Jok7fn0b9z64ycfmr27h

インテリアコーディネート

CATEGORY | インテリアコーディネート

部屋のレイアウト実例!6畳8畳の狭い1K でも広くおしゃれに見せる!

2018.07.11

ひとり暮らしの部屋は、自分なりの個性を出してレイアウトを考えたいものです。そうはいっても何もお手本がないまま部屋のレイアウトを考えるのは難しいものです。今回は一人暮らしの部屋のお手本になるレイアウトを紹介したいと思います。

目次

  1. 部屋のレイアウトで考えに入れておきたいアイデア
  2. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:トレンドカラーを採用する
  3. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:フローリングのスペースを広く出す
  4. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:カラーを統一してまとまりのある部屋をつくる
  5. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:限られたスペースを有効に使う
  6. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:部屋の壁で自分の個性をアッピールする
  7. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:印象的なデザインの家具を1つ部屋に置く
  8. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:ホワイトとピンクの部屋
  9. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:窓への空間をあけておく
  10. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:観葉植物やアートを置く
  11. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:照明に凝ってみる
  12. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:モノトーンで部屋を仕上げる
  13. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:レトロ感もトレンド
  14. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:ライトグレーは人気のトレンドカラー
  15. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:ピンク大好きな女の子の部屋
  16. 6畳8畳1Kの一人暮らしのお手本のなる部屋レイアウト:王道のホワイト系の部屋
  17. まとめ

一人暮らしの部屋のレイアウトは、そんなに広くないので、アイデア次第で、自分色に染められる心地よい空間をつくれる可能性が高まります。ここでは、部屋のレイアウトを考えるときに参考になるアイデアを紹介しましょう。アイデアを取り入れることで、成功の可能性が高まるかもしれません。

生活に合った通路は確保する

レイアウトを考えるときに頭に入れておきたいのが、使い勝手です。6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋は、生活の拠点として、快適に使いやすいレイアウトを考えたいものです。その時に構想に入れたいのが歩くときの通路の確保。生活するときに動きやすい通路の確保を考えながらレイアウト案を練るのは、部屋作りを成功させるポイントです。

シンプルを心掛けてみる

6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋は、そんなにスペースがありません。家具をいくつか置いてしまうと、スペースはさらに狭くなります。6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋のレイアウトを考えるときにはシンプルを心掛けるのも一つのアイデアです。一方で、ごちゃごちゃした空間をあえて作り出すのもひとつのアイデアです。一番は自分が心地よいと感じられる空間をつくることです。

カラーリングを考える

カラーリングは、6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋のレイアウトを考えるときに最も需要なポイントのひとつです。シーズンごとにテーマを決めて部屋のカラーリングを考えたり、カラーを統一したり、トレンドカラーを部屋の中に取り入れたり、家具や、植物を使って部屋のカラーリングを考えたり。部屋のカラーリングによって、部屋の印象は結構変わります。

視線を意識してみる

6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋のレイアウトを考えるときに、視線を意識してみることもいいアイデアです。部屋で生活するときの、視線の動きを追ってみましょう。立っている姿勢だけではないはずです。座っている時や、寝転んでいる時に視線の先に何があるのか、何が見えるのかなど、視線の先を考えて、レイアウトを設計すると、部屋作りの可能性の幅が広がります。

高さを統一してみる

6畳8畳1Kの一人暮らしの部屋のレイアウトを考えるときに、家具の高さなどを統一すると、まとまりが良くなるかもしれません。また、家具の高さは、生活の姿勢にも影響します。フロアに座ったり、横になって生活するなら、高さが低い家具を置くことになりますし、立ち上がったり、椅子に座ったライフスタイルを目指すなら、家具の高さはちょっと高めになるでしょう。

1 / 3