2018年06月23日 UPDATE

ホイールスペーサーは危険?効果や正しい取り付け&選び方をご紹介!

ホイールスペーサーはご存知でしょうか。タイヤをもう少し出したいといったときに効果を発揮してくれるのがホイールスペーサーですが、ホイールスペーサの効果や危険もある弊害について正しい理解をしていない方のために取り付け方法をご紹介します。

目次

  1. ホイールスペーサーの効果
  2. ホイールスペーサーの効果メリットデメリット
  3. ホイールスペーサーの効果と取り付け方
  4. ホイールスペーサーの効果と危険性
  5. ホイールスペーサーの効果と選び方
  6. 8mm、10mmのホイールスペーサーという方へ
  7. ホイールスペーサーとワイドトレッドスペーサー
  8. ホイールスペーサーがダメならワイドトレッドスペーサーを使用
  9. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果
  10. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と危険性
  11. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と選び方
  12. まとめ

ホイールスペーサーの効果

51lcmxmtzvl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LCMxMtzVL.jpg
車をカスタムしている方はご存知のホイールスペーサです。ホイールスペーサーは車をカスタムするのに欠かせないアイテムですが、今現在つけている方これからつけようと思っている方は正しいつけ方や効果メリットデメリットはご存知でしょうか。ホイールスペーサの効果は車のドレスアップを簡単に出来るアイテムです。タイヤが車体の中にへっこんでいたらダサいですよね。そんなときに使うのがホイールスペーサーです。ホイールスペーサーは1mm、3mm、5mm、8mm、10mmという種類があります。タイヤのへっこみ具合を見てホイールとタイヤに合わせたホイールスペーサーを選ぶ必要があります。タイヤを出したい方はホイールスペーサを取り付け簡単ドレスアップを楽しみましょう。ですが、ホイールスペーサにはいいことだけではありません。
71svf7xw4ql. sl1010
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Svf7xw4QL._SL1010_.jpg

ホイールスペーサーの効果メリットデメリット

71kwd4a2ral. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Kwd4a2raL._SL1500_.jpg
ホイールスペーサは簡単ドレスアップを楽しめるアイテムですが、いいことだけではありません。そこで、ホイールスペーサーに関するメリットデメリットをご紹介します。ホイールースペーサーのメリットは簡単にしかもカスタムショップにお願いしなくても自分で取り付けカスタム出来ることです。そしてカスタマイズアイテムにするとアイテム費用も比較的安い価格で購入できるのもポイントです。また、つけるスペーサーによってツライチにも出来るのでタイヤのへこみがダサいと思っている方におすすめアイテムです。ホイールスペーサーのデメリットは取り付け方を間違ったりサイズを間違うと弊害が起こったり危険なことになります。ハブリングやハブボルトの長さとホイールスペーサーの長さが違うと走行に弊害をきたします。簡単にドレスアップできる優れたアイテムですが、簡単だからこそ危険が伴うものとなっています。そういった走行に弊害をきたすなどを考慮して正しい取り付け方を知っておきましょう。
31wzbrrveol
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31WzBrRVEOL.jpg

ホイールスペーサーの効果と取り付け方

41e8dxgqd l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41e8DXGQd-L.jpg
ホイールスペーサーの取り付け方はご存知でしょうか。また、正しいつけ方と思っている方は本当に正しいつけ方なのでしょうか。ホイールスペーサーの正しいをご紹介します。間違ったつけ方をしていると弊害が起こりかもしれません。ホイールスペーサー取り付ける前にまずあなたの車とタイヤとハブボルトやハブリングを確認しましょう。タイヤと車のボディの隙間がどれだけ開いているかハブボルトやハブリングはどの長さかを確認します。まず、タイヤをどれだけ出した以下を確認しそれに見合ったサイズを選びます。平均的に5mmのホイールスペーサーが適しています。タイヤを外しホイールスペーサーを取り付けタイヤを付けてからハブボルトが限界まで閉めることが出来れば完成です。限界までハブボルトをしてることが出来ない場合はホイールスペーサーのサイズが合っていないということになります。限界まで閉めることが出来るホイールスペーサーを選び弊害なく安全走行できるようにしましょう。
91uzivuvdil. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91UzIvUvDiL._SL1500_.jpg

ホイールスペーサーの効果と危険性

515jj4njcbl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515Jj4NjcbL.jpg
ホイールスペーサの危険性をご紹介します。ホイールスペーサーはハブボルトやハブリングとの長さやサイズなど把握していないで取り付けを行いますと走行に弊害を起こす可能性が高くあります。スペーサーの差渦が合っていない場合に起こる危険なことは走行時にタイヤがはずれ走行不可能になることです。こんなことが高速道路など高速走行中に起これば大変な事故になってしまいます。また、タイヤと車体を支えるボルト部分に負荷がかかるためボルトが曲がるといった危険性もあります。それだけでなくホイールが外に出るということはボディに当たる可能性もあります。ボディとタイヤをツライチにして通常の走行なら問題はありませんが、段差などある場所を通過するときにタイヤがボディに擦れます。擦れることを繰り返しますとタイヤをいためることになりバーストの危険性も上がります。ホイールスペーサーは簡単にカスタマイズできるおすすめアイテムですが取り付け知識がなくては大変危険なアイテムとなります。

ホイールスペーサーの効果と選び方

51j3qunlfol
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51J3QuNlFoL.jpg
ホイールスペーサーを取り付けたいと思う方に選び方をご紹介します。ホイールスペーサーのサイズは1mm、3mm、5mm、8mm、10mmとありますが、基本的に安全に装着したいと考えている方は5mmがおすすめです。ホイールスペーサーをつける方はどうしてもツライチにしたいと考えている方が多くいます。ツライチにするために欲張って8mmや10mmを選ぶことが多いと思いますが8mm、10mmのホイールスペーサーは純正のハブボルトには適していないためタイヤナットを限界まで締めることが出来ず上記であげた危険を伴う事故に繋がることがあります。ホイールスペーサーの選び方はハブボルトハブリングとタイヤナットの関係性を見て購入しましょう。
Eb9d3b44766b293e577e2db292c89c5b
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/9d/3b/eb9d3b44766b293e577e2db292c89c5b.jpg

関連記事

8mm、10mmのホイールスペーサーという方へ

8mm、10mmのホイールスペーサーという方はハブボルト自体変更する必要があります。ハブボルトはブレーキ部分を解体するためカスタムショップなどにお願いしたほうが安全です。ハブボルト自体単価が安くカスタム工賃もあまりかかるものではありませんので、安全性とカスタムを両方兼ね備えるならロングタイプのハブボルトに変更することをおすすめします。ハブボルトを変更するとタイヤナットも限界まで締めることが出来ますので安心して走行が出来ます。
1f6defc4ebc32af37aaaec8f6d0480ed
引用: https://i.pinimg.com/564x/1f/6d/ef/1f6defc4ebc32af37aaaec8f6d0480ed.jpg

ホイールスペーサーとワイドトレッドスペーサー

81xra46 rzl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xRA46-rZL._SL1500_.jpg
ハブボルトやハブリングを変えるのが手間だという方におすすめするのはワイドトレッドスペーサーです。ワイドトレッドスペーサーはハブボルトの変更なく使うことが出来ますのでホイールスペーサーを購入するか迷っている方はワイドトレッドスペーサーをおすすめします。
9196w0bwu%2bl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/9196W0BWu%2BL._SL1500_.jpg

ホイールスペーサーがダメならワイドトレッドスペーサーを使用

51p05qjxb8l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51p05qjxb8L.jpg
ホイールスペーサーがダメならワイドトレッドスペーサーを使用をおすすめします。ホイールスペーサーを使用していてよくあることはツライチにしたくても5mmのホイールスペーサーではツライチにならないという場合が良くあります。そして、ツライチにするには8mm以上のホイールスペーサー必要だが自身では出来ないという場合にワイドトレッドスペーサーがあります。ワイドトレッドスペーサーはホイールスペーサーよりもタイヤを外に出すことが出来るアイテムでホイールスペーサーよりも価格は上がりますがホイールスペーサーよりもカスタムが楽しめます。
51mlwhavs5l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MlwHavS5L.jpg

ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果

41hijfjd2rl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41hIJfjd2rL.jpg
ワイドトレッドスペーサーはホイールスペーサーよりも安全に使用できるということで今人気のあるアイテムで車検にも対応したアイテムです。ワイドトレッドスペーサーはハブボルトにつけます。そしてワイドトレッドスペーサーから出ているハブボルトにタイヤを挿すのでタイヤナットを限界まで締めることが出来るアイテムです。
9177aejzrrl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/9177AejzRRL._SL1500_.jpg

ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と危険性

91kxnlvoxil. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91kxnLVoxiL._SL1500_.jpg
ワイドトレッドスペーサーはホイールスペーサーよりもタイヤナットを限界まで閉めることが出来ますので安全かと思われていますが、実はワイドトレッドスペーサーにも危険なことがあります。車に元々付いているハブボルトに延長してワイドトレッドスペーサーをつけるため元々付いているハブボルトにはかなりの負荷がかかります。そのため走行時にタイヤが外れるなどの弊害を招くことがあります。また、ワイドトレッドスペーサーはしっかりした製品なら1つ5,000円以上と高価格ですが、安い価格の製品もあります。安い製品を選びがちとなってしまいますが壊れ安かったりして弊害を招く恐れはさらに増しますので、ワイドトレッドスペーサーを選ぶ際は気をつけましょう。
61xgyvnhrzl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xgYVnHRzL._SL1000_.jpg

ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と選び方

61zhvo3fzhl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61zHvo3fZhL._SL1000_.jpg
ワイドトレッドスペーサーの選び方はまずは車のハブボルトハブリングに合ったものを選びます。そして、価格重視で選びましょう。というのもワイドトレッドスペーサーは色々ありますが、どのメーカーものが安全などというのは余りありません。そして取り付けも自分で行う場合は責任は自分にしかないため安いものを選んで事故すると言うのはバカバカしい話ですので、しっかりした製品を選ぶようにしましょう。製品によってはナットをしっかりと閉めるこおtが出来ないものなどあります。限界まで締めるものを選び基本的には車屋でカスタムしましょう。
41fgly5xzrl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41FGly5XzrL.jpg

関連記事

まとめ

ホイールスペーサーに関して参考になったでしょうか。ホイールスペーサーは簡単にかっこよくカスタム出来るアイテムですが危険もそれなりにあります。ハブボルト、ハブリングなどを確認して正しい付け方で安全に走行できるようにしましょう。ホイールスペーサーを取り付ける場合はショップで取り付けをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LCMxMtzVL.jpg