2018年06月24日 UPDATE

WRX STIのカスタムパーツまとめ!内装の画像やカスタム中古車紹介

スバルの大人気スポーツセダンといえば、WRX STI。WRX STIといえば、内装や性能も含め、ハッチバックの本格スポーツカーとして現在も人気を集め、カスタムカーとしても注目を集めています。そんなWRX STIの外装や内装カスタム、中古車情報を画像付きで紹介。

目次

  1. スバルを代表するスポーツカーといえばWRX STI!
  2. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!①WRX STIのスペック
  3. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!②WRX STIはここに注目!
  4. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!③WRX STIのエクステリア
  5. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!④WRX STIの内装
  6. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑤WRX STI外装カスタム「エアロパーツ」
  7. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑥WRX STI外装カスタム「ホイール&タイヤ」
  8. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑦内装カスタム
  9. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑧WRX STIチューニングパーツ
  10. スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑨WRX STI中古車情報!
  11. スバルWRX STIまとめ

スバルを代表するスポーツカーといえばWRX STI!

スバルのWRX STIといえば、スバルを代表するセダンタイプで大人気の車です。最大の魅力は、その運動性能。とにかく早い。この一言こそが、WRX STIの最大の魅力です。セダンでありながら、最高レベルの運動性能持っている車、それこそがWERX STIなのです。
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/img02.jpg
WRXは、もともとインプレッサの中のスポーツ性の高い上位グレードとして設定されており、その名kでも最上級グレードにSTIの称号が与えられました。しかし、20148月、フルモデルチェンジに際してインプレッサから独立、WRXの名称が与えられました。
Photo2
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo2.jpg
ラリー感のつい車で、ラリーなどの競技にもピッタリくる車で、ライバルは三菱のランサーエボリューション(ランエボ)でした。現在はランエボが販売を終了したことで、WRXは確固たる地位を築き上げ、現在の日本国内では、独壇場となっているのです。
10401014 201508a
引用: https://catalogphoto.goo-net.com/carphoto/10401014_201508a.jpg
※画像はランサーエボリューション ファイナルエディション。

スバルWRX SRIのハッチバックについて

残念ながら、WRX STIにはハッチバックの設定はありません。誕生当初からセダンのみの設定になっています。ハッチバックはインプレッサWRX STIにはありましたが、フルモデルチェンジによりインプレッサからの独立と同時に、廃止となりました。
031a5528
引用: https://img1.kurumaerabi.com/image5/03/1a/55/031A5528.jpg
※画像はインプレッサWRX STI。

関連記事

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!①WRX STIのスペック

WRX STIは日本国内では現在も人気車種で、多くのファンから支持を集めています。もちろん、カスタムやチューニングカーとしても注目を集めています。しかし、かなりハイスペックな車ですので、カスタムやチューニングの前に、ノーマルでのスペックを把握しておきましょう。
Img01
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/gallery/img01.jpg
○スバルWRX STIスペック
全長×全幅×全高:4595×1795×1475mm
ホイールベース:2650mm
室内長×室内幅×室内高:2005×1490×1205mm
乗車定員:5名
エンジン型式:EJ20型
エンジン:水平対向4気筒DOHCインタークーラーターボ
Img01
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/driving/img/powerunit/img01.jpg
総排気量:1994cc(2.0L)
最高出力:308ps/6400rpm
最大トルク:43.0kgf・m/4400rpm
サスペンション:F ストラット式独立懸架 R ダブルウィッシュボーン独立懸架
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
トランスミッション:6MT
駆動方式:AWD(常時全輪駆動)
JC08モード燃費:9.4km/L
○スバルWRX STI新車販売価格
WRX STI:386万6400円
WRX STI タイプS:406万800円
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/driving/img/powerunit/img02.jpg
2.0Lクラスでの300psオーバーは、とにかく速いの一言。現在WRX STIは2つのグレード設定になっており、「STI」と「STIタイプS」が設定されています。といっても装備やオプション設定に違いはあるものの、スペック的な違いはありません。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!②WRX STIはここに注目!

現在の日本国内のラインナップされている車と比較しても、ずば抜けたスペックを与えられたのは、WRX STIです。そして、そのパワーを受け止めるために、WRX STIには、純正でも専用のブレーキキャリパーが与えられています。
Img03
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/gallery/img03.jpg
※画像は専用のブレンボ製ブレーキシステム。
また、ショックアブソーバも他車種とは区別されており、純正でありながらも専用のビルシュタインショックが装備されています。このことからも、WRX STIは、スバルにおいても特別な車であるということが分かります。
Equip pict 3
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/grade/img/grade2/equip_pict_3.jpg
※画像は専用のビルシュタイン製ショックアブソーバ。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!③WRX STIのエクステリア

WRX STIはのエクステリアは、ノーマルでもかなり攻撃的なデザインになっています。まず目に付くのは、ボンネットのエアダクト。大きく開けられたエアダクトは、最高のエンジンパフォーマンスを披露するために、多くのエアを取り入れることができます。
Img01
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/dealeroption/img01.jpg
バンパーはエアロフォルムバンパーが採用されており、サイドステップも装備されています。また、左右2本出しになっているマフラーが、WRX STIのスポーツ感を引き上げていることに加えて、スポーツ性能が発揮できる作りになっています。
Photo4
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo4.jpg
WRX STIは、セダンボディのみの設定となっており、インプレッサWRX時代はハッチバックタイプが存在しましたが、現行モデルではハッチバックタイプは存在しません。ちなみにハッチバックタイプはWRXではなく、レヴォーグSTIが最上級スポーツグレードとなっています。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!④WRX STIの内装

内装はシンプルな作りになっていますが、スポーツ感は非常についものを持っており、メーターカバーに描かれたSTIの文字が、強いインパクトを与えています。シートも専用の本革セミバケットタイプになっており、スポーツ感をより引き上げてくれているのが分かります。
Photo5
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo5.jpg
加えて、本革巻きのステアリングに、アルミと本革で構成されたシフト部分は、高級感さえ感じられます。内装を見ても、WRX STIは、特別な車であることを証明しています。この他、WRX STIタイプSでは、純正オプションのレカロシートも用意されています。
Img07
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/interior/img07.jpg
※画像はオプションのレカロシート装着車。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑤WRX STI外装カスタム「エアロパーツ」

外装のカスタムパーツとして、エアロパーツがあります。しかし、高性能スポーツをエアロカスタムするのであれば、やはりダウンフォースを抑えることが目的となります。ダウンフォースを抑えるものであれば、性能的にも純正のエアロパーツをおすすめします。
○画像1 純正オプション STIフロントアンダースポイラー
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/dealeroption/img02.jpg
○画像2 純正オプション STIサイドアンダースポイラー
Img03
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/dealeroption/img03.jpg
○画像3 純正オプション STIリヤアンダースポイラー
Img05
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/dealeroption/img05.jpg

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑥WRX STI外装カスタム「ホイール&タイヤ」

カスタムパーツとしても重要なアイテムといえば、アルミホイール。WRX STIの性能から考えても、19インチのアルミホイールを装着すれば、見た目だけでなく、良い意味で走行性能にも大きな影響を与えてくれます。
Equip pict 1
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/grade/img/grade2/equip_pict_1.jpg
※画像は純正オプションの19インチアルミホイール。
アルミホイールをインチアップすると、必然的にタイヤもインチアップしなければなりません。しかし、ハイパワー車には信頼度の高いタイヤが必要です。となると、国産のスポーティタイヤがおすすめです。
○ブリジストン ポテンザS001
Potenza s001
引用: https://tire.bridgestone.co.jp/search/images/tire/POTENZA_S001.png
○トーヨー プロクセスTスポーツ
Pxt1s main img
引用: http://toyotires.jp/images/catalog/catalog/pxt1s_main_img.png
○ダンロップ ディレッツァDZ102
Tyre
引用: https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/sport/dz102/img/size/tyre.png
国産のこのあたりのタイヤであれば、ストリートでもスポーティ走行でも、十分に対応できるタイヤです。車を運転するにあたって、命を預ける部分でもありますから、WRX STIの性能を受け止めるタイヤが必要です。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑦内装カスタム

WRX STIの内装は、ノーマルでも質感・スポーツ感を強く持っており、デザインの統一感にも優れています。ということで、無理にカスタムする必要はないと思いますが、どうしてもという方のために、一部ご紹介します。
○スバル 純正オプションレカロシート
Option pict 1
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/grade/img/grade2/option_pict_1.jpg
○デポレーシング 60mmブースト計 
Drj wa6001 1
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/drj_wa6001_1
レカロシートとブースト計で、スポーツ感がアップしますので、必要以上のカスタムは必要ないかもしれません。また、ブースト計はターボのチューニング車のコンディション確認には必須ですので、実用性も高いパーツだといえます。
Drnvautomesse ny2 2770 128 980x652
引用: https://dressup-navi.net/wp-content/uploads/2017/02/DrnvAutoMesse_NY2_2770_128-980x652.jpg
※画像は3連追加メータでカスタムした室内。
内装カスタムの注意点として、ステアリング交換はおすすめしません。というのも、内蔵されているエアバッグや、リモートコントラーが付いているためです。特にエアバッグは任意保険の割引にも影響しますので、もし交換するのであれば、エアバッグ対応のステアリングを選んでください。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑧WRX STIチューニングパーツ

スバルのWRX STIの場合、カスタムよりもチューニングといった方がピンときます。そこで、吸排気系チューンをしてみましょう。この吸排気系チューンだけでも、パワーやレスポンスがアップしますので、やってみてください。
○HKS スーパーターボマフラー
31029af013 2
引用: https://shop.r10s.jp/yatoh/cabinet/hks/31029af013-2.jpg
○ブリッツ SUSパワークリーナー
Suspower ttl
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_gold/carkichi/blitz/img/suspower_ttl.jpg?_ex=300x300&s=0&r=1
マフラーはチタンマフラーだと効果になりますが、ステンレスだと若干価格を抑えることができます。また、エアクリーナーはフィルター交換タイプだと安価なので、そちらもチェックしてみてください。

スバルWRX STIの外装・内装カスタム!⑨WRX STI中古車情報!

最後に、スバルWRX STIの中古車をご紹介しますが、にんきもでるということもあり、中古車市場での大幅な値下がりは、あまり期待できません。特に高年式では高めの価格設定になっているというのが現状です。
○スバルWRX STIタイプS
U00024246387 001l
引用: https://image.zigexn.jp/kuruma/filter/?width=630&height=472&quality=100&url=http://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/246/387/U00024246387/U00024246387_001L.JPG
年式:2016年 走行距離:14000km 車検:2019年7月
中古車両価格:355万円
○スバルWRX STIタイプS
Ud0024016203 001l
引用: https://image.zigexn.jp/kuruma/filter/?width=630&height=472&quality=100&url=http://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/016/203/UD0024016203/UD0024016203_001L.JPG
年式:2014年 走行距離:12000km 車検:2019年12月
中古車両価格:334万8000円
○スバルWRX STI
U00023930556 001l
引用: https://image.zigexn.jp/kuruma/filter/?width=630&height=472&quality=100&url=http://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/930/556/U00023930556/U00023930556_001L.JPG
年式:2017年 走行距離:15000km 車検:2020年3月
中古車両価格:339万9000円
WRX STIは、高年式だと中古車も高いようです。また、最初からハッチバックタイプはないので、中古車市場にもハッチバックタイプはありません。WRX STIの中古車では、カスタムしてあるものを探すには、台数があまり出回っていないようですので、自らカスタムするしかないかもしれません。

関連記事

スバルWRX STIまとめ

今現在、日本国内で販売されているこのタイプのスポーツカーは、WRXだけです。特に上位グレードとなるSTIは、最高のパフォーマンスを持っています。年齢とともにスポーツカーをあきらめてしまった方、家族ができたことでスポーツカーをあきらめてしまった方もいるはず。そんな方がいるのなら、WRX STIはいかがでしょう?
Photo9
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo9.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo13.jpg