2018年07月06日 UPDATE

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術

食事後のお礼メールを送るのを忘れてしまったりすると、相手の印象が悪くなったり、間違えた内容の食事の後のお礼メールを送ってしまうのも良くなありません。社外の人間や社長、直属の上司、または異性など送る相手によって適したメールが異なりますので、ポイントを説明します。

目次

  1. 飲み会の後にはお礼メールを送るのが重要
  2. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術① 飲み会や食事会や接待のお礼メールを送るタイミング
  3. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術② 飲み会・食事会・接待のお礼メールをスマホから送る場合の注意点
  4. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術③ 飲み会・食事会・接待のお礼メールに記載したい内容
  5. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術④ 社内の先輩や上司に送る場合のポイント
  6. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑤ 社外や取引先の方に送る場合のポイント
  7. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑥ 飲み会のお礼メールのコツは思い出を入れること
  8. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑦ 社長にお礼メールを送る場合のポイント
  9. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑧ 異性にお礼メールを送る場合のポイント
  10. 食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術のまとめ

飲み会の後にはお礼メールを送るのが重要

Uiyxhuc1jvaac79mjq3n
J9kouztqqfdln9gk7vta
社内や取引先の人との飲み会の後には、取引先やご馳走をしてくれた上司にお礼の言葉を伝えて、翌日にも再度お礼のメールを送ることがマナーです。接待や食事会や会食や懇親会などの飲み会の後に送る必要がありますので、まずはお礼メールのタイミングや注意点などを紹介していきます。

関連記事

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術① 飲み会や食事会や接待のお礼メールを送るタイミング

Tu8ek3rwqe1upjmdmojz
Lmgxkb62epjlcdpcsrwd
社内での飲み会や取引先との飲み会でご馳走になったりしたときや、相手に支払いを多く出してもらったときには、お礼メールを送るタイミングはスピードがとにかく重要です。飲み会の直後にお礼メールを送るのが理想ですが、すぐには飲み会のお礼メールを出すことが難しいことも多いですので、その場合は飲み会のお礼メールは翌日朝か遅くなっても翌日中にはお礼メールを送る必要があります。どうしても週末が重なってしまった場合や、別件があり送れない場合でも、3日以内には送ることを心がけておくことが重要です。その場合はお礼メールが遅れたことのお詫びも付け加える必要があります。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術② 飲み会・食事会・接待のお礼メールをスマホから送る場合の注意点

Dxj8y4ofvytnl5cf2rxx
お礼のメールを送るのはパソコンから送るのが重要です。スマホからメールを作成して送ってしまうとパソコンから送るよりも短いメールになってしまうことが多いからです。ですが場所や時間の都合でスマホでしかお礼メールを送れない場合は一言、簡単ですがお礼申し上げます、などと記載しておくと丁寧な文章になりやすいです。短文になってしまった場合でも相手にお礼の気持を伝えたい、という思いを込めることが、相手に好印象を与えるのに重要です。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術③ 飲み会・食事会・接待のお礼メールに記載したい内容

Zf84zihzftfil2cwxols
お礼メールではありますが、季節の挨拶だったり冠婚葬祭の挨拶ではないので、必要以上にかしこまった本文や件名のメールにする必要はありません。しかし、お礼の気持ちをしっかりと相手に伝えられるような件名や本文のメールを書くことが、最低限必要な礼儀です。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術④ 社内の先輩や上司に送る場合のポイント

Ycntdidz47d7sttdik87
Cv2jbbewqnfk4leyzsa0
親しい関係の先輩や上司は飲み会のお礼をしてくれる、その行為が嬉しいので、すぐに会える状況の先輩や上司の場合はメールだけではなく、直接会ってお礼をすることも忘れないようにすることが好印象に繋がります。あまり接点のない先輩や上司の場合のお礼メールは、必要以上に長いメールになってしまうと誤った内容の文面になってしまう可能性もあるので、要点だけを抑えた内容にするのが好印象に繋がります。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑤ 社外や取引先の方に送る場合のポイント

Zwvgyvhe9y0qwkvzhvct
Rp9rgbhdilekbhejjnox
社外や取引先の方とのお礼メールで重要なのは、親しい関係の人だとしても、オンとオフをしっかりと分けた内容で書くことが重要です。またメールの件名は飲み会だとしても食事会と書くのがベターではあります。飲み会が無礼講だったとしても、社外の方との飲み会の場合は食事会と件名に書いたほうが、メールを受け取った相手の印象が良くなります。取引先を接待した場合でも、忙しい先方が飲み会に出席してくれたことのお礼の意味を込めて、メールを送ることが重要です

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑥ 飲み会のお礼メールのコツは思い出を入れること

Pjzr01azshxc4k1ea8bx
Pg4i6uvzc3yzyju5ghcw
飲み会のお礼メールで他の人との差別化を図るためには、飲み会であった思い出などをメールに入れることがポイントになります。仕事をするのに勉強になった話や趣味の話など、飲み会で話した内容などをメールに入れると、相手に印象を残すことができます。更にお礼メールには自分の感情表現を入れることで、相手に自分の気持ちが伝わりやすくなるので、メールを受け取った相手の印象が良くなります。最後にはお礼の言葉で締めくくるのも忘れてはいけません。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑦ 社長にお礼メールを送る場合のポイント

Qdhfrgec6muycx2wpwb7
お礼メールは送る相手に合った内容の件名や本文を送ることが重要です。飲み会のお礼メールを送る相手が会社の社長の場合には、メールで飲み会のお礼をするのは当然ですが、自分が今後も会社に貢献をすることをお礼メールにしっかりと書いて社長に伝えることが重要ですし、社長のどういう話が参考になったかや楽しかったかなども、しっかりと書くことが好印象に繋がります。

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術⑧ 異性にお礼メールを送る場合のポイント

Cgt81wbcuptnfpy5a14j
飲み会のあとに異性に送るお礼メールで重要なのは、まず礼儀正しさが伝わる内容であることが好ましいです。礼儀正しさは清潔感に繋がると言われていて、清潔券は男性でも女性でも好印象の異性の上位にくるので、お礼メールでも礼儀正しさが伝わる内容にすることが好印象に繋がります。メールでお礼をされて嫌な気持ちになる人はまずいないので、お礼のメールを送ることが重要です。

異性の話をしっかりと聞いていたことや同じ感覚であることを伝える

Afbpn1s6ha2i4rifzzwb
そして飲み会で異性の話をしっかりと聞いていたことや、自分が異性の人と同じ感覚であることや考え方であることを伝えることも重要です。例えば、楽しかったという気持ちを相手からではなく自分から伝えることで、お互いにその気持ちを共有することができるので、より鮮明にその楽しかった思い出を思い出すことができるので、より強く印象に残すことができますし、相手に親近感を湧かせることにも繋がります。

また会いたいということをしっかりと伝える

Admqgrxcwrqcnmshqxxy
Dafeyyenvtbbzk8tk0mh
また会いたいということを言葉にして、しっかりと伝えることも重要なことです。そして敢えて会いたいと言っておきながら、会えないかも知れないという障害を設けるのも時には重要です。まず相手にまた会いたいという気持ちを伝えることは相手に飲み会を楽しんでくれたということが伝わるので、また飲み会に誘ったりすることがしやすくなります。

飲み会に誘うには聞き方が重要

Uxbugc9wuhnql4o4s6un
そして、また飲み会に誘う場合には、忙しくない日を聞くのではなく、忙しい方だから会うのは難しいですよね?というような聞き方をすると、人間は同じ返事を繰り返すと、受け入れたくなくなるので、会うのは難しいですよね?と聞くことで、そんなことはないので会えます、という返事をしたくなります。またこちらから約束を誘導したのに、相手が自分を誘ったように錯覚をしてしまうので、露骨に誘ったようにはならないメリットもあります。

関連記事

食事のお礼メールで心をつかむ!社外/上司/社長/異性にウケるメール術のまとめ

Few6ylru35srxphpg6a5
Vsh6p55p0ijr8lutuhkc
食事会の後にはお礼メールをしっかりと送ることが好印象に繋がりますので、メールの件名や本文を考えて相手に送ることが重要です。相手に合わせてメールの件名や本文を考えることが重要ですし、自分の気持ちを相手にしっかりと伝わるような件名や本文を送ることで、自分の印象が良くなりますので、しっかり忘れずにお礼メールを送るようにしましょう。