Unaquttwioek253pzkyp

バイク

CATEGORY | カテゴリー

125ccのアメリカンはどう?スペックや新車の値段、カスタム情報も。

2018.07.04

アメリカンバイクはかっこいいですが、車体が大きく取り扱いが難しいのが玉に瑕。しかし125ccのアメリカンならその悩みもスッキリ解消。そこで125ccのアメリカンバイクを大特集。125㏄はださいなんて決めつけないでください。スペックやカスタムも併せてご紹介。

目次

  1. 125ccアメリカンバイクの魅力
  2. 125ccアメリカンはださい?
  3. 125ccアメリカンには新車はある?
  4. 125ccアメリカンのカスタム例
  5. 125ccアメリカンバイクのおすすめモデルを大特集!
  6. 【カスタムしやすいモデル・大きいタイプやスペックも】125ccアメリカンバイクのおすすめモデル:①GZ125
  7. 【カスタムしやすいモデル・大きいタイプやスペックも】125ccアメリカンバイクのおすすめモデル:②XV125ビラーゴ
  8. 【カスタムしやすいモデル・大きいタイプやスペックも】125ccアメリカンバイクのおすすめモデル:③シャドウ125
  9. 【カスタムしやすいモデル・大きいタイプやスペックも】125ccアメリカンバイクのおすすめモデル:④ドラッグスター125
  10. 125ccのアメリカンはどう?スペックや新車の値段、カスタム情報も。:まとめ

保険が安く車検がいらない

Yww8uflnsphpzl1munye
引用: https://www.instagram.com/p/BhlLu2rgmCF/?hl=ja&tagged=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC125

125ccのアメリカンバイクの魅力は何といっても車検いらずで本格的なところ。125ccの排気量のバイクは定期的な車検が不要で、維持費を安く済ませることができます。また、保険代も安いことが多く、安く本格的な見た目のバイクに乗りたい方にはピッタリと言えるでしょう。

取り回しも比較的楽

Zzp3jornm1kdqp300z3v
引用: https://www.instagram.com/p/BiKodwsBK3F/?tagged=xv125

また、125ccのアメリカンバイクは一般的なアメリカンバイクよりも重量が軽いことがほとんど。そのため、重厚感がある見た目を維持しながらも、ハンドリングや取り回しが比較的楽になっています。エンジンは大型排気量のものよりもコンパクトで馬力が心配ですが、ほとんどのモデルは80~100km/h程度の速度帯ならパワー不足を感じることなく乗ることができます。

関連記事

大きめの車体でださいとは無縁

Gkwocwltjya1eyeili02
引用: https://www.instagram.com/p/BTRxgLolRvc/?tagged=xv125

125ccアメリカンはださい、なんてレビューを聞いたことがある方も多いかと思いますが、上記の画像をご覧ください。いかがでしょうか。ださいとは無縁の大型のボディで成人男性がまたがってもかっこよく決まると思いませんか?125ccは確かにチープなモデルも数多いですが、モデルをしっかり選べばこのようにださいと感じないアメリカンも多数存在するのです。

女性の間でも人気

Iozzp0ra5rciir2o8g2n
引用: https://www.instagram.com/p/BZMUq8Nj9yf/?hl=ja&tagged=gz125hs

かっこいいのに本格的なアメリカンバイクよりも小型な125ccのアメリカンは、実は女性のライダーも愛用するモデル。男らしいフォルムに惹かれる、なんて方が多くなっており、ださい印象とはもう無縁です。可愛らしいライダーが男臭いアメリカンに乗るのが逆に絵になる、なんて声も多数挙げられています。

基本的には新車はあまり販売されていない

Fgdxbyu5zsqeb8eyb95d
引用: https://www.instagram.com/p/BW2hpKxjSaK/?hl=ja&tagged=gz125hs

125ccアメリカンバイクのほとんどは、国内では生産終了していたり、絶版になっているモデルばかり。そのため、基本的には新車ではなく中古で購入するのが一般的と言われています。この時注意したいのが走行距離やカスタム度合い。走行距離はエンジンの性能を左右するのはもちろん、カスタムされすぎているモデルを選ぶと故障の危険が高いと言われています。なるべく走行距離が少なく、純正の部品中心に構成されているものを選びましょう。

1 / 3