2018年07月09日 UPDATE

ニットの下にはタンクトップが必須?メンズコーデ・重ね着術を紹介!

タンクトップというアイテムにどのような印象をお持ちですか?おそらく使いづらい、という印象があると思われますが、今回はハイネックニットやインナーと合わせたコーディネート術について調べていきます。メンズコーデ・重ね着をチェック!

目次

  1. はじめに:ニットの下にはタンクトップ!?その着こなし術とは?
  2. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】タンクトップの種類について
  3. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類①サマーニット
  4. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類②ハイゲージニット
  5. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類③ローゲージ
  6. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット①肌触り
  7. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット②体感温度
  8. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット③ニットの短い丈感を補える
  9. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップコーデ例
  10. 【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】番外編:ハイネックニットとの相性は?
  11. まとめ:今年はニット×タンクトップがアツイ!?夏場の最強コーデとなるか!?

はじめに:ニットの下にはタンクトップ!?その着こなし術とは?

3104 52 2
引用: https://shopping.c.yimg.jp/lib/spruce-vasin/3104-52-2.jpg/
20150518030350972 500
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/07/20150518030350972_500.jpg

タンクトップは夏におすすめのアイテムで、非常に清涼感のある服になっています。しかしあまり女子ウケの高いアイテムでないことは最近の調査で分かっていることで、少々使いにくいアイテムになっているのも事実。そこでおすすめするのはタンクトップの重ね着コーディネートです。そこで登場するのがなんとニット、ニットはタンクトップと相性が良いとされています。今回はその組み合わせにおいていったいどのような相性の良さがあるのか、どんな点がおしゃれなのか、いくつか見ていきましょう。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】タンクトップの種類について

20160601004826
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/07/20160601004826.jpg
415to5do0bl
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/07/415to5do0bL.jpg

まずタンクトップに種類があることを抑えておきましょう。まず1枚目の画像がラウンド型、今主流の形はこちらです。見れば分かりますが真ん中が長く、さらに着たときのシルエットが良いですね。さらに緩やかにカーブを描いた裾がおしゃれで、かなりタイトなシルエットを演出できます。2枚目の画像がストレート型、昔からある形ですね。裾がカーブを描いておらず真っ直ぐなので一般的なタンクトップの形です。どちらも今回紹介する重ね着コーディネートに使うことができ、カラーリングも豊富なのでニットの色と相性を考えて着ると良いでしょう。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類①サマーニット

20160614190313473 500
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/07/20160614190313473_500.jpg
Ab53a93cfda7b07f215ada02848e1a82
引用: https://i.pinimg.com/originals/ab/53/a9/ab53a93cfda7b07f215ada02848e1a82.jpg

次にニットの種類です。今回推していきたいのはサマーニットですね。このサマーニットは薄手のニット生地を用いたものになっているので、名前の通り夏に着ることができるニットです。ニット生地ではありますが風通しの良いものになっているので暑く感じることはあまりなく、中にタンクトップを合わせることでさらに清涼感を感じることができます。夏に着るニットとあって色味はわりと明るい色、もしくは白が多いですね。スキニーなどを合わせてあげると、夏にもかかわらずおしゃれなきれいめコーデが完成します。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類②ハイゲージニット

Tasclapimage 1034 11 1
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1034/tasclapimage_1034_11_1.jpg?d=20151203135756
To911 11666 01c
引用: http://voi.0101.co.jp/voi/webcatalog/img/to911/116/to911-11666-01c.jpg

次にハイゲージニットです。編み込みが密になっていて風通しが少なく、秋ごろや春先に活躍するニットです。触り心地に関してですが、カーディガンを想像するとわかりやすいかもしれません。あの少しふわふわで柔らかい手触りのものがハイゲージとされ、見た目も温かくて良い感じになります。タンクトップと合わせるととても良し、その理由は後述させていただきますが、タンクトップに限らず中にインナーを着用して着ることが一般的です。色味は落ち着いたものが多く、ベージュやグレーなどの汎用的な色が多いです。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニットの種類③ローゲージ

Y6379 2
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/rockymonroe/y2/y6379-2.jpg
5943818b 18 d 500
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2014/12/5943818B_18_D_500.jpg

思い切り冬用に振りきったニットです。ローゲージとは呼んで字の如く、そしてハイゲージの名前からも推察されますが、編み込みがあまり密になっていないニットです。それでは風通しが弱くなってしまうかと思いきや、太い糸を使って編み込むことが多いので、実はハイゲージよりも温かいです。上記の画像のように模様が入っているような編み込みをされていることも多く。これもローゲージの特徴であり、魅力の一つですね。タンクトップを合わせる季節ではありませんが、これも一応合わせることは可能です。

関連記事

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット①肌触り

Longtanktop mensfashion
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/07/longtanktop_mensfashion.jpg
18011 11nz 01
引用: https://z241.secure.ne.jp/~z241087/r_img/18011-11nz-01.jpg

ではここからニット×タンクトップのメリットについて解説していきましょう。まずは肌触りですね。タンクトップの肌触りはご存知の通り、あっさりした触り心地で、インナーで着ていると着心地はかなり良いものです。しかし一方で、ニットは毛糸を使用していたり、少し粗目の糸を使用していることが多いので、肌に触れるとチクチクして深いなことがあります。ニットのチクチクした触り心地をタンクトップで軽減し、軽減どころか肌に触れているのは基本的にタンクトップになるので、着心地はマックスです。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット②体感温度

Pm 3828
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/luxstyle/crooz/pm-3828.jpg
S tops 30 k
引用: http://topism.jp/img/item/s-tops/s-tops-30-k.jpg

次なるメリットは体感温度です。ニットを着る時はタンクトップに限らずインナーを着ることがほとんどです。それは前述した通り肌触りの関係があり、あまり素肌の上に着るものではありません。しかしニットの下のインナーをTシャツや、今流行りのチェックシャツを合わせるなどするとどうしても体感温度が上がります。また蒸れやすくもなってしまうので気温が低すぎる日でない限りは暑く感じてしまいます。そこでタンクトップを合わせると、寒すぎる日でない限りは、体感温度がほとんど変わらず、また蒸れにくいので、不快感を覚えることなく着ることができます。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップのメリット③ニットの短い丈感を補える

20170828123624226 276
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/rw15v1/20170828123624226/20170828123624226_276.jpg
S tops 21 1
引用: http://menscasual.jp/img/item/s-tops/s-tops-21-1.jpg

タンクトップを合わせるときに、タンクトップの裾はあえて出すようにします。このようなシャツ出し行為というのはひと昔前はみっともないものだとされており、あまりする方はいませんでした。しかし昨今はこの裾を出すことによって生まれる効果があるのです。それがニットの丈感を補える、という点ですね。ニットに限らず、タンクトップの上に合わせる服は、基本的にタンクトップよりも裾が短いことが多いです。しかしその裾の短さを、タンクトップをチラ見せすることによって長く見せ、何よりとてもおしゃれになります。

関連記事

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】ニット×タンクトップコーデ例

81glaamkkbl. ux342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81gLAAMkkbL._UX342_.jpg
S2173 m 01 dl
引用: https://mensfashion.cc/fs2cabinet/S21/S2173/S2173-m-01-dl.jpg

さて、では実際にニット×タンクトップのコーディネートを見てみましょう。ニットが少し透けていて、タンクトップのシルエットが浮かび上がっていますね。これが最大のおしゃれポイントです。タンクトップは前線に出してしまうと少し主張が強すぎる、さらに腋毛なども見えてしまうことから少し好かれないこyとがあります。しかしそのシルエット自体は非常におしゃれでかっこいいので、薄手のニットを透かしてタンクトップを見せるこの着方は若干の色気も感じさせるおすすめのコーディネートです。透けなかったとしても、前述したように裾の長さの方でおしゃれ感も高まりますし、襟元から見えるタンクトップもまたおしゃれです。

【メンズ/ニットのインナーにタンクトップの重ね着コーデ術!ハイネックも合う?意外なファッション性に驚き!】番外編:ハイネックニットとの相性は?

Pm 3177 chc
引用: https://image.rakuten.co.jp/lux-style/cabinet/product/26/pm-3177_chc.jpg

ニットは襟元が閉まっているハイネックニットもありますよね。これとタンクトップの相性ですが、あまりおすすめはしません。ハイネックは先程の生地でいうとローゲージや、もしくは少し密度の濃いミドルゲージが主流になります。ハイネックを着る時期は寒い時期になるので、タンクトップと合わせると少し肌寒いかもしれません。

まとめ:今年はニット×タンクトップがアツイ!?夏場の最強コーデとなるか!?

ニット×タンクトップのコーディネート紹介でしたがいかがだったでしょうか。今年のトレンドはサマーニットが上がってきており、なかなか着る機会も増えるかもしれません。そこにタンクトップを合わせるコーディネートはまさにトレンドを体現したようなスタイルになること間違いなし。是非試してみて、そのおしゃれ感を楽しんでみてください。

18382 01
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/minority/183/18382_01.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/07/20150518030350972_500.jpg