Vxvl8xljfpggng1pssv5

CATEGORY | 車

ハッチバックとは?意味や人気のおすすめ車種を画像付きで紹介!

2018.07.13

ハッチバックとは自動車のボディ形状の一種ですが、そのハッチバックとはどういう意味なのでしょうか。そのハッチバックの意味やセダンとの違い、人気があるおすすめ車種を画像付きで紹介していくのでどのような車種があるのか画像とともに解説します。

目次

  1. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! まずはハッチバックの特徴から説明
  2. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! ハッチバックは全長が短いので狭いところでも運転しやすい
  3. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! ハッチバックは経済的
  4. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! ハッチバックとセダンの違いとは?
  5. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! ハッチバックとセダンの乗り心地は違う
  6. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! ハッチバックとセダンは排気量やボディのサイズが違う傾向がある
  7. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! おすすめの車種① 日産 ノート
  8. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! おすすめの車種② ホンダ フィット
  9. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! おすすめの車種③ トヨタ アクア
  10. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! おすすめの車種④ トヨタ ヴィッツ
  11. ハッチバックとはどういう意味なのかや、人気が高いおすすめ車種を画像付きで紹介! おすすめの車種⑤ スバル インプレッサスポーツ
  12. ハッチバックとは?意味や人気のおすすめ車種を画像付きで紹介!のまとめ
Gavgmf87nlmvseoqqj0n

ハッチバックは自動車のボディタイプの一種です。ハッチバックの特徴は後部のドアが上方向に向かって、開くのが特徴です。人が乗る場所と荷室が分離されていないので、後部座席を倒してしまうことで、ラゲッジスペースをより広く使うことも可能です。またステーションワゴンとも間違われやすいハッチバックですが、特に決まった定義があるわけではなく、全長が短めになっているのが、ハッチバックでセダンのトランクの部分が大きくなっているようなのが、ステーションワゴンと覚えても大丈夫です。

関連記事

Tkv9dremxbahk1vwgfam
Uhoh7hlpulxj8vihxb4d

全長が短めになっているので、狭い路地などが多数あるような場所でも、運転することがしやすくなっている自動車です。ハッチバックの後ろにはトランクのようなところも存在しないので、後方を見ることも非常にしやすくなっているので、駐車をするときにバックでするときの後方の確認もしやすくなっていますので、あまり自動車を運転しない人が選択するのに、おすすめできる自動車のタイプです!

Fdn1upfgbclt5n65ncfb
Orzbvf72mdedkt4mhvtv

コンパクトなのからミドルサイズまでの大きさにハッチバックはなっているので、排気量が低くなっていますし、車体重量の面でも軽いのが、多くなっています。なので車体重量が軽くて、燃費にも優れているので、ハッチバックはがガソリン代だったり、税金の面で考えても維持費を抑えることができます!

P2pnjslmluzafc8cqmkq
Fdmbeb9nemcycoczqw0d

ハッチバックとセダンは間違えられやすい自動車のボディタイプですが、ボディタイプが違うので見た目が違うことはわかりやすいところではありますが、機能や乗り心地にも違いがあります。まずハッチバックとセダンの定義ですが、日本の場合では後部のドアが上方向に向かって開き、車高が1550mm以下の自動車がハッチバックと一般的には定義をしています。セダンはエンジンルームとトランクルームと居室が独立している、3ボックスになっていて4ドアの自動車であることが定義されています。

1 / 4