2018年07月06日 UPDATE

バイクハンドル交換の手順は?ワイヤーや穴あけ、工賃など完全網羅!

バイクのハンドル交換はカスタムの登竜門と呼ばれています。しかし、手順を間違えてしまうと壊れてしまったりします。また、ワイヤーの選び方や穴あけなど、さらには車検対策もあったりと大変です。今回はアメリカンバイクのハンドル交換の手順や工賃について解説していきます。

目次

  1. バイクのハンドル交換の手順は難しい?
  2. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:工賃
  3. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ハンドル
  4. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ワイヤー類
  5. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:工具
  6. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:採寸
  7. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:分解
  8. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ホース類の交換
  9. ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:車検対策
  10. バイクのハンドル交換の手順は簡単

バイクのハンドル交換の手順は難しい?

バイクのカスタムとして多くの人が取り掛かるところといえば、マフラー交換ですが、最近ではマフラーより先にハンドル交換をするという人が多いです。特にアメリカンタイプのバイクに乗っている人にとっては、アメリカのハーレー乗りのような異常に高い位置にあるハンドルにあこがれて、そのタイプに交換するという人も中にはいるはずです。とはいっても、初心者にとっては、ハンドル交換って車とは違ってかなり大変なのではないかとかんじる方もいるはずです。確かに車とは違いさまざまな部分で気をつけなければいけない部分がありますが、大事な部分さえ気をつけることが出来れば、簡単にできます。

2017 03 08 000519
引用: https://doshiritai.com/wp-content/uploads/2017/03/2017-03-08_000519.png
Img 1105
引用: http://bearbooks.org/wp-content/uploads/2016/02/IMG_1105.jpg

関連記事

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:工賃

簡単と入っても、ハンドル交換の際に注意するべきところの一つとして、ホース類の長さがあります。せっかく上手にハンドルを交換できたとしても、いざ実際に操作してみると、ワイヤーが張ったりして捜査しにくいということが起こったりもします。そのため、思い切ってお店に依頼するということも法穂としては良いです。工賃については平均的に5000円程度で行ってくれるところもありますが、持込の場合取り付けのみは行っていないというショップもあります。また、ショップでハンドルを購入し、取り付けもそのショップに頼む場合、ハンドル代のみで工賃は無料にしてくれるというところもあります。

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/0RFgFT5XMPE/maxresdefault.jpg
Apc 119
引用: http://www.bikebros.co.jp/vb/wp-content/uploads/2014/06/apc-119.jpg

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ハンドル

ではここからは、自宅でハンドル交換作業をする場合に必要なものなどを解説していきます。まずは何と言っても、ハンドルが必要です。これがなければ一体何をするのだ、ということとなります。バイクといってもさまざまなタイプがありますが、太さにおいて大きく違うのはアメリカンタイプか否かという違いです。アメリカンタイプ以外の場合、基本的には国産バイクの場合、直径は22.2mmに統一されています。一方ハーレーや一部のアメリカンタイプの場合、25.4mmとなっています。また、デザインやメッキの有無などによっての違いであるため、この部分については好みで選んでも良いです。

Hb0018b ts
引用: https://img.webike.net/catalogue/images/16794/hb0018b_TS.jpg
Sblr12s
引用: https://www.hornig.jp/i/900/496/1/sblr12s.jpg

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ワイヤー類

ハンドル交換をするのにワイヤー類って必要なのかと疑問を持った方も多いはずですが、交換するハンドルの高さや曲げ具合によっては、今までの長さでは足りなくなるという場合があります。これはアクセルワイヤーはもちろん、ブレーキホースや、場合によってはウィンカーなどの電気系統の配線の長さも足りなくなってしまうことがあります。もし実際に交換して足りないと感じた場合は、延長する必要があります。また、ブレーキホースに関しては、せっかくハンドルがきれいになったのにホースがそのままだと見栄えが悪いということで、ホースもメッシュタイプに交換するという人も多いです。

Img 0
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-5a-1a/xelviskazu/folder/947892/75/27095775/img_0
Img 2?1319558624
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-5a-1a/xelviskazu/folder/947892/75/27095775/img_2?1319558624

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:工具

当然のことですが、工具は必要になります。ドライバーやレンチ、ニッパーはもちろん、配線系などを束ねる対ラップも必要となってきます。またそれ以外にも、穴を開けるためのドリルも用意しましょう。新しいハンドルに穴を開けてしまうのかと驚いた方もいるはずですが、右手側のスロットルが付いたボックスを固定するための穴が実は開いています。汎用品の場合どうしてもその穴を確保しなければいけないという都合上、穴を開ける必要が出てきます。電動ドリルは必需品ですが、ポンチもあわせて用意しておくと、穴を開けるときの作業が楽になるため、一緒に用意しておくと良いでしょう。

Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/5VKhMeKzFvA/hqdefault.jpg
Handl end
引用: https://www.engineoilya.com/bike/mente/img/handl-end.jpg

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:採寸

必要な道具などがそろったところで、いよいよ作業の手順について解説していきます。とはいえ、まずは採寸をしましょう。アメリカンタイプで、ハンドルの位置が大きく変わる場合はホースや配線などの延長部品を用意しておきましょう。もしハンドルを購入下は良いものの、長さについて不安があるのであれば、事前にショップの店員に聞いておくことをお勧めします。この車種にこのハンドルをつける予定ですが、と店員に尋ねると、適合する長さなどを丁寧に教えてくれます。部品などを用意する時点で聞いておくことで、実際に交換する際に長さが足りないということが起こりにくくなるため、聞いておくことをおすすめします。

E55606b4
引用: http://livedoor.blogimg.jp/usa_usao4/imgs/e/5/e55606b4.jpg
4f423389
引用: http://livedoor.blogimg.jp/takumi3923/imgs/4/f/4f423389.jpg

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:分解

ホースなどの採寸がきちんと取れたら、いよいよ作業に入っていきます。まずはグリップなどのアクセル側の部品からとっていきましょう。最初にグリップエンドやブレーキホルダー、ブレーキスイッチコネクタなどを外していきましょう。それからグリップを引き抜き、最後にスイッチ類をとりましょう。これでアクセル側は完了なので、次にクラッチ側のパーツなどを外していきます。こちらも最初にクラッチホルダーを外し、次にエンジン始動時のスイッチなどのスイッチ類を外し、最後にレンチなどを使用してハンドルホルダーを外しましょう。これでようやくハンドルを外すことが出来ます。

Dsc01490
引用: http://www.beall.co.jp/blog/wp-content/uploads/2013/09/DSC01490.jpg
Dsc014911
引用: http://www.beall.co.jp/blog/wp-content/uploads/2013/09/DSC014911.jpg

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:ホース類の交換

ハンドルを外したら逆の手順でハンドルを、つける前に先にホースなどの部品を交換しましょう。ブレーキホースを交換する場合、事前にホースの中にあるブレーキフルードをすべて抜いておきましょう。それが終わったらいよいよホースを外して新しいものと付け替えます。交換が終わったらいよいよハンドルを取り付けて、先ほどとは逆の手順でパーツをつけましょう。このときねじなどについては仮締めにしましょう。仮締めの段階でホースが他の部分に絡まないか、実際に操作したときの操作感やポジションなどを微調整し、決まったら本締めをしましょう。これらの作業が完了したら、これでハンドル交換は完了です。

9f13d917f45cd200fcf8fae23509e103
引用: http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/70/9f13d917f45cd200fcf8fae23509e103.jpg
P1
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/images/UserCarNote/647045/p1.jpg?ct=bee7349a41f2

ワイヤーや穴あけなど!車検も含めたアメリカンバイクのハンドル交換の手順と工賃:車検対策

250ccまでのバイクであれば車検の義務はありませんが、ハーレーなどの大型のアメリカンタイプをはじめとする中型や大型バイクに乗っている場合、どうしても車検が付いてしまいます。せっかくお気に入りのハンドルに交換したとしても、車検に通らなければ意味がありません。バイクの車検において、ハンドル幅やハンドルの地面からの高さはチェックされます。車検を確実に通るための安全策は、車検前に純正に戻すということが大事になります。もしくはハンドルを交換した際に構造変更の申請も一緒に出すということになります。ショップに依頼する場合、構造変更の申請も一緒に出してくれるというショップもあるため、もしショップに依頼するということであれば、その部分について聞いておくこともお勧めです。

Img 7420
引用: http://www.dirtbikeplus.jp/store_blog/wp-content/uploads/2017/11/IMG_7420.jpg
Hanndorusoutyak1
引用: http://dly.kilo.jp/hanndorusoutyak1.jpg

バイクのハンドル交換の手順は簡単

いかがでしたか。バイクのハンドル交換の手順は作業量自体は多いのですが、意外にも簡単であるということがわかったと思います。確かにホースなどの交換もあるため、聞くだけではかなり大変そうですが、逆にそういう時でないと見れないバイクの内側の部分を見ることが出来たり、普段なかなか掃除しない部分を掃除したりすることも可能です。そうしてまたひとつバイクに対する愛着度が上がり、さらにバイクへの愛情が深まるということもあります。ハンドル交換の良いところというのは、そういうところにあるものです。ショップに頼むことも良いですが、たまには自宅で行ってみるのも良いものですね。

A41cf5c3dc304b16d0ca0720b6845b57 s
引用: https://i2.wp.com/bike-a-gogo.com/wp-content/uploads/2017/05/a41cf5c3dc304b16d0ca0720b6845b57_s.jpg
Lratf9mp3htn05jsxpy6
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525789251/lratf9mp3htn05jsxpy6.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.racingworld.co.jp/bb/export/img_800/20297.jpg