2018年07月06日 UPDATE

バイク(400cc)おすすめ!ネイキッド/アメリカン/スポーツなど多数!

おすすめの400ccバイクは、維持費がかかってでも乗りたいモデルが多いです。といっても、ネイキッドやアメリカン、スポーツタイプなどさまざまジャンルがあり、どれも魅力が詰まっています。今回は最速モデルなどもあるおすすめの400ccバイクを紹介していきます。

目次

  1. おすすめの400ccバイクとは
  2. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:CBR400R
  3. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:Ninja400
  4. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:ドラッグスター400
  5. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:イントルーダークラシック400
  6. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:スティード400
  7. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:ゼファー
  8. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:CB400SF
  9. 維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:GSR400
  10. おすすめ400ccバイクは維持費が気にならないくらい楽しい

おすすめの400ccバイクとは

普通自動二輪免許を持っていると運転することが可能になる400ccのバイク。バイクの中では中排気量クラスと呼ばれていますが、それでもバイクとしての楽しさが最も味わえるクラスとして、現在でも多くの人から人気を集めています。そんな400ccの中でも、特にネイキッドタイプやアメリカンタイプ、スポーツタイプは人気が集中しているタイプであるため、どのモデルも非常に個性があり、乗っていて非常に楽しいです。また、楽しいだけでなく、乗りやすさや快適さなど、実用的な部分でも優れているモデルも多くあるのも大きな特徴です。そんな400ccの中でも人気のあるモデルをいくつか紹介していきます。
20171228 2 001
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/yamaha-motor-life/img/20171228_2_001.jpg
76103010109
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/76103010109.jpg

関連記事

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:CBR400R

最初はいかにも速そうなデザインが特徴のスポーツタイプから紹介していきます。最初に紹介するバイクは、国産バイクメーカーの中でも最もシェアが高く、名実ともに優れているホンダが送り出した最強のスポーツバイク、CBR400Rです。最近のスポーツタイプは非常に流麗なデザインであり、街乗りでもなじむデザインが特徴です。特にこのバイクは、見た目はもちろん、馬力についても現行の同タイプのバイクの中では最高出力である46馬力をたたき出しています。高回転までよく回りますが、低中回転域でのトルクが太いため街乗りでも扱いやすく、操作性も良いため、初心者や女性でも簡単に乗り回すことができます。
Image 02
引用: http://www.honda.co.jp/CBR400R/assets/images/top/image-02.png
Image 05
引用: http://www.honda.co.jp/CBR400R/assets/images/top/image-05.png

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:Ninja400

ここ最近の中排気量クラスのフルカウルスポーツバイクブームの火付け役ともいえるカワサキが誇る最強のバイクシリーズであるニンジャ。その中でも400ccモデルであるのがこのNinja400です。大型モデルのボディを流用しているため、同じクラスの同じタイプの中では大きめであり、デザインも攻撃的な印象が強いです。エンジンについても大型モデルの縮小版をそのまま採用しているため、低中回転域でのトルクが太く、街乗りにも最適です。また、名前にニンジャと入っているため、女性からも覚えやすくて親しみがあるとして、女性ウケも良いのが特徴です。フルカウルスポーツタイプに乗りたいけど女子ウケも意識したいという人はおすすめです。
Big 150767 201712251610330000001
引用: https://motor-fan.jp/images/articles/10002100/big_150767_201712251610330000001.jpg
Kumi01
引用: http://img.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/578/kumi01.jpg?20180126

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:ドラッグスター400

400ccでも男らしくアメリカンを乗り回したい、そう考える男性も多いはずです。そこでここからはいかついアメリカンタイプをいくつか紹介していきます。アメリカンといえば多くの場合はVMAXなどの大排気量のバイクや、ハーレーダビッドソンなどがどうしても定番となりますが、中排気量クラスのアメリカンもなかなか熱いです。その中でもダントツで人気のモデルが、ヤマハのドラッグスターです。国産アメリカンの中では非常に人気が高く、フラットなトルク特性、そしてアメリカンとは思えないほど素直なハンドリング、まさに日本人のためのアメリカンといっても過言でもありません。
Ds4 price 2016
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/ds4/img/ds4_price_2016.jpg
Main
引用: http://img.bikebros.co.jp/vb_img/procustom/magazine/img/01/main.jpg

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:イントルーダークラシック400

スズキといえば、ハヤブサやGSX1000Rなどの、ひたすら速いバイクを出しているメーカーだという印象を持つ人が多いのですが、そんなスズキも実はアメリカンを出しているのです。それが、このイントルーダークラシック400です。残念ながら2016年に生産を終了してしまいましたが、その豪華な見た目と、本当に400cc七日と疑ってしまうほど大きいボディは、まさにハーレーです。実際に乗っている人から、街中でハーレーと間違えられたという人もいるほど、堂々たる風格が特徴です。しかしその大柄なボディが災いしてか、他のアメリカンと比べるとパワー不足であると感じる人も多いです。
00031969 58630
引用: http://www.bikebros.co.jp/com_images/bikeImg/26/58/20141005/00031969_58630.jpg
Main
引用: http://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/37/main.jpg

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:スティード400

現在のホンダから出ているアメリカンタイプの400ccバイクは、シャドウというモデルのみですが、昔はもうひとつモデルがありました。それが、スティードです。ホンダが初めて開発したアメリカンタイプのバイクであり、2002年にシャドウに統一される形で惜しまれながらも消滅し、生産終了してしまったモデルです。同モデルの600ccモデルのものをそのまま採用し、ハーレーダビッドソンのデザインをなぞったというデザインは、無骨な印象があり非常に男らしいです。年数は古いですが、決してその古臭さを感じさせないそのデザインは、中古車市場でも根強い人気を博しています。
L 0
引用: https://img.webike.net/moto_photo/10405/1144163/L_0.jpg
8400671b3014101700100
引用: https://picture.goobike.com/840/8400671/J/8400671B3014101700100.jpg

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:ゼファー

最後に、バイクといったらやはりこの形でしょ、という人が多いネイキッドタイプのモデルをいくつか紹介します。最初に紹介するバイクは、ネイキッドバイクの生みの親であり、空前のネイキッドブームを巻き起こしたカワサキのゼファーです。空冷4ストロークエンジンのエンジンは今でもバイク好きの心をとりこにしてしまうほど心地よいサウンドであり、誕生からかなりたつにもかかわらず、そのデザインは決して色あせることはありません。現在でもその希少価値の高さゆえに値上がりが続き、入手は非常に困難ですが、このようなまさにネイキッドというようなデザインのバイクが出てくることはないと考えると、今が一番チャンスです。
L 0
引用: https://img.webike.net/moto_photo/19614/846583/L_0.jpg
Slide 0
引用: https://d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net/articles/images/58fad171ba02c111846184e2/slide_0.png

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:CB400SF

言わずと知れたみんながよく知るネイキッド、ホンダのCB400SFです。バイク好き出なくても、バイクの免許を持っている人であれば必ず一回は運転したことのあるこのバイクは、教習車としても多くの自動車学校などで使用されています。特徴はなんと言っても、その安定性の高さと乗りやすさです。さらには、ホンダ自慢のテクノロジーであるVTECも搭載されているため、走っていても気持ちいいです。現行モデルも非常に人気ですが、最近では最後のキャブ車と呼ばれているスペック3が非常に人気があります。キャブ車ならではの加速感などを味わいたいのであれば、スペック3はおすすめです。
Image28
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/4/6/3/3/2/201801161904/image28.jpg
Main 001
引用: http://www.magicalracing.co.jp/LineUp/2013_cb400_images/main_001.jpg

維持費知らず!最速モデルも?ネイキッド、アメリカン、スポーツなどのおすすめ400ccバイク:GSR400

スポーツタイプとネイキッドを組み合わせたストリートファイトと呼ばれるタイプで2006年に誕生した鈴木のGSR400。特徴はなんと言ってもネイキッドとは思えないその攻撃的なスタイリングです。そのデザインで発売当時から人気がありましたが、2009年に排ガス規制に対応した新モデルを出しました。しかしそこで出た新モデルは、なんと最高馬力61馬力と、驚異的な数値をたたき出してしまいました。ちなみにこの馬力は400ccバイクの中では最大の馬力であり、速そうなスポーツタイプのバイクたちを差し置いて400cc最速のバイクといわれるようになりました。さすがハヤブサなどのぶっ飛んだバイクを生み出すスズキです。
Gsr400 pic 01
引用: https://www.8190.jp/bikelifelab/upimages/2017/02/gsr400_pic_01.png
76103010805
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/76103010805.jpg

関連記事

おすすめ400ccバイクは維持費が気にならないくらい楽しい

いかがでしたか。400ccバイクは維持費が気にならないくらい走りが楽しそうなバイクが多いということがわかったと思います。ロングツーリングなどにおいては大排気量のバイクが有利ですが、400ccクラスの中排気量クラスのバイクもなかなか良いものです。排気量が小さめとはいえ、それでも走る楽しさは大排気量バイクに負けていません。特に最後に紹介したGSR400は、400ccバイクの中では最大の馬力を誇っているため、バイクで峠をがんがん攻めたい人にはうってつけです。皆さんもお気に入りのバイクを見つけて、楽しいバイクライフを味わってみてはいかがでしょうか。
Intro01
引用: http://img.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/17/sp/intro01.jpg
1040328 02 2009 04
引用: https://www.goobike.com/catalog/detail/photo/1040328_02_2009_04.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/76103010119.jpg