2018年06月29日 UPDATE

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えるメニュー!

自重トレーニングをご存知ですか?専用のトレーニングを必要とせず、効果的に筋肉を鍛えられるメニューのことです。本記事では効果的に腹筋、胸筋、背筋を鍛えることができる自重トレーニングをご紹介します。自重トレーニングをマスターして美しい肉体を手に入れましょう。

目次

  1. 効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛える自重トレーニングのメニューをご紹介!
  2. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:自重トレーニングとは?
  3. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:筋肉の種類は3種類ある
  4. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:毎日同じ箇所を鍛えるのはNG
  5. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:プロテインをしっかり摂ろう!
  6. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその① プッシュアップ
  7. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその② フロントブリッジ
  8. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその③ スクワット
  9. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその④ クランチ
  10. 自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:まとめ

効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛える自重トレーニングのメニューをご紹介!

2616bb3a d74b 46f2 b4a7 c907c99cf0c4
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/229/item_pixabays/images/000/016/993/medium/2616bb3a-d74b-46f2-b4a7-c907c99cf0c4.jpg?1509351458
55485438 xxl 1 1024x683
引用: https://kintore-master.com/wp-content/uploads/2017/05/55485438_xxl-1-1024x683.jpg
「筋トレは機材を使ってトレーニングしないと効果が出ない」という誤った認識をしている方も多いですが、そんなことはありません。機材を使って筋トレを行わなくても筋肉を大きくして美しい身体を作ることは可能です。自重トレーニングは機材を必要としないので、お金を一切かけずに効率よく身体を鍛えることができます。今回は腹筋/胸筋/背筋など、上半身の筋肉をメインに効果的に筋肉を鍛えられるおすすめの自重トレーニングをご紹介していきます。身体をシェイプアップさせたい!強い身体を手に入れたい!と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:自重トレーニングとは?

Ab workout 47171046 m
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2016/04/ab-workout-47171046_m.jpg
1 133 e1502945698400
引用: http://diet-labo.link/wp-content/uploads/2017/08/1-133-e1502945698400.jpg
自重トレーニングとはその名の通り自分の体重を重りとして筋肉を鍛えるトレーニングの事を指します。自重トレーニングは機材を使ったトレーニングとは違い、自分の体重を使うので身体にかかる負荷が一定になってしまいます。これが筋トレの中で自重トレーニングが軽視されてしまう主な理由ですが、トレーニングの回数を多く行う、メニューを行っている間のインターバルの時間は短めにする、筋肉をゆっくりと動かすことを心がける、1週間の間に定期的に行う、などの工夫で負荷を意図的に重くすることで効果的に身体を鍛えることができます。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:筋肉の種類は3種類ある

Muscle2
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/12/muscle2.jpg
728x485xforge an iron chest 728x485.jpg.pagespeed.ic.hrpop2kx5c
引用: http://justicebody.com/wp-content/uploads/2016/07/728x485xForge-an-Iron-Chest-728x485.jpg.pagespeed.ic.hrPOp2KX5c.jpg
人間の筋肉は瞬発力の源となる2種類の「速筋」と持久力の源となる「遅筋」の3つの筋肉から成り立っています。速筋は筋肉の収縮速度が最も速い「短瞬発筋」と速筋の中でも比較的持久力のある「長瞬発筋」の2種類に分けられ、この2つは鍛えると肥大化する特徴を持っています。速筋は10回〜15回ほどで限界が来る高負荷の自重トレーニングで鍛えると効果的です。遅筋は筋肥大はしませんが筋肉量は増えるので、鍛えると代謝が上がって痩せやすい身体が作られます。遅筋は20回ほどで限界が来る低負荷の自重トレーニングで鍛えると効果的です。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:毎日同じ箇所を鍛えるのはNG

%e7%ad%8b%e8%82%89%e7%97%9b
引用: https://i2.wp.com/nextfrontiercorporation.com/wp-content/uploads/2016/03/%E7%AD%8B%E8%82%89%E7%97%9B.png?fit=580%2C387&ssl=1
656792991
引用: https://minari-media.jp/uploads/content/image/41810/656792991.jpg
筋トレを行うと鍛えた箇所の筋肉は損傷して回復するまでに48時間の休息が必要になります。毎日同じ箇所の筋トレを行うと筋肉の回復が十分ではない状態で筋肉を動かすことになるので、筋肉がさらに損傷して怪我につながってしまいます。しっかりと筋肉を鍛えたあとは、しっかりと筋肉を休ませてあげましょう。筋肉を休ませることも筋トレの重要な要素の1つなのです。月曜日と木曜日は上半身、火曜日と金曜日は下半身、というように筋肉の鍛える箇所をうまく分けてスケジュール管理を行うと、効率よく全身を鍛えることができるのでおすすめです。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:プロテインをしっかり摂ろう!

062
引用: https://www.kintore-magazine.net/wp-content/uploads/2017/11/062.jpg
O0853128013936476256
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170513/18/badassceo/94/d8/j/o0853128013936476256.jpg?caw=800
筋トレを語る上で欠かせないのがプロテインの存在です。筋肉を肥大化させるためには十分な休息と栄養が必要不可欠。筋肉な必要なタンパク質を非常に多く含んでいるプロテインは、身体が多くの栄養を必要としている筋トレの直後に飲むのがおすすめです。プロテインには大きく分けて3つの種類があり、乳清を原料としたホエイプロテイン、牛乳のタンパク質を原料としたカゼインプロテイン、大豆のタンパク質を原料としたソイプロテインの3種類が存在します。この中でもホエイプロテインは他のプロテインと比べて値段が安く、手に入れやすいのでおすすめです。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその① プッシュアップ

Main 1.1
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/10/ca04862f759ed68a7b95e28d0b8bb97f/main_1.1.jpg
大胸筋を効率よく鍛えられるプッシュアップは、多種多様なアレンジを加えることが可能なおすすめの自重トレーニングです。プッシュアップで鍛えられる箇所は胸筋の上部と上腕三頭筋。継続して行うことで男らしい厚みのある胸板を作ることができます。まず、両手は肩から垂直に下ろして足は肩幅よりも狭めて広げるようにします。続けて、肘が外を向きすぎないように、両手の中指をしっかりと前に向けながらゆっくりと身体を下げていきます。この間、お腹と背中の筋肉に力を入れ続け、身体は一直線にしたままにするのがポイントです。身体をゆっくりと下げたら素早く身体を起こして、この動作を20回3セットを目安に繰り返します。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその② フロントブリッジ

1516680247917
引用: https://www.so-net.ne.jp/content/so_net/training/column/training/tore_00102_inner-muscle/_jcr_content/mainparsys/image_db45.img.jpg/1516680247917.jpg
腹筋、背筋、大臀筋を効率よく鍛えられるフロントブリッジは体幹も鍛えることができるおすすめの自重トレーニングです。筋トレのメニューの中でも最も有名なものの1つであり、多くの効果を得られるので非常に人気があります。まず、うつ伏せの状態になり肩と腕はまっすぐにして、そのままお腹とお尻に力を入れて身体を持ち上げ、腰が反ったりしないように身体を一直線にしたまま体制をキープさせます。この状態を1分間持続させて3セット繰り返し行います。キープ中は常にお腹とお尻に力を入れ続けておくのがポイントです。顔は前に向けてしっかりと呼吸を整えた状態で行いましょう。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその③ スクワット

51473772 xxl 640x430
引用: https://kintore-master.com/wp-content/uploads/2017/05/51473772_xxl-640x430.jpg
スクワットは最も多くのカロリーを消費する自重トレーニングで、腹筋500回分の消費カロリーがスクワットではわずか15回で消費されると言われています。スクワットは下半身の筋肉を広範囲に鍛えることができるので、代謝を上げたい方におすすめです。まず、肩幅と足の幅を同じぐらい広げて手を肩と同じ位置までまっすぐに伸ばします。その状態から股関節を折り曲げるようなイメージでゆっくりと腰を下ろしていきます。この時、膝がつま先よりも前に出過ぎていたり、腰が引けているとあまり効果が得られないので気を付けましょう。地面と太ももが並行になるまで腰を下ろしたら身体を上げて元の体勢に戻ります。この動作を20回5セットを目安に繰り返し行います。

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:おすすめの自重トレーニングその④ クランチ

Crunch male e1490651535996
引用: https://kintorecamp-ivitsqn.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/02/Crunch-male-e1490651535996.jpg
腹部を引き締める効果があるクランチは割れた腹筋を作りたい方におすすめの自重トレーニングです。まず、膝の角度を90度にして横になります。次に両手を頭の後ろに置き、腹筋を丸めるように上体を起こします。シンプルな動きですが、常に腹筋を意識して20回3セットを目安に繰り返し行いましょう。

関連記事

自重トレーニングとは?効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューをご紹介!:まとめ

Ab2a8a511b6d7844497390c126f3b7e5
引用: https://gigantena.xyz/wp-content/uploads/2018/04/ab2a8a511b6d7844497390c126f3b7e5.jpg
Clunch
引用: https://www.fifteen.jp/wp-content/uploads/2016/09/clunch.jpg
効果的に腹筋/胸筋/背筋を鍛えられるおすすめの自重トレーニングをご紹介しました。負荷を強めるためにもしっかりと正しいフォームで継続して行う必要があります。どのメニューもセットの後半に差し掛かるとかなり辛いですが、美しい肉体を作るためにも負けずに頑張ってトレーニングを続けてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://muscle-manager.com/wp-content/uploads/2017/03/shutterstock_531118243.jpg