2018年06月24日 UPDATE

ストレッチの効果!毎日できる種類やダイエットにおすすめのメニュー。

ストレッチ、毎日していますか?筋肉痛の予防や柔軟性の向上に役立つストレッチですが、効果的に行うことでダイエットにもなることをご存知でしょうか。今回はダイエットにおすすめの効果的なストレッチの種類をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

目次

  1. ストレッチの効果を実感! ~はじめに~
  2. ストレッチの効果を実感!① 効果1:可動域が広がる!
  3. ストレッチの効果を実感!② 効果2:血行が良くなる
  4. ストレッチの効果を実感!③ 効果3:筋トレとの相乗効果
  5. ストレッチの効果を実感!④ 効果4:リラックス効果
  6. ストレッチの効果を実感!⑤ 効果5:肩こり・腰痛の改善
  7. ストレッチの効果を実感!⑥ おすすめ1:寝る前に
  8. ストレッチの効果を実感!⑦ おすすめ2:筋トレ前後に
  9. ストレッチの効果を実感!⑧ 気を付けること
  10. ストレッチの効果を実感! ~まとめ~

ストレッチの効果を実感! ~はじめに~

最近太ってきたな~とか、運動不足だしな~とか思って、さて運動をしようとしてもそれまで何もしてこなかった体を急に動かそうと思っても、思う通りには動かないものです。

無理に動かして、関節を痛めてしまったり筋肉痛になったりするとそれだけでもう運動しようという気にならなくなってしまうことがあります。

F6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f6/f6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583_t.jpeg

運動を始めるにあたって、第1ステップとして「ストレッチ」がおススメです。動ける体を作る、そのうえで適切に運動すれば無理なく続けやすくなります。

それに、ストレッチって気持ちがいいですよね。人間、気持ちいい事は続けやすいので毎日でもできると思うのですがどうでしょうか。

F7d7c057c2ba67de1baae0716135a1ce t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f7d7c057c2ba67de1baae0716135a1ce_t.jpeg

関連記事

ストレッチの効果を実感!① 効果1:可動域が広がる!

ストレッチは伸ばすこと。筋肉や腱を伸ばし関節の可動域を広げます。さまざまな種類のストレッチがありますが、部位は違えど関節を伸ばすことは同じです。

パフォーマンスが向上

関節の可動域が広がることで、手足を伸ばして動かすことがスムーズに出来るようになります。

7fc9900692536748423e7fd83ed0ddf9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7f/7fc9900692536748423e7fd83ed0ddf9_t.jpeg

ケガ予防

加齢に伴って躓きやすくなると言われています。理由の一つは足の筋力が落ちていて思ったほど足が上がらなくなっていること。さらに、躓いた後に体を支える動きが出来ないので転んでケガをしてしまうのです。

関節の可動域を広げることで躓きにくくなりますし、体を支えることが出来るようなります。ケガの予防にも繋がります

5b79a7c6ff9ab70ad2298045ee65f090 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5b/5b79a7c6ff9ab70ad2298045ee65f090_t.jpeg

ストレッチの効果を実感!② 効果2:血行が良くなる

ストレッチも運動です。腕や足を伸ばしているうちに、徐々に体の中心部が温かくなってくるのを感じられるはずです。体を伸ばすことで血流が促進され血行が良くなるのです。

疲労回復

血行が良くなると、疲労物質や老廃物が上手く排泄されるようになり体の中がスッキリキレイになります。ストレッチは疲労回復にも効果があります。

D5d2c4267a1810af4a542a1c12cba1b6 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d5/d5d2c4267a1810af4a542a1c12cba1b6_t.jpeg

筋肉痛の予防に

頑張って運動したのに翌日筋肉痛になるとガッカリですよね。筋肉痛は疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積して起こります。血行を良くして疲労物質を排泄すれば筋肉痛を予防することが出来ます。

44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1_t.jpeg

ストレッチの効果を実感!③ 効果3:筋トレとの相乗効果

筋トレ前にストレッチすれば、関節の可動域が広がりますので大きな動きができ、筋トレの効果を高めることができます。

330fb91552c352edb8ea970dbf9a9cb1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/33/330fb91552c352edb8ea970dbf9a9cb1_t.jpeg

先ほども書きましたが、筋トレ後のストレッチも大事です。疲労物質を排出し翌日に疲れを残さないためです。スッキリした気持ちで翌朝を迎えられれば、また筋トレ頑張ろう!という気持ちにもなり、毎日続けやすくなりますよね。筋肉痛の予防にもなります。筋トレ前後のストレッチは特におすすめです。(詳しくは後述します。)

ダイエットにも効果的

大きな動きをすることで、筋肉でのエネルギーの消費が多くなりますから、無駄な栄養が脂肪となって体に蓄積するのを防ぐことが出来ますのでダイエットに繋がります。ストレッチにより血行が良くなれば、エネルギーの燃焼効率も高まります。体の中に溜まった無駄な脂肪も排泄されるようになってきます。

420bbb51387c444496a6b47fc232dfd9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/42/420bbb51387c444496a6b47fc232dfd9_t.jpeg

こうして良いサイクルが生まれれば自然と痩せやすい体質になっていくでしょう。ダイエットにも効果絶大です。最初のストレッチが良いサイクルを生むのです。毎日筋トレするのが難しくても、毎日ストレッチするのはおすすめです。

ストレッチの効果を実感!④ 効果4:リラックス効果

ストレッチにはリラックス効果があります。血行が良くなり、疲労物質が排泄され、体が楽になってくるのですね。
一日の終わりにゆっくりとした呼吸をしながらストレッチをすることがリラックス効果をより高めるのでおすすめです。

6b7672c7aab099898eb1ca1de926268d t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b7672c7aab099898eb1ca1de926268d_t.jpeg

快適な睡眠に誘う

ストレッチによる軽い疲労感、血行が良くなることで自然な眠気を誘います。リラックスすると体は副交感神経が優位になるので休息モードになるのです。自然な形で入眠できると良質な睡眠を取ることができますね。

睡眠不足はさまざまな体調不良をもたらしますしダイエットにも悪影響と言われています。毎日を快適に活動的に過ごすためにも質の良い睡眠は必要です。

最近、よく寝付けないなという方は、毎日寝る前のストレッチがおすすめです。

C9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c9/c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_t.jpeg

ストレッチの効果を実感!⑤ 効果5:肩こり・腰痛の改善

肩こりの原因は肩周りの筋肉の血行不良によって筋肉が凝り固まってしまうことだと言われていますね。ストレッチの種類中でも肩回りの筋肉のストレッチは肩こりの改善・予防に繋がります。

18d9a834696dff3478331d00ce5708f9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/18/18d9a834696dff3478331d00ce5708f9_t.jpeg

また、腰痛については背骨と骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えることで症状後緩和することが期待できます。そのためにもストレッチが効果的です。太ももや股関節回りをストレッチすることで、これらのインナーマッスルも伸縮します。

751717 458x480
引用: https://taga-harikyuseikotsuin.com/wp-content/uploads/2017/06/751717-458x480.jpg

ストレッチの効果を実感!⑥ おすすめ1:寝る前に

寝る前にゆっくりと体全体を伸ばしていく種類のストレッチをご紹介しましょう。

股関節系

まずは股関節から伸ばします。両足を開き片方だけに体重を乗せ膝を曲げます。逆サイドの足は伸ばします。股関節のストレッチですから股関節を意識して伸ばした方の足は膝を曲げないように注意してゆっくり行ってください。30数えたら左右を交代します。左右3セット行いましょう。

Top
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/063000490/top.jpg

さらに股関節回りを伸ばす種類のストレッチです。こちらの画像をご覧ください。

続いて、肩回りから背中を伸ばす種類のストレッチです。正座をしたら両手を耳の後ろから上へ伸ばして、そのまま前倒し額を床につけます。前へ倒れる動作はゆっくり息を吐きながら行いましょう。背中から肩にかけて全体を伸ばすイメージを持って行うと効果的です。

Dsc 0904
引用: https://www.survive-m.com/wp-content/uploads/2015/12/DSC_0904.jpg

さらに肩甲骨周りをほぐしていく種類のストレッチです。

上半身と下半身が良い感じでほぐれてきましたか?いずれもゆっくりと息を吐きながら30秒くらいじっくり伸ばしていくのがおすすめです。

最初からこれらの映像のように開脚できたり腕が伸びたりはしない方も多いと思います。毎日少しずつ続けることで徐々に関節が開いてきて開脚などが楽に出来るようになってきます。

ストレッチの効果を実感!⑦ おすすめ2:筋トレ前後に

筋トレの前では、筋肉と関節をしっかり伸ばすことが大事です。可動域を大きくしてトレーニングが効果的に行われるようにします。これによってより脂肪が燃焼しやすくなりダイエットに効果的な筋トレとなるでしょう。

筋トレ後は筋肉をクールダウンさせ疲労回復を図るストレッチです。寝る前のストレッチと同様にゆっくり丁寧に呼吸を落ち着けて行うと良いでしょう。

ストレッチの効果を実感!⑧ 気を付けること

まず、無理に伸ばさないことです。少し痛気持ちいいくらいなら良いですが、痛みしか感じないのを無理に伸ばし続けるとかえって筋を痛めてしまい、筋肉痛どころかケガの原因となります。しばらく運動をしていなかったという方は無理をしないで出来るところで止めておきましょう。

反動をつけて伸ばすのも危険です。反動をつけるとゆっくり伸ばすよりも大きく足を開くことができるでしょうが、反動をつけたその瞬間に関節や腱に大きな負荷がかかり、これもケガに繋がります。過度に反動をつけて伸ばすのはおすすめできません。

筋肉を動かすのは、栄養分と酸素が必要です。酸素が不足すると筋肉で乳酸が作られ筋肉痛の原因になると言われています。呼吸は止めずにストレッチを行ってください。また、息を吐きながら行うといい具合に体がリラックスして、手足を伸ばしやすくなりますよ。

910901602848507fc161c5606803c380 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/91/910901602848507fc161c5606803c380_t.jpeg

関連記事

ストレッチの効果を実感! ~まとめ~

いろいろなストレッチをご紹介しましたが如何でしょうか。ダイエットに効果的な種類のストレッチもありました。目的はいろいろでしょうが、体が柔らかい方が健康のためにも良いようですので、きっかけは何であれぜひ毎日ストレッチを続けてみて下さい。損はないはずですよ。

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/01/012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_t.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3c6e436758d009165610a7535f2758cc_t.jpeg