2018年08月16日 UPDATE

ラブレターの例文集!彼女に告白するためのいろはを中学生~大人まで!

いくつになっても緊張する告白、ラブレターにも例文があれば便利だと思いませんか。そこで今回は中学生から大人の方向けへのラブレターの書き方や例文をいくつかご紹介します。例文を参考にしながらラブレターを男性から渡し、気になる彼女に思いを伝えよう!

目次

  1. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:はじめに
  2. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの長所
  3. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの短所
  4. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方①封筒は地味目なものを
  5. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方②一文は短く
  6. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方③全体の構成を長くしない
  7. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方④自身のこと中心に書かない
  8. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:【例文】学生編
  9. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:【例文】社会人編
  10. 男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:最後に

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:はじめに

Ts0529000 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TS0529000_TP_V.jpg
告白する方法として、最も男らしい告白といえば面と向かって直接告白する方法だと思います。しかし、もし断られてしまった際など急に気まずくなったり、緊張してしまって伝えたいことが言葉に出てこないなど、性格によっては難しいと考えていらっしゃる方もいると思います。
Max ezakidsc 0310 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Max_EzakiDSC_0310_TP_V.jpg
ですがメールやLINEなどで伝えるというのは、女性からしたら基本的にはNGのことが多く、いくた伝えにくいとはいえ避けたいところです。そこで、おすすめなのがラブレターを送ることなんです。直筆の文面からは十分に相手の気持ちを感じることが出来ますし、緊張してうまく伝えられないなんてこともありません。
Ikebukuro seibu120140921143908 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikebukuro-seibu120140921143908_TP_V.jpg
ラブレターをいざ書いたときにも、言い回しや字の雑さによって返って相手にマイナスな印象を持たれてしまうことがあります。相手の印象を悪くさせないラブレターの作り方の基礎から、例文までをいくつかご説明していきたいと思いますので、告白したいけど直接いいづらいという方は是非参考にしてみてください。

関連記事

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの長所

まずはラブレターの長所からご説明していきます。

長所①言いたいことがはっきりと書ける

Hirota518000 tp v4
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hirota518000_TP_V4.jpg
直接告白するケースでよくありがちなのが、緊張のあまり言いたいことがはっきりと言えないという場面です。もし断られたら、とか、もし嫌われたら、なんて思えば思うほど緊張と不安の悪循環にはまっていきます。ラブレターでしたら冷静に言葉を選びながら書くことも出来ますので、緊張や不安で言いたいことが言えないということはなくなります。

長所②自分らしさを伝えることができる

87f86550ab11aa4c395d589b9916ca72 s
引用: https://torentoren.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/87f86550ab11aa4c395d589b9916ca72_s.jpg
ラブレターを同封する封筒の色や形、またあなた自身で書した字など、ラブレターはあなたの印象をより具体的に伝えることできるチャンスです。ラブレターを同封する封筒や字を書く紙はあなたの好みで選んだものですので、当然それがあなたらしさを伝える材料になります。更に字は「心の鏡」とも言いますので、字が下手だと思っても丁寧に一生懸命書けば必ずその思いは伝わるはずです。

長所③相手にとっても考える時間に余裕がある

Hote86 yubinebijyo15104337 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTE86_yubinebijyo15104337_TP_V.jpg
告白のタイミングは告白される側にとって急な出来事なはずです。よって、相手の返答として、「すぐには結論を出すことが出来ない為、少し時間が欲しい」といってくれる女性もいれば、結論が出ていないのにも関わらず断ってしまう方もいます。相手にとって満足のいく結論を出してもらうためにも、考える時間を与えることで成功率があがることもあるということを覚えておきましょう。

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの短所

では次にラブレターの短所をご説明します。

短所①自身の字が下手と感じている

20150816 handwriting
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2015/08/20150816_handwriting.jpg
長所の部分でも一生懸命丁寧に字を書くことで字が下手であっても気持ちは伝わると記載させて頂きましたが、それでもやはり自身の字が下手であると感じている方は、字のせいで相手に悪い印象を与えてしまわないかと想像しがちです。
Saya072160011 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA072160011_TP_V.jpg
実際は男性から女性に送るラブレターの字については思っているよりハードルは低いとおもっていいでしょう。自分が下手な字と思っていても女性からしたら男っぽくて意外と好印象におもってもらえるケースがあります。よって、そこは気にせず勇気を出して一生懸命書くことに集中しましょう。

短所②答えが返ってこないリスクがある

9177e1832b93eab273c15c7adc805f82 s
引用: https://i1.wp.com/kai-legal.com/wp-content/uploads/2017/01/9177e1832b93eab273c15c7adc805f82_s.jpg?ssl=1
直接告白すれば、基本的にはその場で答えが出ます。しかし、ラブレターの場合はすぐに答えをもらえない分返答を待つ時間が長く、最悪そのまま返答が返ってこないまま音沙汰が無くなってしまうなんてケースもあります。そんなケースを避けたい場合は、いつまでに返答が欲しいという一文を記載することでどちらの結果にしても返答がもらえる確立は上がるはずです。

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方①封筒は地味目なものを

51au7 rmpul
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AU7-rmpUL.jpg
封筒は基本的に地味目なものを選らんであげましょう。絵柄がごちゃごちゃしたものやきらきらしたものだと、ラブレターの真剣さを邪魔してしまうケースがありますし、封筒の種類も男らしい方が女性からの好感度は上がります。もし、相手の好みを直接聞いていた場合は封筒をその好みに合わせることで、相手はあなたが自身のために好みの色を選んでくれたことに優しさや気遣いの良さを感じてくれることでしょう。
6162ugvrmcl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6162ugVrmCL._SL1000_.jpg

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方②一文は短く

0805
引用: http://www.yuima-ru10.com/wp-content/uploads/2015/08/0805.jpg
文章となると自然と長く書いてしまう方も少なくありません。同時に文章を読むことがあまり得意ではない方もいます。そこで、一文は短くまとめ、読みやすいように心がけましょう。あなたが目の前でゆっくり語るイメージをすると自然と一文を短くまとめられるかもしれません。

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方③全体の構成を長くしない

Kusaiyoimgl6838 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kusaiyoIMGL6838_TP_V.jpg
一文を短くまとめたとしても、全体の構成が長くなってしまうと本当に伝えたい内容がどんどん薄まってきてしまいます。結果、全体の構成が長くなってしまうようであれば、一度下書きをして、その中から今本当に伝えたいことを中心にピックアップすることで不要な箇所も見えてくるかもしれません。
Chitoseimgl1837 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/chitoseIMGL1837_TP_V.jpg

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:ラブレターの書き方④自身のこと中心に書かない

Al1022nekutaisimeru20140830130211 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL1022nekutaisimeru20140830130211_TP_V.jpg
「あなたことが大好きです。もし付き合うことが出来たら僕は。。。」など自身のことを中心に書いてしまうと、相手は「自分のことしか考えていない」と感じさせてしまうケースもあります。よって、自身のことは極力書かず相手の好きな理由や日ごろの感謝の気持ちを中心に書いていくといいでしょう。そうすればあなたに対する好感度は間違いなく高まりますし、自分のことしか考えてない、と思われるリスクを減らすことが出来ます。

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:【例文】学生編

Tsj93 kokuhakujk20150208100556 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSJ93_kokuhakujk20150208100556_TP_V.jpg
中学生や高校生であれば、学校のイベント、通学時、部活など共通の話題に触れましょう。相手もあなたに親近感を感じながらそのラブレターを読むことができるはずです。
Kawamura1029imgl4414 tp v4
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kawamura1029IMGL4414_TP_V4.jpg

例文

いきなり手紙なんて送ってごめん。びっくりしたよね。
△△(相手)とは□□部の練習で毎日のように会ってるね。
△△と話したり、練習してると常に明るい笑顔でいてくれるから、その度に元気をもらっているんだ。正直本当に助かってる。
今ではふとしたときにはいつも△△のことが頭に浮かんできてて。もし出来ることならいつも一緒にいたいって思う気持ちが日に日に強くなってる。
俺と付き合って欲しい。断られたからって今までの関係が気まずくなるようなことは俺がしないからそこは安心して欲しい。△△の素直な気持ちを聞かせてくれるだけでいいから。
返事待ってます。

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:【例文】社会人編

Kazuhiro006 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZUHIRO006_TP_V.jpg
社会人ということもあり、ある程度の礼儀と心遣いが出来る一文を書けるといいでしょう。勿論今までの関係性によって、既にフランクな会話をしていれば丁寧語などは返ってよそよそしく感じてしまうので、無理やり丁寧語を使う必要はありません。
Al005 shinkokunahyoujyounobiz20140830 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL005_shinkokunahyoujyounobiz20140830_TP_V.jpg

例文

おつかれ!
急に手紙なんて送ってしまってごめんね。
いつも事務所に帰ってくると△△(相手)はいつも笑顔で迎えてくれるよね。その笑顔にどれだけ助かってるか。本当だよ。
そんな△△の笑顔と心配りをずっとそばでみていたいって思い始めたんだ。だから今回手紙を書いたんだ。
もし良かったら俺と付き合ってくれないかな?年上だからって気を使わないでいいからね。△△の素直な答えが聞ければ嬉しい。
お返事待っています。
寒くなってきたから風邪にはくれぐれも気をつけてね。

関連記事

男から彼女に告白するラブレターの例文は?中学生から大人:最後に

Tc9v9a4282 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TC9V9A4282_TP_V.jpg
いかがでしたでしょうか。直接告白することが苦手な男子諸君、ラブレターはいつもあなたの見方です♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPW_notenikakikomu_TP_V.jpg