2018年07月09日 UPDATE

ヘッドホンおすすめメーカーと選び方!安くて重低音に定評があるのは?

音楽をこよなく愛する方へ、どんなアイテムで音楽を楽しんでいますか?スピーカーやイヤホンも良いですが、やはり耳に突き刺さるリアルを体感するのであればヘッドホンがおすすめです。今回はおすすめの重低音ヘッドホンメーカーについて選び方をBluetoothを含めて紹介し、その機能などについても紹介していきます。

目次

  1. はじめに:ヘッドホンで臨場感MAX!音楽を極限まで楽しもう!
  2. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】audio-technica_プロフェッショナルモニターヘッドホン_ATH-M50x
  3. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】ゼンハイザー_オープン型ヘッドホン_HD599
  4. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】SONY_ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン_MDR-ZX770BN
  5. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】beyerdynamic_オープン型オーバーヘッドヘッドホン_DT990PRO
  6. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】Bose_ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン_QuietComfort35
  7. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】ONKYO_ヘッドホン_H500BT
  8. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】Skullcandy_密閉型ヘッドホン_CRUSHER-BLACK-MIC1
  9. 【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】SONY_密閉型ヘッドホン_MDR-1A/B
  10. まとめ:高音質且つ大迫力!おすすめヘッドホンで最高の音楽を楽しもう!

はじめに:ヘッドホンで臨場感MAX!音楽を極限まで楽しもう!

5b2e00edb1b18
引用: https://i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/5b2e00edb1b18.jpg?fit=750%2C500&ssl=1
150806 09031 01
引用: https://getnavi.jp/wps/wp-content/uploads/2015/08/150806_09031_01.jpg

音楽を楽しむ媒体はたくさんあり、イヤホン、スピーカー、ヘッドホンとさまざまです。今回紹介するのはヘッドホンですが、ヘッドホンについて皆様はどのような印象をお持ちですか?結構多い意見として、ヘッドホンは重たいからイヤホンの方が良い、だったり、髪型が崩れるからイヤホンの方が良い、だったり、否定的な意見も多いです。しかしヘッドホンはそのビジュアルどおり耳を完全に覆って、閉塞状況にしたうえで臨場感のある音楽を提供してくれるので、まさにその場でライブ会場にいるかのような感覚を味わうこともできます。今回はそんな魅力たっぷりのヘッドホンについて紹介していきます。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】audio-technica_プロフェッショナルモニターヘッドホン_ATH-M50x

91zhn2qqxal. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91zhn2qqXaL._SL1500_.jpg
A1xdpqhuvbl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1xDPQHuVbL._SL1500_.jpg

重厚感溢れるデザイン、それでいてスタイリッシュなデザインのオーディオテクニカのヘッドホンです。米Amazonのベストセラーに認定されたモデルで、その性能は折り紙付きです。下位モデルのM40xと比べると高音質で側圧も強めなので、臨場感はさらにアップしています。とにかく音圧が高く、耳に突き刺さるような重低音や広域が特長的、長時間聴いていると疲れてくるかもしれませんが、とにかく臨場感を重視する方にはこれ以上のものなど存在しないと言わんばかりの性能です。値段は20000円弱です。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】ゼンハイザー_オープン型ヘッドホン_HD599

61rc ymhtzl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rC-yMhtZL._SL1000_.jpg
71cokgzvyml. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CokGZvymL._SL1000_.jpg

知る人ぞ知る音楽機器のメーカー、ゼンハイザーのヘッドホンです。オープン型となっていますが、これはハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるという意味になっています。またこの手のオープン型は軽量モデルが多く、このHD599も例に漏れず軽量感溢れるモデルになっています。抜けの良い音に加えて高音に強い、それでいて高音ばかりに重きがおかれるのではなく、しっかりと重低音も抑えている万能型。着け心地も抜群で、眼鏡をかけている方も長時間の着用が可能です。値段は23000円程度。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】SONY_ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン_MDR-ZX770BN

61zmt5wfxkl. sl1150
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZMT5wfXkL._SL1150_.jpg
61faknh9wcl. sl1150
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61faknH9wCL._SL1150_.jpg

メーカーとしてのネームバリュー最強格はやっぱりソニー、そのネームバリューを欲しいままに、非常に構成ぬなヘッドホンを展開しています。このヘッドホンにはノイズキャンセリング機能が備わっており、雑音を完全にシャットアウトしたうえで、音楽だけを丁寧に耳に届けてくれます。外出時に使うことが多い方におすすめの機能で、周りのうるささを気にせず楽しめます。またワイヤレス式になっているため、当然ながらBluetooth対応、対応機器であればどんな媒体でも音楽を送ることができます。値段はなんとこの性能で12000円台、非常にコストパフォーマンスが良いヘッドホンです。

関連記事

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】beyerdynamic_オープン型オーバーヘッドヘッドホン_DT990PRO

71ge4h1mdbl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ge4H1mdBL._SL1500_.jpg
61pncxd0qul. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61PnCXd0QuL._SL1500_.jpg

あまり耳にすることのないメーカーかもしれないですが、実はかなりの老舗ブランド。beyerdynamicもかなりの高性能ヘッドホンを展開していることで一部のユーザーからは大変高い評価を得ています。低音と高音が強調された音が特長的、中音域も安定的に聞こえるため、全体を通してインパクトのあるサウンドを楽しめます。その高性能さ故に、撮影現場などでも頻繁に使われており、プロ好みのヘッドホンというかなり聞こえの良い二つ名が付いていますね。値段は性能のわりにかなり安めで、20000円程度で購入できます。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】Bose_ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン_QuietComfort35

81djbg63rel. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DjBG63rEL._SL1500_.jpg
41c6d6qbb l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41c6D6QBB-L.jpg

近年頭角を現しているBOSEもやはりヘッドホンを展開しています。BOSE製品は非常にデザインが秀逸で、スタイリッシュ且つ機能性溢れるものが揃っています。このヘッドホンは機能性がとにかく高く、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能が搭載、さらにそれを3段階で調整できるアクションボタンも付いています。最適化されたイコライザーも備えているのでどの音域の音もインパクト大で聴くことができ、それがワイヤレスで聴けてしまうので至高の一品と言っても過言ではありません。値段は40000円弱ですが、最高水準とも言える性能なので、むしろ安い方です。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】ONKYO_ヘッドホン_H500BT

81ueexnih0l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81UeExNIh0L._SL1500_.jpg
91aiuxrq1hl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91AiuXrq1hL._SL1500_.jpg

オンキョーの比較的新しいモデルのヘッドホン。それなのにかなりの低価格になっており、それでいて性能もバッチリです。有名ブランド且つこの価格帯では珍しいのですが、なんとハイレゾ音源に対応しています。ハイレゾ音源とは近年インターネットでダウンロードが可能になった音源で、高精細且つ高解像度の音になっている音源です。ハイレゾ対応のヘッドホンで聞くことによってその真価を発揮しますが、緻密に構築された一つ一つの音が丁寧ながらも大胆に耳に入ってきます。安いながら臨場感を楽しめるオンキョーのヘッドホン、値段は13000円程度です。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】Skullcandy_密閉型ヘッドホン_CRUSHER-BLACK-MIC1

71f3cp%2bygrl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71f3CP%2BYGrL._SL1500_.jpg
61yygaqxlql. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61YYgAQxlqL._SL1500_.jpg

重低音を重視する方へ、お待たせいたしました。超重低音且つ繊細な音が楽しめるスカルキャンディーというメーカーのヘッドホンです。このクラッシャーというシリーズは”まるで大口径のスピーカーで音を浴びているような圧倒的な重低音”がウリで、とにかく響く低音が魅力的です。その秘密は最近注目されている機能、【ウーファー】です。音域における低音域が重視される機能で、まるで獣が唸っているかのような戦慄の音が楽しめます。値段はなんと8000円弱、非常にコストパフォーマンスの良いヘッドホンですね。

【おすすめヘッドホンをメーカーも交えて紹介!選び方は安いモデル?重低音重視?Bluetooth搭載?】SONY_密閉型ヘッドホン_MDR-1A/B

71f ae2fuil. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71f-AE2fuIL._SL1500_.jpg
613d4trxdfl. sl1200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/613d4TrXDfL._SL1200_.jpg

ハイレゾ対応ヘッドホンとしてはかなりの高性能を有しているヘッドホンで、本家の核の違いを見せつけるかのような音が楽しめます。本家、というのは、ハイレゾを牽引しているのがソニーだからですね。クリアな高音且つ低音の響きも良く、生音のような音を提供してくれます。音質に関しても業界最高水準と言われており、流石のソニーといったような、感嘆の声が思わず漏れてしまうようなモデルになっています。値段は20000円弱、こちらも性能のわりに比較的安いモデルです。

関連記事

まとめ:高音質且つ大迫力!おすすめヘッドホンで最高の音楽を楽しもう!

おすすめのヘッドホンについて紹介させていただきました。今回紹介したモデルはかなり手の届きやすいモデルに絞って紹介したため、これ以上の上位モデルhたくさんあります。突き詰めればとにかく奥が深いので、ヘッドホンをコレクションする方なんかもいるくらいです。是非とも最高音質で音楽を楽しむために、皆様にもヘッドホンをおすすめしますよ。

61gvtgfa%2bil. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61gVtGfa%2BIL._SY355_.jpg
101013 at top01
引用: https://media.digimonostation.jp/wp-content/uploads/2016/10/101013_AT_top01.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/5b2e00edb1b18.jpg?fit=750%2C500&ssl=1