Jd0y4p4xw1btw3arkdjz

CATEGORY | 車

アクセラの評価は?マイナーチェンジでデザインや性能はどう変わった?

2018.12.20

アクセラはいまのマツダを代表する人気モデル。アクセラのマイナーチェンジの評価はどんな感じでしょう。今回は人気のマツダアクセラのマイナーチェンジの評価に注目してガソリン車やディーゼル車のデザインや性能がどう変わったかをまとめていきましょう。

目次

  1. マツダを代表するモデル「アクセラ」とは?
  2. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:先進安全技術の充実
  3. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:塗装の良さをさらに充実
  4. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:車内インテリアの印象
  5. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:外観
  6. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:高評価のLEDヘッドライト
  7. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ディーゼルについての評価
  8. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ガソリン車についての評価
  9. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:ナビ機能について
  10. 「アクセラ」マイナーチェンジガソリン15s15xdディーゼルなど性能デザイン評価:走行性能について
  11. まとめ

マツダアクセラは、現在進行形のマツダを代表する人気車種。ラインアップは、3種類のエンジン、駆動が、2WDと4WD、排気量が1.5Lと2.2L、トランスミッションが、6速ATと6速MTと電気式無段変速機、ボディタイプがハッチバックとセダンの組合せ。

マツダアクセラは、マツダを代表する大人気のファミリーカー「ファミリア」の後継車として設計されました。ターゲットは日本だけではなく世界に向けてマツダが発信する車でした。特に小型車の激戦区であるヨーロッパ市場に投入され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことのある世界クラスの大ヒットモデルです。

現在のデザインは、三代目で2013年から発売したモデルが、2016年7月にマイナーチェンジしたもの。2017年には、年次改良がおこなわれた。

外見的には、ハッチバッグとセダンの2種類なので、シンプルで分かりやすい車。フロントデザインがマツダ車独特の統一感があるイメージでおしゃれでハイセンス。

マツダ車の伝統的なフェイスを継承しながらもトレンディーなイメージも外さないハイセンスなデザインが魅力的。

最近の車のトレンドは、安全装備。「アクセラ」マイナーチェンジでも、先進安全技術を活かした装備を全機種で標準装備しています。流行りの360°ビュー・モニターも新たに装備されています。危険を察知する安全性能をたかめています。

マツダが得意のディーゼルエンジン車も充実していて、セダンタイプに1.5Lのディーゼルエンジンの新モデルを導入しています。

マツダ車の魅力のひとつに、塗装の良さがあります。マイナーチェンジでは、マツダの塗装技術を活かした「匠塗 TAKUMINURI」のバリエーションを増やして、美しいソウルレッドクリスタルメタリックのモデルを追加しています。

アクセラの室内は、非常にシンプル。ハイセンスでシンプルなインテリアを求めているユーザーには非常に評価が高い内容です。逆に、インテリアに高級感を求めるユーザーにとっては、シンプルすぎて何だかもう少しという感想をもつこともあるようです。メーターもタコメーターひとつでスピードはデジタル表示というシンプルさは目を見張ります。

1 / 3