急便」のエンディングテーマです。「小さい頃は神様がいて……」という歌詞は、大人になった今だからこそ、染みるものがあります。

Main
引用: https://img.cinematoday.jp/a/N0097495/_size_640x/_v_1515497723/main.jpg

男女ともに人気の『カントリー・ロード』。元はアメリカの「故郷に帰りたい」(Take Me Home, Country Roads)という曲で、映画版の歌詞は、当時主人公・雫と年齢の近かった鈴木敏夫の娘さんがつけた、という逸話があります。

1 / 4