T07csxldcf6q19ztiauu

CATEGORY | 車

ホイールスペーサーは危険?効果や正しい取り付け&選び方をご紹介!

2018.06.23

ホイールスペーサーはご存知でしょうか。タイヤをもう少し出したいといったときに効果を発揮してくれるのがホイールスペーサーですが、ホイールスペーサの効果や危険もある弊害について正しい理解をしていない方のために取り付け方法をご紹介します。

目次

  1. ホイールスペーサーの効果
  2. ホイールスペーサーの効果メリットデメリット
  3. ホイールスペーサーの効果と取り付け方
  4. ホイールスペーサーの効果と危険性
  5. ホイールスペーサーの効果と選び方
  6. 8mm、10mmのホイールスペーサーという方へ
  7. ホイールスペーサーとワイドトレッドスペーサー
  8. ホイールスペーサーがダメならワイドトレッドスペーサーを使用
  9. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果
  10. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と危険性
  11. ホイールにワイドトレッドスペーサーの効果と選び方
  12. まとめ
51lcmxmtzvl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LCMxMtzVL.jpg

車をカスタムしている方はご存知のホイールスペーサです。ホイールスペーサーは車をカスタムするのに欠かせないアイテムですが、今現在つけている方これからつけようと思っている方は正しいつけ方や効果メリットデメリットはご存知でしょうか。ホイールスペーサの効果は車のドレスアップを簡単に出来るアイテムです。タイヤが車体の中にへっこんでいたらダサいですよね。そんなときに使うのがホイールスペーサーです。ホイールスペーサーは1mm、3mm、5mm、8mm、10mmという種類があります。タイヤのへっこみ具合を見てホイールとタイヤに合わせたホイールスペーサーを選ぶ必要があります。タイヤを出したい方はホイールスペーサを取り付け簡単ドレスアップを楽しみましょう。ですが、ホイールスペーサにはいいことだけではありません。

71svf7xw4ql. sl1010
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Svf7xw4QL._SL1010_.jpg
71kwd4a2ral. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Kwd4a2raL._SL1500_.jpg

ホイールスペーサは簡単ドレスアップを楽しめるアイテムですが、いいことだけではありません。そこで、ホイールスペーサーに関するメリットデメリットをご紹介します。ホイールースペーサーのメリットは簡単にしかもカスタムショップにお願いしなくても自分で取り付けカスタム出来ることです。そしてカスタマイズアイテムにするとアイテム費用も比較的安い価格で購入できるのもポイントです。また、つけるスペーサーによってツライチにも出来るのでタイヤのへこみがダサいと思っている方におすすめアイテムです。ホイールスペーサーのデメリットは取り付け方を間違ったりサイズを間違うと弊害が起こったり危険なことになります。ハブリングやハブボルトの長さとホイールスペーサーの長さが違うと走行に弊害をきたします。簡単にドレスアップできる優れたアイテムですが、簡単だからこそ危険が伴うものとなっています。そういった走行に弊害をきたすなどを考慮して正しい取り付け方を知っておきましょう。

31wzbrrveol
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31WzBrRVEOL.jpg
41e8dxgqd l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41e8DXGQd-L.jpg

ホイールスペーサーの取り付け方はご存知でしょうか。また、正しいつけ方と思っている方は本当に正しいつけ方なのでしょうか。ホイールスペーサーの正しいをご紹介します。間違ったつけ方をしていると弊害が起こりかもしれません。ホイールスペーサー取り付ける前にまずあなたの車とタイヤとハブボルトやハブリングを確認しましょう。タイヤと車のボディの隙間がどれだけ開いているかハブボルトやハブリングはどの長さかを確認します。まず、タイヤをどれだけ出した以下を確認しそれに見合ったサイズを選びます。平均的に5mmのホイールスペーサーが適しています。タイヤを外しホイールスペーサーを取り付けタイヤを付けてからハブボルトが限界まで閉めることが出来れば完成です。限界までハブボルトをしてることが出来ない場合はホイールスペーサーのサイズが合っていないということになります。限界まで閉めることが出来るホイールスペーサーを選び弊害なく安全走行できるようにしましょう。

1 / 4