Fgvscnuhklmbo6uxoa2q

CATEGORY | 車

フロントスタビライザーの効果は?外す・リンク交換についても解説!

2018.06.15

コーナーリング時、車体の傾きを少なくしてより快適な足回りを求めるなら、フロントスタビライザーを検討されてはいかがでしょうか。ここではフロントスタビライザーの効果や特徴、リンクなどのの交換・外す方法、またフロントスタビライザー付きの軽自動車までご紹介します!

目次

  1. そもそもフロントスタビライザーとは・・・??
  2. フロントスタビライザーのデメリットとは?
  3. フロントスタビライザーを交換するタイミング
  4. フロントスタビライザーを外す時の工具
  5. フロントスタビライザーの外し方①.ジャッキアップする
  6. フロントスタビライザーの外し方②.スタビリンクの下ナットは内側にある
  7. フロントスタビライザーの外し方③.新しいスタビリンクを仮で取り付ける
  8. フロントスタビライザー交換の注意点
  9. フロントスタビライザーが付いている軽自動車は?
  10. フロントスタビライザーの効果は?外す・リンク交換についても解説!のまとめ
Img sway bar01 l
引用: http://www.pitoff.jp/wp-content/uploads/2015/01/img_sway_bar01_l.png

スタビライザーは略して「スタビ」と呼ばれたり、別名「アンチロールバー」と呼ばれたりしています。スタビライザーは走りにどのような効果をもたらすのかを見ていきましょう。

スタビライザーはロールを抑える効果がある。

Imgrc0065454564
引用: https://shop.r10s.jp/chargespeed/cabinet/imgrc0065454564.jpg

ロールとは車の傾きのこと。コーナーリング時にロールを抑え、車体を平行に保つことができるので、安定した走りを実現させることができます。

例えば左に曲がる時・・・

Thumb5
引用: https://photo1.ganref.jp/photo/0/760232c7778397e1a83730eb980d450d/thumb5.jpg

左に曲がる時、当然ハンドルは左に切ります。その時、重力が右に働くので車は右に傾きます。この傾きを「ロール」と言いますが、車が右にロールする、ということは、右のスプリングは縮みます。逆に、左のスプリングは伸びた状態となっています。そんな時、フロントスタビライザーは左のスプリングを右のスプリングと同じように縮めさせる働きをします。このように車体を平行に保ち、走りを安定させるという効果があるのです。

関連記事

より快適なコーナーリングを実現してくれるフロントスタビライザー。車のカスタムパーツとしても人気がありますが、フロントスタビライザーを取り付けることでどのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

フロントスタビライザーは常に働いている

049
引用: https://blog-imgs-91.fc2.com/t/u/r/turtletokorozawa/049.jpg

コーナーリング時に車体を安定させる効果のあるフロントスタビライザーは、フラットな路面を直進走行する時は何も効果を発揮しません。しかし、「フラットな路面を直進走行してばかり」なんてことはありません。少なならず段差はあるものです。ということは、「スタビライザーは常に効果を発揮している」ということなのです。

フロントスタビライザーが原因で、より傾いてしまう場合がある。

Careful13
引用: http://qa.jaf.or.jp/uploads/questions/img/careful13.jpg

例えば、直進走行時に片輪が段差に乗った時、スプリングが縮みます。するとフロントスタビライザーが働いてもう片方のスプリングも縮みます。ということは、より一層車体が傾いてしまう、ということになります。安定したコーナーリングには効果的なスタビライザーも、直進時の段差には弱いのです。この効果が気になる時はスタビライザーを外すことを検討されるのもいいですが、先にスプリングを見直すことをおすすめします。

1 / 4