W3fjo1peedpasgc8lwf4

自転車・バイク

CATEGORY | 自転車・バイク

カーボンクリンチャーがおすすめ!普段使いにも?メリットも。

2018.07.12

カーボンクリンチャーはロードバイクを楽しむユーザーには最適なアイテムです。レース用にも普段使いにも幅広く使えるカーボンクリンチャーの主なメリットとはいったい何か?本記事ではカーボンクリンチャーの長所や熱で破損するのか、おすすめのカーボンクリンチャーなどを比較しながらご紹介していきます。

目次

  1. 普段使いにも最適!おすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!
  2. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:クリンチャーって何?
  3. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:カーボンクリンチャーを使うメリットは?
  4. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:カーボンクリンチャーは熱に弱い?
  5. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:熱による破損を防ぐためのポイントは?
  6. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:カーボンクリーチャーはどんなユーザーに最適?
  7. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:おすすめのカーボンクリンチャーその① ICAN(アイカン)カーボンホイール クリンチャー 前後セット リム幅23mm リム深38mm
  8. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:おすすめのカーボンクリンチャーその② (REYNOLDS/レイノルズ) 75381 ASSAULT チューブレスホイールセット シマノ 2015モデル
  9. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:おすすめのカーボンクリンチャーその③ Campagnolo(カンパニョーロ)BORA ONE 50 クリンチャー 前後セット CA-135832
  10. メーカーごとに比較すると?熱で破損しやすい?メリットは?普段使いにも最適なおすすめのカーボンクリンチャーをご紹介!:まとめ
0030050000082
引用: http://www.fleet-bikes.com/shopimages/fleet/0030050000082.jpg

カーボンクリンチャーはロードバイクやクロスバイクを楽しむユーザーにおすすめのアイテムです。カーボン特有の多機能性と上質でエレガントなデザイン性で走行を非常に快適なものにしてくれます。カーボンクリンチャーを使うことによるメリットとはいったい何なのか?カーボンクリンチャーの弱点は何か?今回はカーボンクリンチャーの特徴と、おすすめのカーボンクリンチャーについて詳しくご紹介していきます。

P1130948 thumb 440x330 28261
引用: http://www.nalsimafrend.jp/jingu_blog/assets_c/2016/10/P1130948-thumb-440x330-28261.jpg
Dsc03005
引用: http://ysroad.co.jp/shinjuku-custom/wp-content/uploads/2017/07/dsc03005.jpg

クリンチャーとは、タイヤとチューブがそれぞれ独立した作りになっており、タイヤの中にあるチューブを膨らませてタイヤをリムの溝部分にぴったりと接続させることで機能する自転車タイヤの一種です。パーツがそれぞれが独立した作りになっているため、修理や交換などのメンテナンスが容易にできるという特徴を持ち、他の自転車タイヤに比べてグリップ力が高めです。

Ventous
引用: http://www.eastwood.co.jp/lineup/token/img/VENTOUS.jpg
Pd wheels altair carbon clincher 52 pair 1
引用: https://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/04/02/pd_wheels_altair_carbon_clincher_52_pair_1.jpg

素材にカーボンを使用したカーボンクリンチャーを使うことによる主なメリットは、耐久性に優れ、軽量で快適な走行の実現が可能になることです。アルミクリンチャーではカーボンクリンチャーと同程度の耐久性を獲得しようとすると、かなり重量が増えてしまいいます。軽量化を実現させた場合、アルミクリンチャーでは耐久性に不安な面がありますが、カーボンクリンチャーであればそのような心配もありません。カーボンクリンチャーは軽さ、耐久性、デザイン性、走行性能、全てにおいて能力の高いアイテムであると言えます。

926c2ae29fa013f7581238fc80db9c3c 4
引用: https://i2.wp.com/morimotty.com/wp-content/uploads/2017/12/926c2ae29fa013f7581238fc80db9c3c-4.jpg?w=606

alto(アルト)という自転車メーカーがカーボンクリンチャーに関する面白い実験を行い、その結果を動画で公開しています。実験内容はカーボンクリンチャーが摩擦熱で破損するまでブレーキをかけ続けると、どの程度の時間でカーボンクリンチャーが壊れるのか?というもの。altoを含めた9つのメーカーのカーボンクリンチャーで実験を行い、その結果をまとめています。この実験から、カーボンクリンチャーはブレーキによる摩擦熱の耐久性に弱いという弱点が浮き彫りになってきます。

1 / 3