Eiko62xl58yi8b4uwh0l

バイク

CATEGORY | バイク

バイクSS(スーバースポーツ)おすすめ[250cc~400cc]初心者向けのSSは?

2018.07.13

兎に角カッコイイバイクに乗りたい!という方が増えています。それならSS(スーバースポーツ)タイプがおすすめ。フルカウルでカッコ良さは抜群です。比較のため中型125cc~大型400cc~SS(スーバースポーツ)以外の種類のバイクのおすすめも合わせてご紹介します。

目次

  1. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ  Intro
  2. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ①選ぶポイントは?
  3. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ②排気量の違い
  4. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ③種類で比較
  5. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ④SS(スーバースポーツ)の特徴
  6. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ⑤大型のおすすめ
  7. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ⑥中型400ccのおすすめ
  8. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ⑦中型250ccのおすすめ
  9. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ ⑧中型125ccのおすすめ
  10. 初心者におすすめ!バイクSS(スーバースポーツ)まとめ Outro

今、20代を中心にSS(スーバースポーツ)に乗る方が増えてきています。理由は何といってもそのスタイルの良さ。バイクの性能も年々上がっていても新車で劇的なイノベーションがある訳ではなく、性能云々よりも見た目重視となるのは当然の流れと言えます。

また、インスタグラムなどの映えも影響しているのでしょうか。素敵な景色を撮った時に映り込んだバイクもカッコ良くありたいですね。そんな訳で、見た目重視はもちろん性能でも折り紙付きの、初心者にも自信をもっておすすめできるバイクのご紹介です。

さて、見た目重視という話をしましたが、バイクを選ぶうえでの基準って何かあるのでしょうか。

Accbanner1
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/ninja250/accbanner1.jpg

もちろん見た目も十分立派な基準です。カッコイイバイクに乗ると気持ちも上がります。楽しく乗れないとバイクの扱いもぞんざいになりますから、バイクにも可愛そうです。

その他、経済的な面で言えば購入価格や維持費の問題があります。大型になるほど購入価格は高くなりますしその後の維持費(ガソリン代なども含めて)も高くつきます。現実的な問題で乗れなくなってしまう残念な結果になってしまいます。

7017866c14b3d5a61a30e459ea196e93 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/7017866c14b3d5a61a30e459ea196e93_t.jpeg

125ccから中型バイクになります。400ccを超えると大型バイクになります。中型も大型も高速道路を走行できます。
ただし、中型の125cc~250ccには車検がいりません。また、中型バイクであれば400ccでも普通二輪免許で運転できます。

なので、少し馬力のあるバイクに乗りたい初心者の方には、250ccクラスの中型をおすすめします。先ほども書いたように高速道路も普通に走れますし、車検が不要で維持費が比較的低コストとなるからです。また、250ccクラスの中型には各メーカーから非常にバリエーション豊富なバイクが発売されていて自分の好みのものを選びやすいのもおすすめ理由です。

バイクの種類について代表的なものをご紹介しましょう。この後SS(スーバースポーツ)について詳細に見ていく際に比較対象として頂くと良いかと思います。

ネイキッド

エンジンがカウルで覆われておらず、剥き出しの状態のものをネイキッドバイクといいます。シンプルなデザインが人気です。

1 / 4