Khbavtmvbit635wxlvpu

スーツ

CATEGORY | スーツ

喪服のマナーを解説【男性】時計は着けてもいい?親族の服装は?

2018.07.08

喪服のマナーは、大人になればひととおりは身に着けておきたいですよね。男性と女性で若干は違ってくるものの、男性の場合は黒のスーツと革靴で出席するのが基本です。親族へかける言葉や、腕時計の有無など、喪服を着るときのマナーについてひととおりご紹介します!

目次

  1. スーツや靴、時計など。喪服を着る場面で身に着けておきたいマナーとは?
  2. 通夜や葬儀、火葬式など。身に着けておきたい喪服のマナー。
  3. 男性なら黒いスーツを着る。喪服とは?
  4. マナーとして男性が知っておきたい葬儀で着る喪服スーツの種類その1:略礼装
  5. マナーとして男性が知っておきたい葬儀で着る喪服スーツの種類その2:準礼装
  6. マナーとして男性が知っておきたい葬儀で着る喪服スーツの種類その3:正式礼装
  7. 男性の靴や時計、スーツの着方など。親族に失礼にならない喪服のマナーを知っておこう。
  8. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その1:ネクタイ
  9. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その2:Yシャツ
  10. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その3:時計
  11. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その4:靴
  12. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その5:ハンカチ
  13. 親族に失礼にならない男性の喪服のマナーにおける小物(スーツ・靴・時計)の選び方その6:数珠
  14. 喪服のマナーを習得して、葬儀・告別式などで失礼のない立ち振る舞いを実現しよう。
711c9lxjcpl. ux385
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711C9lxJCpL._UX385_.jpg

社会生活において、必要になるマナーのひとつとして、喪服におけるマナーが存在する。どこかしらのタイミングで喪服を着ることになるのであれば、大人として前もってマナーを知っておくことで後々困らない。喪服はもちろんのこと、それに必要なアイテムもそろえたうえで準備をしておけば、もしもの時に困ることはいだろう。

Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20151116%2f73%2f7569483%2f23%2f322x500x10f4ca0af7a54383b52a1dea
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151116%2F73%2F7569483%2F23%2F322x500x10f4ca0af7a54383b52a1dea.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

デリケートな場面で必要な喪服のマナー。はたして、時計やスーツ、靴など、身に着けるアイテムとしては、どういったものが適切なのだろうか。また、喪服を着る場面で、親族の方などに声掛けをするときは、どのように挨拶をすればいいのだろうか。喪服と、シチュエーションにおけるマナーなどをご紹介しよう。

61wog%2bcpgil. ux385
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61woG%2BCpGIL._UX385_.jpg

関連記事

51hkkdge3dl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HkKdGE3dL.jpg

お通夜や葬儀、家族葬など、さまざまな葬儀が行われる昨今。それに伴って、礼服の常識も少し変わってきている。しかしながら、失礼のない喪服のマナーをしっかり身に着けることによって、相手の親族にも礼儀を示すことができる。喪服の定義とは、いったいどんなものになるのだろうか?

61%2bnu6mvral. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2Bnu6MVraL._SL1500_.jpg
71kvyu5n yl. uy606
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KvYU5n-YL._UY606_.jpg
本来喪服とは、ご遺族が「喪に服している」ということを意味するものです。 正式(モーニング・和装など)と略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があります。 参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で、略式の礼服を着用します。 仮に正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上にならないようにするため、略式の喪服を着用しましょう。また、喪章はご遺族(関係者)であることを示すしるしなので、喪章を腕に巻くことで喪服代わりになるという考えは誤りです。

Ad5602 04
引用: https://www.monoir.jp/upload/save_image/AD5602/AD5602_04.jpg

いろいろな場面で、いろいろな決まりごとのある喪服。それぞれの場では、着る服の許容範囲なども変わてくる。そして、喪服には格も存在するので、立場によって着る喪服も変わってくる。まずは、男性が着る喪服のマナーとして、どんな喪服があるのかをチェックしてみよう。

61a1%2bfiulvl. uy550
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61a1%2BfiulvL._UY550_.jpg
Img22897 007
引用: https://billion-log.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/img22897_007.jpg

男性の着る喪服の中では、最も格式が低い略礼装。男性における略礼服は、地味は平常時の服装のことを指す。通夜前の訪問や、3回忌以降に着る。平常時の服なのだが、略礼装の場合は色使いが派手ではない、目立たない服装が良いとされている。ネクタイやシャツは黒かダークグレーなど、控えめな印象を与えるものを選ぼう。

61rvecw4bfl. uy679
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rvecW4BfL._UY679_.jpg

準礼装は、一般的によく着られている黒のスーツのことを指す。お通夜はもちろんのこと、葬儀や火葬など、様々な場面で使用することができる喪服。白いシャツに黒のネクタイ、黒のスーツと革靴が一般的だろう。しかしながら、喪服とビジネスで使用する黒のスーツは別のものとなり、マナー違反となるので、ビジネススーツを避けよう。

1 / 3