Kz8d3a4txyw5jse0080q

趣味

CATEGORY | 趣味

ボルダリングを福岡で。子供の習い事や初心者にも人気の安い施設は?

2018.07.08

近年、競技人口が急増しているボルダリング。ボルダリングを行うことが可能なボルダリングジムは全国に400店舗以上存在しているんです。本記事では福岡にスポットをあて、子供や初心者でも簡単に体験や習い事としてできる福岡で安いかつおすすめのボルダリングジムをご紹介!

目次

  1. 【福岡】子供の習い事や初心者にも人気の安いボルダリングジムをご紹介!
  2. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:ボルダリングって何?
  3. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:ボルダリングに必要な持ち物は?
  4. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングジムその① BRAVO ブラボークライミングジム福岡天神【中央区】
  5. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングジムその② FUKUOKA WESTSIDE CLIMBING MYWAY マイウェイ【西区】
  6. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングジムその③ Lead リードクライミングジム【南区】
  7. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングジムその④ ボルダリングジム・ホアホア hoa-hoa【博多区】
  8. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングジムその⑤ ボルダリングジムJOY福岡店【早良区】
  9. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:おすすめのボルダリングシューズ
  10. 【福岡】子供の習い事や初心者も気軽に体験できる人気の安いボルダリングジムをご紹介!:まとめ
14517561 628558357323459 5506260218384359825 n
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/02/14517561_628558357323459_5506260218384359825_n.jpg

ボルダリングは誰でも気軽に始められる手軽さと、単純明快ながらも奥の深い内容が魅力的なスポーツです。ここ数年の間に競技人口を飛躍的に伸ばしているボルダリングは、競技人口の増加と相まってボルダリングジムの店舗も全国で増え続けており、現在ではボルダリングジムは全国で400店舗以上存在すると言われています。今回は全国47都道府県の中から福岡県にスポットを当てて、子供の習い事や初心者も気軽に体験できる福岡でおすすめのボルダリングジムをご紹介していきます。

関連記事

1d65097ad0b41165cba128c72cfad66c
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/02/1d65097ad0b41165cba128c72cfad66c.jpg

ボルダリングは高い壁に埋め込まれているホールドというカラフルな石を使って、目的地まで自分の身体のみを使って登っていくロッククライミングスポーツの一種です。本来は屋外にある巨大な岩や壁を使って行うスポーツですが、整備された施設内で比較的安全にボルダリングを行えるボルダリングジムでプレイする人が近年急激に増加しています。ボルダリングは一見、単純なスポーツに思えますが、自らの身体の使い方をしっかり考えないと登っていけないシチュエーションが多く、その奥深さから「動くチェス」とも呼ばれており身体のみならず頭も使うスポーツとして知られています。

Dsc 0085
引用: http://blog.kojitusanso.jp/photos/uncategorized/2016/04/16/dsc_0085.jpg

ボルダリングに必要な持ち物は主に2つあり、1つはボルダリングシューズ、もう1つはチョークです。壁を登るためにはボルダリングシューズはなくてはならない存在であり、チョークは滑り止めとして使います。しかし、この2つはジムで貸し出しを行っているので、わざわざ購入しなくてもレンタル料さえ払えばボルダリングを行うことは可能です。ボルダリングを行う際は動きやすい服装であることが望ましいので、Tシャツと擦り傷防止のために膝下ほどの長さがあるズボンを着用して競技に望むようにしましょう。他に汗拭き用のタオルと飲み物を持っていけばもう準備は万端です!

1 / 4