2018年07月12日 UPDATE

ナイロンジャケットのメンズコーデ特集!人気なブランドはここだ!

皆様はナイロンジャケットをご存知ですか?メンズのナイロンジャケットは非常にスタイリッシュで、且つ使用の幅も広いことから注目されているアイテムです。今回はそんなナイロンジャケットを使ったメンズのおすすめコーデ・着こなしについて古着活用方法、人気ブランドを紹介していきいます。

目次

  1. はじめに:今メンズのナイロンジャケットコーディネートがアツイ!?
  2. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド①ナイキ
  3. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド②アディダス
  4. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド③リーボック
  5. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド④シュプリーム
  6. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド⑤コロンビア
  7. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ①スキニーと合わせてトレンドコーデ!
  8. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ②ジーパンと合わせて90sコーデ!
  9. 【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ③汎用性MAX!?パーカーと合わせるコーデ!
  10. まとめ:ナイロンジャケットでトレンドを先駆け!?メンズらしさが引き立つアイテムだ!

はじめに:今メンズのナイロンジャケットコーディネートがアツイ!?

Top 6
引用: https://monde.jp/blog/wp-content/uploads/2017/01/top-6.jpg
1
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.01.25-2/1.jpg
ナイロンジャケット、名前は聞いたことがなくても、おそらく物は知っている方も多いでしょう。読んで字の如くナイロンを生地に用いたジャケットのことを指しており、主にスポーツの場面やイベントスタッフが来ていることが多いです。そんなナイロンジャケットですが、スポーツやイベント場面に限らず、最近はカジュアルでスタイリッシュな普段着使いもOKなものが沢山出てきています。メンズらしさを引き立てるおしゃれなものが多くなっているので、今回はそんなナイロンジャケットを使ったコーディネートを紹介、またどのブランドがおすすめなのか、そこについても解説していきます。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド①ナイキ

2017 1220 526
引用: http://feeet2.sakura.ne.jp/upload/upload/2017-1220-526.jpg
%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ad %e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2 %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88 lqkxrz
引用: https://c.static-nike.com/a/images/t_PDP_1728_v1/f_auto/mwi44j9jx2d7k00ijqv9/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-lqKxRz.jpg
あまりにも有名なスポーツブランド、ナイキです。ナイキのナイロンジャケットはブランドロゴをあしらったおしゃれなものが多く、全てが着心地の良いアイテムとなっています。またナイキのナイロンジャケットを使ったコーディネートに【90sコーディネート】というものがあります。これは90年代のコーディネートを思わせるような印象を漂わせるコーディネートで、古着などを合わせて当時の雰囲気を演出する、そんなコーディネートが流行っています。そのためナイキに限らず、ナイロンジャケットの古着というのは意外と売れていて、日常的に使っている方も多いです。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド②アディダス

428
引用: https://static-buyma-com.akamaized.net/imgdata/item/180119/0033734588/134253347/428.jpg
5907215 16 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/215/5907215/5907215_16_D_500.jpg
こちらも有名スポーツブランドでお馴染みのアディダスです。アディダスのナイロンジャケットは全体的にスポーティなデザインが多く、学生の部活動やオリンピック選手の防寒着としてもしばしば使われます。そんなスポーティデザインですが普段着としても申し分ないデザインが多く、軽く着られるジャケットとしてかなり評価しているユーザーは多いです。パンツにジーンズなどを合わせることで少し街歩きに即したルックスになるので、スポーティなナイロンジャケットを着ていても合わせ方次第ではおしゃれになります。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド③リーボック

326482544
引用: https://img.fril.jp/img/115432907/m/326482544.jpg?1513350356
20171020100519783 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/au6j6x/20171020100519783/20171020100519783_500.jpg
これも有名スポーツブランド、リーボックですね。リーボックのアイテムは全体的にシルエットがタイトだったり、コンパクトだったり、かなり細い印象が出るアイテムが多いです。それはナイロンジャケットも例外ではなく、大きめになりがちなシルエットを、リーボックのナイロンジャケットはうまく抑え、スタイリッシュに仕上げています。このタイト感は街歩きにもピッタリ、スキニーなどを合わせれば全体的にタイトにまとまったトレンドコーデをすることも可能です。カジュアルとして使うのであればリーボックは非常におすすめできるブランドです。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド④シュプリーム

212205220
引用: https://img.fril.jp/img/76840517/m/212205220.jpg?1491842554
2
引用: https://www.2ndstreet.jp/img/pc/goods/231865/01/58667/2.jpg
昨今怒涛の勢いでその知名度を伸ばしているシュプリームも、なんとナイロンジャケットを展開しています。シュプリームは別だんスポーツブランドというわけではないのですが、スポーツデザインのナイロンジャケットを多々展開しており、それだけには留まらず街歩き用のカジュアルなものも用意してあります。ナイロンジャケットに限った話ではないですが、シュプリームはトレンドを突くのが上手く、現在の流行に即したアイテムを展開してくるので、こだわりをもっている方はシュプリームは外せないブランドでしょう。また単純にシュプリーム好きは多いので、それだけでもかなりの人気があるブランドです。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめブランド⑤コロンビア

4841573 8 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/573/4841573/4841573_8_D_500.jpg
618c3sq xwl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/618C3sQ-xWL._SX342_.jpg
今までの4つのブランドの中でトップクラスにシンプルなアイテムが多い、アウトドアブランドのコロンビアです。コロンビアはアウトドアブランドだけに、こうしたアイテムにはとにかく機能性を重視させてきます。そのため他社の製品と比べて防寒機能がしっかりしていたり、ポケットの多さが秀でていたり、機能性を重視する方からしてみれば魅力がたくさん詰まったブランドです。またスポーツブランドのナイロンジャケットと比べると若干安価な点も評価できるので、コストパフォーマンスにも優れているのがコロンビアの魅力です。

関連記事

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ①スキニーと合わせてトレンドコーデ!

20151014074230012 500
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/fhgsqf/20151014074230012/20151014074230012_500.jpg
20180323212100941 276
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/93j8d5/20180323212100941/20180323212100941_276.jpg
ではここからコーディネート例を見ていきましょう。まずはトレンドコーデに必須アイテム、スキニーと合わせたコーディネートです。前述した通りナイロンジャケットは結構幅が大きく、シルエットが大きめになってしまうもの。そこにスキニーを合わせることによってコントラスト感を出し、トレンドに近いタイトなスタイルに仕上げる例です。またリーボックのようにタイトなナイロンジャケットを選択しても、全体がタイトにまとまるので、コントラスト感はなくともおしゃれにまとまります。街歩きにナイロンジャケットを選ぶなら、まずはここを入口としてコーディネートの幅を広げていってください。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ②ジーパンと合わせて90sコーデ!

6e31f3d2c50659037bc5e92e76ce7e24  italy web denim style
引用: https://i.pinimg.com/736x/6e/31/f3/6e31f3d2c50659037bc5e92e76ce7e24--italy-web-denim-style.jpg
17969 05 min
引用: http://www.evergreen-style.com/evermag/wp-content/uploads/2017/10/17969_05-min.jpg
次にジーパンと合わせるコーディネート例ですね。これもかなり有名なコーディネートで、前述した90sコーディネートを行う際にはジーパンはほぼ必須級のアイテムとなります。90年代のジーパン流行は相当でした。そこに少し古着感の強いナイロンジャケットを合わせるとさらに当時の色が強くなっておすすめです。流行に乗れていないなんてことはありません。何故なら今この90sコーディネートは破竹の勢いで流行してきているからです。ダメージジーンズなんかを合わせるとなお当時の分いお気が演出できるのでおすすめです。

【メンズのナイロンジャケットコーデ!おすすめブランドはどれ!?古着の着こなしも解説!】おすすめコーデ③汎用性MAX!?パーカーと合わせるコーデ!

Main 1.1
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/10/197fe12eab366b53f50eed9d3fc90719/main_1.1.jpg
Reb 2 011 m1
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/jiggysshop/sp23/reb-2-011-m1.jpg
ナイロンジャケット×パーカーの最強コーデです。このコーディネートの汎用性は凄まじく、スタイルがまとまっていることはさながら、女子ウケも狙えてしまうというかなり人気のコーディネートです。襟元にフードが付いているタイプのナイロンジャケットであれば収納してしまっても良いですし、あえて二重フードというのもおしゃれです。パンツにはあまり主張の強くないものを選び、全体的にシンプルにまとめてみましょう。これだけでもかなりトレンドに近いスタイルが作れるので、是非メンズなら誰もが試したいコーディネートです。

関連記事

まとめ:ナイロンジャケットでトレンドを先駆け!?メンズらしさが引き立つアイテムだ!

ナイロンジャケットのおすすめブランド、おすすめコーディネートの紹介ですたがいかがだったでしょうか。ナイロンジャケットはクセが強いアイテムというわけではないですが、どうしてもスポーティなデザインというところで街歩きには敬遠されがちです。しかし合わせるアイテム次第ではかなりおしゃれに魅せられることが分かったことかと思いますので、皆様も是非試してみてください。
61y3tmcltrl. sy445
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Y3TMCltRL._SY445_.jpg
15
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.01.25-2/15.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://monde.jp/blog/wp-content/uploads/2017/01/top-6.jpg