Kt0daj5xh5u7dpmyp9as

シャツ

CATEGORY | カテゴリー

ジャケットを着こなしてスーツの身だしなみの基本をおさえよう!

2018.03.30

「どのようにスーツを着こなし、どのような身だしなみに気をつければよいのだろう」と困った方はいませんか?おしゃれなスーツスタイルを望む初心者の方へ、基本となるジャケットの着こなし方と身だしなみをお伝えします。ぜひ自分にぴったりのジャケットを見つけてください。

目次

  1. おしゃれの基本 「スーツ」と「ジャケット」の違いとは
  2. 身だしなみの基本 スーツは主にシングルとダブルの2種類
  3. 身だしなみの基本 ジャケットのシルエットは3種類
  4. 身だしなみの基本 代表的なスーツの柄は3種類
  5. 身だしなみの基本 代表的なスーツの襟(ラベル)は3種類
  6. スーツ初心者におすすめのジャケットの色
  7. スーツ初心者におすすめ 良い生地の見分け方
  8. スーツ初心者におすすめ ジャケット着こなしの基本はジャストサイズ
  9. ジャケット着こなしの基本 ポケット編
  10. ジャケット着こなしの基本 ボタン編
  11. まとめ

主にビジネスシーンで活躍する「スーツ」とは、「上下同じ生地で仕立てられたもの」を差します。一方「ジャケット」とは、単純に上着そのものを差すのが一般的な解釈です。なので、スーツの上着も「ジャケット」、と呼ぶことは間違いではありません。ただ、一般的に「ジャケット」と呼ばれているものは「テーラードジャケット」のことを差す場合が多く、スーツの上着と比べると大きくわけて2つの違いがあります。

「スーツ」と「ジャケット」はサイズ感が違う

日本のファッションシーンにおいては、一般的に「スーツ」は肩パットが入っていて、シュッとタイトなシルエットが特徴的。「ジャケット」はラフでカジュアルで、全体的に柔らかなシルエットのものが多くあります。

「スーツ」と「ジャケット」は生地の質感が違う

「スーツ」に使われている生地は薄く、ツルッとしていて光沢があるものが多いです。一方「ジャケット」は分厚くナチュラルな質感の生地で作られているものが多く、どちらかというとスーツよりもおしゃれ感があります。

スーツの身だしなみレベルをアップさせるためにはまず、スーツの前合わせにはシングルとダブルの2種類があるということを理解する必要があります。実際にスーツを選ぶ時もこの2択から始まります。

シングル(シングルブレスト)

シングルブレストのスーツ〔single-breasted suit〕はボタンが一列に並んでいます。シンプルでノーマルで、馴染みのある種類ですね。スーツの基本、といって間違いありません。体格が細身の方や背の高い方におすすめです。フォーマルなスーツの代表であるタキシードもシングルブレストです。

ダブル(ダブルブレスト)

ダブルのスーツと聞けば、一昔前のおじさんをイメージされる方がおられるのではないでしょうか。最近のダブルスーツは野暮ったい雰囲気は薄れ、今風の細身なデザインのものが多くなってきています。重厚感があり、男性的な気品のある種類です。冠婚葬祭にはダブルのスーツがおすすめ。ハズすことはありません。

ジャケットのシルエットには大きく分けて「ブリティッシュスタイル」「イタリアンスタイル」「アメリカンスタイル」の3種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

1 / 4