Vd40bqtrpo6frya4zyyb

メニュー

CATEGORY | メニュー

ストレッチの効果!毎日できる種類やダイエットにおすすめのメニュー。

2018.06.24

ストレッチ、毎日していますか?筋肉痛の予防や柔軟性の向上に役立つストレッチですが、効果的に行うことでダイエットにもなることをご存知でしょうか。今回はダイエットにおすすめの効果的なストレッチの種類をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

目次

  1. ストレッチの効果を実感! ~はじめに~
  2. ストレッチの効果を実感!① 効果1:可動域が広がる!
  3. ストレッチの効果を実感!② 効果2:血行が良くなる
  4. ストレッチの効果を実感!③ 効果3:筋トレとの相乗効果
  5. ストレッチの効果を実感!④ 効果4:リラックス効果
  6. ストレッチの効果を実感!⑤ 効果5:肩こり・腰痛の改善
  7. ストレッチの効果を実感!⑥ おすすめ1:寝る前に
  8. ストレッチの効果を実感!⑦ おすすめ2:筋トレ前後に
  9. ストレッチの効果を実感!⑧ 気を付けること
  10. ストレッチの効果を実感! ~まとめ~

最近太ってきたな~とか、運動不足だしな~とか思って、さて運動をしようとしてもそれまで何もしてこなかった体を急に動かそうと思っても、思う通りには動かないものです。

無理に動かして、関節を痛めてしまったり筋肉痛になったりするとそれだけでもう運動しようという気にならなくなってしまうことがあります。

F6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f6/f6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583_t.jpeg

運動を始めるにあたって、第1ステップとして「ストレッチ」がおススメです。動ける体を作る、そのうえで適切に運動すれば無理なく続けやすくなります。

それに、ストレッチって気持ちがいいですよね。人間、気持ちいい事は続けやすいので毎日でもできると思うのですがどうでしょうか。

F7d7c057c2ba67de1baae0716135a1ce t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f7d7c057c2ba67de1baae0716135a1ce_t.jpeg

関連記事

ストレッチは伸ばすこと。筋肉や腱を伸ばし関節の可動域を広げます。さまざまな種類のストレッチがありますが、部位は違えど関節を伸ばすことは同じです。

パフォーマンスが向上

関節の可動域が広がることで、手足を伸ばして動かすことがスムーズに出来るようになります。

7fc9900692536748423e7fd83ed0ddf9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7f/7fc9900692536748423e7fd83ed0ddf9_t.jpeg

ケガ予防

加齢に伴って躓きやすくなると言われています。理由の一つは足の筋力が落ちていて思ったほど足が上がらなくなっていること。さらに、躓いた後に体を支える動きが出来ないので転んでケガをしてしまうのです。

関節の可動域を広げることで躓きにくくなりますし、体を支えることが出来るようなります。ケガの予防にも繋がります

5b79a7c6ff9ab70ad2298045ee65f090 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5b/5b79a7c6ff9ab70ad2298045ee65f090_t.jpeg

ストレッチも運動です。腕や足を伸ばしているうちに、徐々に体の中心部が温かくなってくるのを感じられるはずです。体を伸ばすことで血流が促進され血行が良くなるのです。

疲労回復

血行が良くなると、疲労物質や老廃物が上手く排泄されるようになり体の中がスッキリキレイになります。ストレッチは疲労回復にも効果があります。

D5d2c4267a1810af4a542a1c12cba1b6 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d5/d5d2c4267a1810af4a542a1c12cba1b6_t.jpeg

筋肉痛の予防に

頑張って運動したのに翌日筋肉痛になるとガッカリですよね。筋肉痛は疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積して起こります。血行を良くして疲労物質を排泄すれば筋肉痛を予防することが出来ます。

44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1_t.jpeg

筋トレ前にストレッチすれば、関節の可動域が広がりますので大きな動きができ、筋トレの効果を高めることができます。

1 / 4