Ewiqvqszq7feydeyidgm

メニュー

CATEGORY | メニュー

筋トレダイエットの方法!効果的なメニューや食事。有酸素運動は必要?

2018.06.19

ダイエットの情報を集めている人なら、筋トレダイエットの話を聞く人も多いのではないだろうか?有酸素運動も取り入れたダイエットは、食事制限と期間を定めてメニューをこなせば、高い効果が得られる。効率よくダイエットを行うための筋トレダイエットの知識をご紹介しよう!

目次

  1. 食事制限や期間を設けてメニューをこなす!有酸素運動もある筋トレダイエットとは?.
  2. どうして筋トレダイエットは効果が高いのか?
  3. 筋トレダイエットに必要な有酸素運動による脂肪燃焼のメカニズム
  4. 筋トレダイエットに必要な筋力トレーニングは代謝を上げてくれる
  5. 効率よく筋トレダイエット!脂肪燃焼に焦点を当てた、特定の部位の筋力トレーニングとは?
  6. 筋トレダイエットで優先的に鍛えたい筋肉部位その1:大胸筋
  7. 筋トレダイエットで優先的に鍛えたい筋肉部位その2:太腿筋
  8. 筋トレの後は有酸素運動!筋トレダイエットでの有酸素運動とそのコツとは?
  9. 筋トレダイエットにおける有酸素運動のコツその1:有酸素運動を続ける時間
  10. 筋トレダイエットにおける有酸素運動のコツその2:鍛えた筋肉を使った有酸素運動
  11. 筋トレダイエットでの食事について
  12. 筋トレダイエットをマスターして、食べても痩せやすい体づくりを行おう!
Man training in fitness studio 1296 387
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-training-in-fitness-studio_1296-387.jpg

期間を決めてダイエットをすでに始めている人や、これからダイエットを行おうと思っている人なら、筋トレダイエットについて聞いたことがある人も多いのではないだろうか?水泳やジョギングなどの有酸素運動に比べれば、筋肉トレーニングでのダイエットは、そんなに汗もかかないし、心肺機能も使わないのでダイエットに不向きと思われがち。

Screaming bald man lifting dumbbell 23 2147687629
引用: https://image.freepik.com/free-photo/screaming-bald-man-lifting-dumbbell_23-2147687629.jpg

ところが、筋トレと有酸素運動を組み合わせてトレーニングを行えば、これほど効率のいいダイエット方法はないだろう。果たして、どんな順番でメニューをこなせば効率がいいのだろうか?また、食事の制限や期間、有酸素運動のやり方などはあるのだろうか?気になる筋トレダイエットのポイントをチェックしてみよう!

関連記事

Muscular man looking dumbbell 1163 796
引用: https://image.freepik.com/free-photo/muscular-man-looking-dumbbell_1163-796.jpg

筋トレと有酸素運動を取り入れたダイエットは効率がいいと言われており、実際に行っている人も多いだろう。なんとなく体に良さそうなのはわかるが、有酸素運動で心肺機能をフル活用して運動をしたほうが早く痩せれるような気になってしまう。

Young bodybuilder using fitness equipment 1163 3568
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-bodybuilder-using-fitness-equipment_1163-3568.jpg

しかしながら、実際には脂肪が燃焼するのは有酸素運動のほうだ。筋力トレーニングなどの無酸素運動では、脂肪が燃焼するということはない。なぜなら、筋力トレーニングでは、体内のエネルギーとして、脂肪ではなく糖質を使用するからだ。それによって、筋力トレーニングで直接痩せられるという理論は成り立たないことになる。

Young bodybuilder with muscular arms 1163 3563
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-bodybuilder-with-muscular-arms_1163-3563.jpg

有酸素運動は、先ほども申し上げた通りだが、直接脂肪を燃焼してくれる。しかし厳密には、有酸素運動時に身体が使っているエネルギーは「脂肪と糖質」なのだ。有酸素運動におけるエネルギー消費は、この両者1:1の割合で進むので、ハードなジョギングや水泳を行うことで、脂肪と糖質の高いエネルギーを消費することになる。

Muscular man lifting a barbell in fitness center 1163 3549
引用: https://image.freepik.com/free-photo/muscular-man-lifting-a-barbell-in-fitness-center_1163-3549.jpg

しかしながら、有酸素運動は心肺機能が鍛えられる分、ハードな運動であることに間違いはない。また、メニューを考えたところでずっと走ったり、泳いだりすることもできないので、脂肪を燃焼したいからといって2時間も3時間も有酸素運動をするわけにはいかないのが実際のところ。そこで登場するのが筋力トレーニングだ。

1 / 3