2018年06月27日 UPDATE

アクセラの評価は?マイナーチェンジでデザインや性能はどう変わった?

アクセラはいまのマツダを代表する人気モデル。アクセラのマイナーチェンジの評価はどんな感じでしょう。今回は人気のマツダアクセラのマイナーチェンジの評価に注目してガソリン車やディーゼル車のデザインや性能がどう変わったかをまとめていきましょう。

目次

  1. マツダを代表するモデル「アクセラ」とは?
  2. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:先進安全技術の充実
  3. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:塗装の良さをさらに充実
  4. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:車内インテリアの印象
  5. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:外観
  6. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:高評価のLEDヘッドライト
  7. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ディーゼルについての評価
  8. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ガソリン車についての評価
  9. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ナビ機能について
  10. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:走行性能について
  11. まとめ

マツダを代表するモデル「アクセラ」とは?

マツダアクセラは、現在進行形のマツダを代表する人気車種。ラインアップは、3種類のエンジン、駆動が、2WDと4WD、排気量が1.5Lと2.2L、トランスミッションが、6速ATと6速MTと電気式無段変速機、ボディタイプがハッチバックとセダンの組合せ。

マツダアクセラは、マツダを代表する大人気のファミリーカー「ファミリア」の後継車として設計されました。ターゲットは日本だけではなく世界に向けてマツダが発信する車でした。特に小型車の激戦区であるヨーロッパ市場に投入され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことのある世界クラスの大ヒットモデルです。

現在のデザインは、三代目で2013年から発売したモデルが、2016年7月にマイナーチェンジしたもの。2017年には、年次改良がおこなわれた。

外見的には、ハッチバッグとセダンの2種類なので、シンプルで分かりやすい車。フロントデザインがマツダ車独特の統一感があるイメージでおしゃれでハイセンス。

マツダ車の伝統的なフェイスを継承しながらもトレンディーなイメージも外さないハイセンスなデザインが魅力的。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:先進安全技術の充実

最近の車のトレンドは、安全装備。「アクセラ」マイナーチェンジでも、先進安全技術を活かした装備を全機種で標準装備しています。流行りの360°ビュー・モニターも新たに装備されています。危険を察知する安全性能をたかめています。

マツダが得意のディーゼルエンジン車も充実していて、セダンタイプに1.5Lのディーゼルエンジンの新モデルを導入しています。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:塗装の良さをさらに充実

マツダ車の魅力のひとつに、塗装の良さがあります。マイナーチェンジでは、マツダの塗装技術を活かした「匠塗 TAKUMINURI」のバリエーションを増やして、美しいソウルレッドクリスタルメタリックのモデルを追加しています。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:車内インテリアの印象

アクセラの室内は、非常にシンプル。ハイセンスでシンプルなインテリアを求めているユーザーには非常に評価が高い内容です。逆に、インテリアに高級感を求めるユーザーにとっては、シンプルすぎて何だかもう少しという感想をもつこともあるようです。メーターもタコメーターひとつでスピードはデジタル表示というシンプルさは目を見張ります。

マイナーチェンジ前の、室内の評価で意見が多いのは、アクセラは収納スペースが少ないという評価。マイナーチェンジ後は改善が見られているようです。

関連記事

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:外観

アクセラの評価で高いのが外観。車選びの大きなポイントになるのが車の見た目。アクセラは他のメーカーとは一線を画すマツダらしいインパクトのあるデザインが人気です。マツダは個性的なデザインで伝統的に提供があるブランド。古くは、コスモスポーツや、サバンナシリーズなど、デザインのすばらしさで伝説となった名車を輩出しています。

アクセラも、マツダのグッドデザインを開発する伝統を継承したモデルといえるでしょう。どこといなく過去のマツダ車のイメージを引き継ぎながらも、世界的なトレンドを上手に取り入れた感覚は見事です。

日本の他のブランドと比較しても、個性的で国産車っぽくないイメージも高評価。デザインが気に入って購入を決めたユーザーも数多くいるはずです。ロングノーズのイメージも魅力的です。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:高評価のLEDヘッドライト

アクセラの高評価のパーツにヘッドライトがあります。ワイルドな印象に配置されたヘッドライトにはLEDライトを採用。夜間はきれいに光を放ちます。

一方でリアのデザインがちょっとダサいという評価もあるようです。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ディーゼルについての評価

ディーゼルは音が気になるという評価の解決策としてアクセラには、ナチュラルサウンドスムーサーとナチュラル・サウンド・周波数コントロールが装備されています。この装備により静かさが増しています。1.5Lにもディーゼル使用があります。パワーを求めるユーザーは、2.2Lのモデルを選ぶのが妥当のようです。

アクセラのディーゼルエンジンには「DE精密過給制御」が装備されて、スムーズな加速感を感じることができるようです。ディーゼルエンジンは乗りやすく、ディーゼル特有のうるささもないと高評価のようです。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ガソリン車についての評価

アクセラのガソリンエンジンの1.5Lは、パワーがないという評価もあります。ただし、価格はディーゼル車に比べてガソリン車の方が安いので評価が分かれるところです。

アクセラの人気車種は、1.5ℓガソリンエンジンか、1.5ℓディーゼルエンジンのモデルのようです。2.2Lのモデルはパワフルですが、価格もそれなりにするので、他のメーカーの車や、マツダでも一ランク上の車種も検討の視野に入ってきます。

関連記事

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ナビ機能について

大人気のアクセラですが、評価が低いところもあります。例えばナビ機能。ナビ機能はあまり評価が高くないのが現状で、改善にもチャレンジしているようですが、まだ評価は高くないようです。

ナビとともによく話に出るのが、標準装備のオーディオ。音質の評価はあまりよくありません。音質を求めるなら、オプションのBoseサウンドシステムを選択したほうが無難のようです。

「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:走行性能について

アクセラの乗り心地は、ソフトではなくハードという評価が多いようです。他のコンパクトカーのように柔らかい乗り心地を求める人には不向きですが、ハードな設計を好む人からは評価が高いところです。

走行性能は、直進性に優れ、安定感があるという評価が多いようです。コーナリングなど曲がる機能については可もなく不可もなくという評価が多いようです。

まとめ

マツダのアクセラの評価についてまとめてみました。アクセラは、見た目の評価がとても高いモデルでした。乗り心地はハードで、走行性能は、直進性に優れ安定感のある走りが特徴。曲がる性能は標準的な出来という評価でした。さらに、次の展開としてアクセラの時期フルモデルチェンジの時期ですが、2019年頃ではないかと予想されています。すでに2017年の東京モーターショウでアクセラの新バージョンらしき車がコンセプトカーとして登場しています。2018年の11月にロサンゼルスモーターショーが開催されるタイミングで、新型アクセラが公式発表されるのではなかろうかといううわさが聞かれます。マツダアテンザは、マツダの世界戦略車としてこれからもマツダのメインモデルとして、活躍していくでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjoMkNTnSxS/?tagged=%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%A9