Kc4ohkaoxq1i449uf3um

インテリア

CATEGORY | インテリア

おしゃれな石油ストーブ|レトロなデザインでインテリアにもおすすめ!

2018.07.06

おしゃれな石油ストーブは、トヨトミやアラジンなどのメーカーからレトロなインテリアとしても使える、熱効率のいいおすすめのアイテムがリリースされている。寒い外から帰ってホッとできるレトロでおしゃれな石油ストーブをご紹介しよう。

目次

  1. おしゃれな石油ストーブはインテリアにも最適。どんなラインナップがあるの?
  2. 自然な温かさが魅力!石油ストーブを使うメリットとは?
  3. おしゃれな石油ストーブを使うメリットその1:燃料消費がヒーター類と変わらない
  4. おしゃれな石油ストーブを使うメリットその2:燃料さえあれば電源はいらない
  5. おしゃれな石油ストーブを使うメリットその3:室内の乾燥を防げる
  6. おしゃれな石油ストーブを使うメリットその4:インテリアに最適
  7. 石油ストーブ使用時に注意したい点とは?
  8. トヨトミ・アラジンもある。インテリアにもなるおしゃれでレトロなおすすめ石油ストーブその1:トヨトミ 対流型 石油ストーブ
  9. トヨトミ・アラジンもある。インテリアにもなるおしゃれでレトロなおすすめ石油ストーブその2:アラジン ブルーフレームヒーター グリーン BF3911-G
  10. トヨトミ・アラジンもある。インテリアにもなるおしゃれでレトロなおすすめ石油ストーブその3:コロナ 石油ストーブ 対流型SL-66H(W) 
  11. トヨトミ・アラジンもある。インテリアにもなるおしゃれでレトロなおすすめ石油ストーブその4:トヨトミ 対流形 石油ストーブ クラシック CL-25E
  12. トヨトミ・アラジンもある。インテリアにもなるおしゃれでレトロなおすすめ石油ストーブその5:RL-25F-R トヨトミ 対流型 石油ストーブ
  13. お気に入りのデザインの石油ストーブをゲットして、毎年の厳しい冬を乗り切ろう!
B00f3twowu 01a
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/default/review/B00F3TWOWU_01a.jpg

冬の寒い外から帰ると、温かく迎えてくれる石油ストーブ。石油ストーブは、暖房やファンヒーターなど違い、暖かさと心地よさが格別。暖房はつけすぎると気持ち悪くなる人も多いが、ストーブなら自然な暖かさで熱効率もよさそうだ。そんな石油ストーブのラインナップだが、やはりレトロなアイテムがインテリアにもなり、使い勝手がいいだろう。

51zdhiuch%2bl. sy450
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZdhIuch%2BL._SY450_.jpg

石油ストーブのメーカーであるトヨトミやアラジンには、おすすめの石油ストーブが多数存在する。果たして、これらのメーカーには、どんなデザインの石油ストーブがあるのだろうか。また、石油ストーブのメリットや、暖房やファンヒーターとの違いはどんなところにあるのだろうか。おすすめの石油ストーブをご紹介しよう!

関連記事

61o3bmijjdl. sy450
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61o3BMIjjDL._SY450_.jpg

冬の部屋の暖かさを維持するために、暖房やファンヒーターなどよりも、石油ストーブを選ぶ人も多い。そこにはどんなメリットが隠されているのだろうか?トヨトミやアラジンなどのメーカー製の石油ストーブを中心に、ストーブにおけるメリットをご紹介しよう。

81tkyq2oftl. sy450
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81tkYQ2oFTL._SY450_.jpg

石油ファンヒーターを使っている家庭が多い中、石油ストーブを選ぶ家庭も多い。その理由の一つは、やはり燃費の部分。燃料消費量は、ファンヒーターと石油ストーブは、実はそんなに変わらない。燃費が変わらない上に、石油ストーブの他のメリットを享受できるという点から、おしゃれな石油ストーブを選ぶ人が多いのだ。

97626a30835d9b45275f264c96df0100e7ac7189
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/010/737/97626a30835d9b45275f264c96df0100e7ac7189.jpg?1496538955

石油ファンヒーターであれば、着火の際には電源は必要になってくる。また、暖房を使うにも電源なしには稼働させることはできない。その点、石油ストーブには電源がいらないので、どこに持ち運んでも、コンセントがないからといって使えないということがない。冬のイベントなどで野外に持って行っても使えるのは大きなメリットといえるだろう。

灯油の補充はこまめに

灯油の補充は、こまめに行うことで使い勝手を向上させる。使用していて、まったくの空の状態になると臭いが漂うので、石油の臭いが苦手と感じる人であれば、補充をこまめにすることでその頻度を少なくすることができる。石油を入れるための道具などもそろえておくように心がけよう。

1 / 3