M87narnrk5ly4pijtsxk

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

モノトーンコーデ【メンズ】人気ブランドや差し色の選び方・使い方!

2018.07.06

夏でもスタイリッシュに決めたいならやっぱりモノトーン!「差し色ってなに?」「暗く見えないコツは?」など、モノトーンコーデの基本から、春夏秋冬のおすすめコーデ、メンズのおすすめブランドなど、すぐ実践できるメンズモノトーンコーデのポイントを紹介していきます。

  1. モノトーンの基本1・モノトーンコーデとは?
  2. モノトーンの基本2・『差し色』とは?
  3. モノトーンの基本3・モノトーンコーデのコツは?
  4. 春夏秋冬・季節別モノトーンのメンズコーデ
  5. モノトーンのメンズコーデ1・春夏 柄シャツもモノトーンで大人っぽく
  6. モノトーンのメンズコーデ2・春夏 Tシャツのポケットにワンポイント
  7. モノトーンのメンズコーデ3・春夏 ストライプシャッツで差し色
  8. モノトーンのメンズコーデ4・春夏 流行りのワイドパンツも大人顔
  9. モノトーンのメンズコーデ5・春夏 ビッグシルエットも落ち着いた印象に
  10. モノトーンのメンズコーデ6・秋冬 黒のロングコートは色のトーンを意識
  11. モノトーンのメンズコーデ7・秋冬 スポーティーコーデもスタイリッシュに
  12. モノトーンのメンズコーデ8・秋冬 秋冬に定番のボルドーで差し色
  13. モノトーンのメンズコーデ9・秋冬 ボルドーのインナーで渋さを
  14. モノトーンのメンズコーデ10・秋冬 モノトーンコーデのグレーは最強
  15. モノトーンコーデのおすすめブランド1【WEGO(ウィゴー)】
  16. モノトーンコーデのおすすめブランド2【nano・universe(ナノ・ユニバース)】
  17. モノトーンコーデのおすすめブランド3【UNDERCOVERISM(アンダーカバイズム)】
  18. モノトーンコーデのおすすめブランド4【Theory(セオリー)】
  19. モノトーンコーデのおすすめブランド5【COMME_CA_MEN(コムサメン)】
  20. モノトーンでファッションをワンランクアップ!
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/rke8s9/20180612180259910/20180612180259910_500.jpg
モノトーンコーデとは、黒、白、グレーを基本としたコーディネートのことです。シンプルな色の組合わせでも、小物の使い方やアイテムの組み合わせによって、様々な表情を楽しむことができる、人気のファッションです。モノトーンというと冬のイメージが強かったのですが、最近では春夏でも爽やかに着られるモノトーンファッションが注目を集めています。
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/j614_b429_a872_a053-1.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/t2orwe/20170909170231774/20170909170231774_500.jpg
黒、白、グレーをベースとしたモノトーンコーデの中で、アクセントになるカラーを取り入れることをいいます。あくまでも「アクセント」なので、バッグや靴などの小物や、柄の一部、インナーなど、さりげなく取り入れるのがおすすめです。差し色は、ベースとなる色より少ない面積で取り入れるとすっきりまとまります。
引用: http://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/item_a020_6.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/h07ymn/20180630232922279/20180630232922279_500.jpg

白・グレーの面積を増やす

どうしても暗くなってしまいがちなモノトーンコーデ。やぼったく見せないコツは、「白」の面積を増やして明るく見せることです。パンツが黒ならトップスは白、薄いグレーを使うなど、黒一色になってしまわないように気を付けましょう。

差し色を「少しだけ」使う

バッグ、靴などの小物やインナーに明るい差し色を使うのもおすすめです。差し色は、ベースのモノトーンに対して、10%ぐらいがバランスよく見えるといわれているので、アイテムを選ぶときは注意してみましょう。

関連記事

最近では、春夏でも涼しげなモノトーンを取り入れたファッションが人気を集めています。また、秋冬のモノトーンも差し色を使って、暗いだけではない、こなれ感のあるコーディネートが注目されています。すぐマネできる、季節別のおすすめモノトーンコーデを紹介していきます。
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/3/05c35db9edc58f1bec04b5fe2bf9bd96/main_20161104160734883_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/cj03ha/20180622194559752/20180622194559752_500.jpg
バッグから靴まで黒のコーディネートに、柄シャツを組み合わせ。シャツもグレーと白のモノトーンの柄でまとめています。シルバーアクセサリーと時計もモノトーンで揃えた、夏でも暑苦しくならない、涼しげなコーディネートです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/up3rku/20180610132746069/20180610132746069_500.jpg
全身黒の中で、Tシャツの赤が差し色になっています。差し色はこのぐらい少ない面積のほうがかえってインパクトがあります。スポーツサンダル×靴下の組み合わせは実は最近のトレンド。簡単にこなれ感を演出できるおすすめコーディネートです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/2mvhpj/20180613074557137/20180613074557137_500.jpg
tk.TAKEO_KIKUCHIのシャツのストライプが差し色になっています。少し短め丈のパンツから、くるぶしを出すのもこの夏のトレンドです。麻やコットン素材のベレー帽は、夏でも涼しく、おしゃれにかぶれるのでぜひチャレンジしてみてください。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/0f3o9h/20180701200033937/20180701200033937_500.jpg
流行りのワイドパンツを使ったモノトーンコーディネートです。ワイドパンツを穿くときは足元はサンダルなどでコンパクトにまとめるのが正解。差し色になっているバッグのベージュは、初心者でも挑戦しやすい色なので、ぜひ真似してみてください。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/3eusoi/20180705082313124/20180705082313124_500.jpg
流行中のワイドパンツを使ったモノトーンコーデ。ワイドパンツに合わせるなら、トップス、シューズはジャストサイズを選ぶのがバランスの良くなる鉄則です。LAD_MUSICIANのインパクトTシャツがいいスパイスになっています。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/d59gh6/20171118183117591/20171118183117591_500.jpg
全身モノトーンで決めたスタイリッシュなコーディネートです。全身モノトーンにするときは、写真のようにグレーや白の面積を大きくすると重苦しく見えません。パンツの丈を少し短めにして靴下をのぞかせるのもポイントです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/fk1fn9/20171014231842001/20171014231842001_500.jpg
ブルーのスニーカーがインパクト大!パンツ、アウターの縦ラインで全体がすっきり見えるだけでなく、足元に差し色を持ってくることで足長、スッキリ効果もある、おすすめコーディネートです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/qtuwco/20171126100314070/20171126100314070_500.jpg
マフラーのボルドーが差し色になっています。ボルドーは比較的誰にでも似合いやすく、少しの面積でもインパクトがある色なので、寂しく見えがちなモノトーンコーディネートの差し色におすすめです。黒のスキ二―パンツは足長効果抜群!
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/nuwvmf/20161102090554902/20161102090554902_500.jpg
インナーのボルドーが差し色になった、フォーマルなコーディネートです。あえてスニーカーを合わせることでカジュアルダウン。ポケットからのぞかせた白いポケットチーフもアクセントになっています。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/qtuwco/20180111073155641/20180111073155641_500.jpg
チェスターコートはGUのもの。全身黒~ネイビーとモノトーンに近いコーディネートですが、コートの淡いグレーが大きな面積を占めているため、重苦しくなりません。全身重くなりがちな冬でも、こんな工夫で軽やかに見せられます。

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/qtuwco/20171009131932240/20171009131932240_500.jpg
東京・原宿発の「WEGO(ウィゴー)」は、ポップでカラフルなアイテムの印象が強いブランドですが、トレンド感満載のスタイリッシュなモノトーンコーディネートも揃っています。流行に敏感なアイテムを、リーズナブルに揃えたい方におすすめです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/7252rf/20180702200608814/20180702200608814_500.jpg
常に時代の一歩先を見つめ、進化し続けるセレクトショップ、nano・universe(ナノ・ユニバース)。オーソドックスながらどこかエッジのきいたアイテムがそろっています。モノトーンコーディネートも、シンプルでありながら、ちょっとスパイスがあるのが特徴。モノトーンでも個性を出したい方に。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/hkvfzk/20180701114445690/20180701114445690_500.jpg
日本をのファッション界を代表するブランド、「アンダーカバー」のメンズラインです。「リアリティを感じさせる服」をテーマに、デザイナー自身が着たい服をデザインしています。シックで硬派な中にも、個性を感じさせるデザインが印象的。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/f1hbbz/20180212125102744/20180212125102744_500.jpg
「New Basic」をコンセプトに、新しいファッションを提案し続けているニューヨーク発信ブランド、Theory(セオリー)。奇をてらったデザインよりも、シンプルなものが多く、モノトーンのアイテムも揃っています。着心地の良さと美しいシルエットを追求し、ほぼすべての服にストレッチ加工が施されているのも特徴です。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/vj5lkk/20170213204831537/20170213204831537_500.jpg
黒髪の日本人に合う服=”モード”をベースにした、「コムサ・デ・モード」のメンズラインです。どんな年代の人にもしっくりくるデザインが特徴で、20代、30代から50代まで、「幅広い層に愛されています。ビジネススーツの印象が強いですが、カジュアルに着まわせるアイテムも揃っています。
簡単にコーディネートできて、トレンド感もあるモノトーンコーデ。「差し色を少しだけ使う」「白やグレーの面積を増やす」を意識すれば、重苦しくもならず、夏にもおすすめのファッションです。各ブランドからも夏に向けてモノトーンのアイテムが登場しています。ぜひおしゃれ度を上げるモノトーンコーデに挑戦してみてください!
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/uh8wug/20180703180024780/20180703180024780_500.jpg