Z4b3dt5hqy2xttmlseij

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

お揃いのネックレスにおすすめのブランド!カップルのプレゼントに。

2018.07.07

「お揃いのネックレス」、カップルにでよくお揃いのアクセサリーをしているのは見かけるようになりました。2人であれば、どんなもの身につけていようが安心感がありますよね。今回はそんなカップルに、安いものをはじめネックレスのおすすめブランドを紹介していきます。

目次

  1. お揃いのネックレスにおすすめのブランド!カップルのプレゼントに。
  2. 安いものでもいい?おすすめアクセサリーブランドカップルのプレゼントにお揃いネックレス!:ペアアイテムを身につけるということ
  3. おすすめアクセサリーブランドカップルのプレゼントにお揃いネックレス!:ネックレスの選び方
  4. おすすめアクセサリーブランドカップルのプレゼントにお揃いネックレス!:ネックレスの選び方 VOL.2
  5. 安いものでもいい?カップルのプレゼントにお揃いネックレス!おすすめアクセサリーブランド①:Fiss (フィス)
  6. 安いものでもいい?カップルのプレゼントにお揃いネックレス!おすすめアクセサリーブランド②:THE KISS (ザ・キッス)
  7. 安いものでもいい?カップルのプレゼントにお揃いネックレス!おすすめアクセサリーブランド③:運命の赤い糸
  8. 安いものでもいい?カップルのプレゼントにお揃いネックレス!おすすめアクセサリーブランド④:JAM HOME MADE (ジャム・ホーム・メイド)
  9. 安いものでもいい?カップルのプレゼントにお揃いネックレス!おすすめアクセサリーブランド⑤: ティファニーやブルガリなども
  10. お揃いのネックレスにおすすめのブランド!カップルのプレゼントに まとめ
429
引用: https://www.fdcp.co.jp/img_data/item/pc/429.jpg

今回はお揃いのネックレス、通称ペアウォッチならペアネックレスの特集です。ネックレスにかぎらず最近では時計やスニーカー、帽子やトップスなどありとあらゆるアイテムをペアアイテムとして取り入れるのが人気のようです。冬の着こなしではあまり見かけませんが、夏が近づくにつれてアイテム数が少なくなることによってペアとなるアイテムを取り入れやすいのも人気である理由のひとつかもしれません。

Jake7mgllwykxhk
引用: http://img4.zozo.jp/fashionnews/4307/jake7mgllwykxhk.jpg

ペアルック、そしてその上級版である「双子コーデ」もやはり夏のカジュアルな着こなしのときに多くなる傾向にあります。「双子コーデなんて考えられない」という方もインスタグラムやツイッターなどで有名人がおしゃれな服装をしているとマネしたくなることはありませんか?もし、それがGUなどのファストファッションブランドの商品であったなら、購買意欲がぐんっと高まるはずです。よほどのハイブランド、ハイブランドであっても既製服・既製品であった場合世界で自分だけの服というものはありません。それを知ったうえであえてペアルック・ペアアイテム・双子コーデを実践するというのは、むしろおしゃれといえるのかもしれませんね?

関連記事

Ef6dd824153f43e0a380
引用: https://p1-e6eeae93.imageflux.jp/c!/a=2,w=460,h=460/hass/ef6dd824153f43e0a380.jpeg

今回のネックレスにかんしても当てはまることですが「ペアアイテム」を身につけるということはどのようなことなのか、ここで1度考えてみたいと思います。ペアアイテム、つまり2人ないしは2人以上の自分以外の他人と共通するアイテムを身につけるということはある種の「共存関係」を結ぶということの暗喩であります。

08031948 55bf46fa79aaa
引用: https://d3b6cq2uvg5dbe.cloudfront.net/media/catalog/product/cache/1/image/9df78eab33525d08d6e5fb8d27136e95/0/8/08031948_55bf46fa79aaa.jpg

これはアイテムによっては、わかりやすいものもあり時計の場合ですと「互いの時間を共有する」ということになるのです。「共」という文字が入ると、どうにも宗教的なイメージや怪しいイメージなどマイナス面の印象が強くなってしまいますが、「意識」という言葉に置き換えてみるとどうでしょうか?カップルもしくはカップル成立まえの非常に親密な関係であればパートナーとの関係を意識し合いたいはず。ですが現在の日本社会規範上、2人が常に同じ時間・場所を共有することは不可能ですので、身体に身につけるアイテムを同じにすることでその代用となるわけです。

1 / 4