Aez6spcqu5fx8nanv5yt

趣味

CATEGORY | 趣味

ボルダリング初心者必見!初めての時の持ち物や上達のコツって?

2018.07.18

近年流行のアクティビティと言えばボルダリング。そんなボルダリングですが、初心者の方はどうやって行っていいかわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、初心者や子供に向けた基礎知識を大特集!初めての時の持ち物やムーブ上達のコツなどをお送りします。

目次

  1. ボルダリング初心者に向けた基礎知識を大特集!
  2. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:①ボルダリングってそもそも何?
  3. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:②ボルダリングの持ち物は?
  4. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:③ボルダリング基本姿勢
  5. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:④基本ムーブをマスターしよう
  6. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:⑤上達して来たら上級ムーブに挑戦
  7. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:⑥ムーブ上達のコツは?
  8. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:⑦子供向けの技術は?
  9. 【初めての時の持ち物・ムーブ上達のコツ・子供向けの技術も】ボルダリング初心者必見の基礎知識:⑧ボルダリング上達へのトレーニング
  10. ボルダリング初心者必見!初めての時の持ち物や上達のコツって?:まとめ
Hakibbrsyys4apjnctp2
引用: https://www.instagram.com/p/Bk-gbg0D-Ma/?hl=ja&tagged=%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

フリークライミングを手軽に室内で楽しめるボルダリング。体一つあれば専用の施設ですぐにでも行えることから近年人気が高まっているアクティビティです。しかし、いざボルダリングに取り組もうと思ってもそもそもどんなスポーツかわからない、なんて方も多いはず。そこで以下ではそんなボルダリング初心者の方に向けたボルダリング基礎知識をご紹介いたします!これさえ見ればすぐにでもボルダリングがはじめられますよ。

関連記事

気軽に楽しめるフリークライミング競技

Gfs7louse24x9hgnilqu
引用: https://www.instagram.com/p/Bk-b0WIBq_0/?hl=ja&tagged=%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

ボルダリングは5mほどの壁を登ったり下りたりするフリークライミングを手軽に楽しめるスポーツです。難易度の違う課題と呼ばれるものをクリアするのを目的としており、ロープなど特別な器具を使わないのが特徴となります。高さがそれほどなく、室内で行うことも多いため気軽にできるスポーツとして親しまれており、子供から大人まで誰でも行うことができるのが魅力です。

マットが敷き詰めてあるため怪我の心配も少ない

G5fpc24uocd73dmdf0gu
引用: https://www.instagram.com/p/Bk-de59jWf8/?hl=ja&tagged=%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

ボルダリングの専用施設では、床にマットが敷き詰めてあるため万が一落下しても怪我の心配が少ないのも特徴。本格的なフリークライミングではどうしても事故が付きまといますが、このボルダリングはそんな事故がなるべくおこらないようなシステムとなっています。

これだけは必須なクライミングシューズ

Nemyrj0k9wterk5zxcs5
引用: https://www.instagram.com/p/BkuhmSdghOw/?hl=ja&tagged=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA

ボルダリングは比較的荷物が少なくてできるスポーツですが、このクライミングシューズだけは必須なアイテムです。クライミングシューズは普通の靴と違って特殊な摩擦が得られるように作られており、まるで壁に吸い付くようなフィット感を得ることができます。普通のスニーカーで登るとつるつると滑ってしまう恐れがあるので、このクライミングシューズだけは必ず用意しておきましょう。

1 / 4