2018年06月20日 UPDATE

WRX STI2018年E型情報!モデルチェンジ|価格|スペック|中古車まで

スバルの「WRX STI」はセダンの快適性と圧倒的な走行性能を併せ持つ人気のスポーツセダンです。そんな「WRX STI(E型)」は2018年にモデルチェンジを行いました。【価格|スペック|中古車|発売日】など2018年新型「WRX STI(E型)」を徹底解説。

目次

  1. スバルのスポーツセダン「WRX STI」
  2. 2018年に「WRX STI・E型」モデルチェンジ
  3. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】発売日はいつ?
  4. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】主要スペック
  5. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】エクステリア
  6. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】ボディーカラー
  7. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】インテリア
  8. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】価格
  9. 【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】中古情報
  10. 【WRX STI2018年E型情報!モデルチェンジ|価格|スペック|発売日|中古車まで】まとめ

スバルのスポーツセダン「WRX STI」

Photo1
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo1.jpg
WRXはスポーティーな走りができるセダンとして「スバルらしさ」を象徴するクルマです。「STI」の冠を与えられたWRX STIのスポーツ性能はワンランク、ツーランクも上がった圧倒的な走行性能を誇ります。エクステリアやインテリアも更にスポーティー、かつ上質に高められたWRX STIはクルマ好きにはたまらない完成度に仕上がっています。
“STI”が、走りだけでなく、存在として価値あるクルマであるために、エンジニアたちの深い想いが伝わるクルマでなければならないと考えている。長きにわたり進化を重ねてきた“STI”を、今こそ体感していただきたい。
引用元: www.subaru.jp

関連記事

2018年に「WRX STI・E型」モデルチェンジ

Photo11
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo11.jpg
WRX STIはビックマイナーチェンジを行った前回D型のモデルチェンジと比べて、今回E型へのモデルチェンジで行った変更点はあまり大きなものではないかもしれません。E型が最終型となり、フルモデルチェンジを行う可能性も含め、E型は控えめなモデルチェンジであったが、WRX STIの完成度が上がったことには変わりありません。主な変更点は、
・ハンドリング性能を向上させる「新電子制御マルチモードDCCD」
・サスペンションの設定最適化により、安定走行と乗り心地を向上。
・6速マニュアルトランスミッションのシフトフィーリング向上。
・オートビークルホールド(ブレーキホールドシステム)
・電動パワーステアリングの制御を最適化し、操作性能向上。
・ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ採用
・19インチアルミホイール&タイヤをType Sに標準装備
・ステアリング連動ヘッドランプ
・フロントビューモニター
・ルーフキャリアブラケット、メーカーオプションにサンルーフを追加
元のモデルから、随所に性能を高める細かい調整が見られます。では、2018年にモデルチェンジを行うWRX STI・E形の発売日はいつなのか?

関連記事

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】発売日はいつ?

Photo2
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo2.jpg
E型にモデルチェンジしたWRX STIの発売日がいつになるのか?気になる、発売日は2018年6月7日から日本での販売を開始します。ちなみに、スバルは毎年年次改良を行うので、WRX STIのモデルチェンジは毎年6月前後になることが多い。次回以降モデルチェンジを行った場合も発売日は6月頃になると思われます。

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】主要スペック

【WRX STI(E型)】の”ボディスペック”

【全長】・・・・・・・4595㎜
【全幅】・・・・・・・1795㎜
【全高】・・・・・・・1475㎜
【ホイールベース】・・2650㎜
【乗車定員】・・・・・5名
ボディスペックを見ると、日本にマッチしたボディサイズであることが分かります。例を出すと、トヨタのプリウスより少しだけ大きいというサイズ感です。しかし、WRX STIの押し出し感の強いワイドなフロントフェイスが、実際のボディサイズよりも迫力のある風格を出しています。また、スポーツカーなどでありがちな4人乗り仕様ではなく、スポーツセダンらしく5人乗りであるのも良いところ。
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/driving/img/sawd/img02.jpg

【WRX STI(E型)】の”エンジンスペック”

【エンジン】・・・・・DOHC 16バルブ デュアルAVCSツインスクロールターボ(EJ20型)
【総排気量】・・・・・1994cc
【最高出力】・・・・・227kw(308ps)/6400rpm
【最大トルク】・・・・422N・m(43.0kgf・m)/4400rpm
【燃費】・・・・・・・9.4km/L(国土交通省審査値)
STIは生粋のスポーツカーとも言えるハイスペックエンジンを搭載しています。ミッションは6MTのみ、駆動方式もAWD(常時全輪駆動)のみというストイックな設定。燃費は10km/Lを下回り、お世辞にも良いとは言えない。WRX STIはそれほどまでに「スポーツ」に特化している。
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/driving/img/powerunit/img02.jpg

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】エクステリア

Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/img02.jpg
モデルチェンジ前は野暮ったいとも言われていたフロントフェイスも、E型になり、迫力は残しつつもスポーティーな端整な顔立ちになりました。
Img03
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/img03.jpg
リアビューはこのように、大型スポイラーと4本出しマフラーが印象的で、WRX STI(E型)がスポーツカーであることを再確認させられます。もちろんリアスポイラーなどは「見た目だけ」ではなく、スバルらしい走りにこだわった設計のもとでデザインされています。※リアスポイラーはメーカーオプション。
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/gallery/img02.jpg
マイナーチェンジによって19インチの大型ホイールにインチアップ。スポーティーかつスタイリッシュな印象を与えます。※グレードType Sに標準装備。
Img07
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/gallery/img07.jpg
今回のモデルチェンジで電動チルド&スライド式のサンルーフを追加。今までは設定されていなかったので、サンルーフ好きには嬉しい変更。

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】ボディーカラー

【WRX STI(E型)】アイスシルバー・メタリック

Img01
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img01.jpg

【WRX STI(E型)】クリスタルホワイト・パール

Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img02.jpg
※(32,400円高・消費税8%込)

【WRX STI(E型)】ダークグレー・メタリック

Img03
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img03.jpg

【WRX STI(E型)】クリスタルブラック・シリカ

Img04
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img04.jpg

【WRX STI(E型)】ピュアレッド

Img05
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img05.jpg

【WRX STI(E型)】WRブルー・パール

Img06
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/exterior/bodycolor/img06.jpg

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】インテリア

Img01
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/interior/img01.jpg
モデルチェンジ後、ブラック調のインテリアパーツを採用したことで、インテリアの質感がアップ。セダンとして上質感も感じられる。また、ウィンドウの見直しで静寂性と振動軽減も向上されています。
Img02
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/interior/img02.jpg
随所に「赤」が使われ、スポーツ心をくすぐる演出がなされている。
Img06
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/design/img/interior/img06.jpg
レカロ社と共同開発したWRX STI専用シート。グレードType Sには「運転席シートポジションメモリー機能」「運転席10ウェイ&助手席8ウェイパワーシート」がメーカーオプションで選択できる。

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】価格

【WRX STI(E型)】の価格

【WRX STI(E型)の新車価格】3,866,400円(消費税8%込)
Photo12
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo12.jpg

【WRX STI(E型)Type S】の価格

【WRX STI(E型)Type Sの新車価格】4,060,800円(消費税8%込)
Photo13
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo13.jpg

【2018年WRX STI(E型)・モデルチェンジ情報】中古情報

Photo10
引用: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo10.jpg
WRX STI・E型の発売日を考えると中古価格はまだ、新車と大差ない価格になってしまいます。では、過去のモデルはどうなのかというと、「WRX STIの中古価格は過去モデルでも高い」です。圧倒的な動力性能を考えると仕方のないことかもしれません。しかし、中古価格が高いということはリセール価格も良いという意味にもなるので、大事に乗っていれば高額中古査定に期待できます。

【WRX STI2018年E型情報!モデルチェンジ|価格|スペック|発売日|中古車まで】まとめ

WRX STI2018年E型はスポーツセダンとして着実に進化していると感じさせるモデルチェンジを続けています。特に「走り」にこだわった性能アップが多く、スバルの走りのこだわりとSTIブランドとしての意地を感じます。WRX STIはスポーツ心を忘れられない”大人な男”にピッタリなクルマです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.subaru.jp/wrx/sti/content/special/img/photo/photos/photo1.jpg