2018年02月07日 UPDATE

ジャケットをカジュアルに着こなすためには?ポイントとおすすめアイテム12選

カジュアルなジャケットコーデはさわやかで清潔感があり、女性からも安定の人気を誇っています。ジャケットをおしゃれに着こなしたいメンズへ、基本アイテムでの定番組み合わせをアドバイス。カジュアルだけどキマっている、そんな着こなしをぜひ参考にしてください。

目次

  1. カジュアルなジャケットの特徴
  2. なぜメンズにはカジュアルなジャケットが必要なのか
  3. カジュアルなジャケットにおすすめの生地
  4. 着こなしの基本は定番アイテムを組み合わせること
  5. 定番の組み合わせ① ジャケットとTシャツ
  6. 定番の組み合わせ② ジャケットとボーダーシャツ
  7. 定番の組み合わせ③ ジャケットとチェックシャツ
  8. 定番の組み合わせ④ ジャケットとパーカー
  9. 定番の組み合わせ⑤ ジャケットとウールパンツ
  10. 定番の組み合わせ⑥ ジャケットとジーンズ 
  11. 定番の組み合わせ⑦ ジャケットとチノパン
  12. 定番の組み合わせ⑧ ジャケットとスキニーパンツ
  13. 定番の組み合わせ⑨ ジャケットとワイドパンツ
  14. 定番の組み合わせ⑩ ジャケットとハーフパンツ
  15. 定番の組み合わせ⑪ ジャケットとスニーカー
  16. 定番の組み合わせ⑫ ジャケットと靴下
  17. まとめ

カジュアルなジャケットの特徴

メンズにもレディースにも人気のカジュアルなジャケット。同じジャケットでも、カジュアルなジャケットとはどのようなジャケットを言うのでしょうか。

スーツよりもツヤがなく、分厚め

21820885 b 08 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/885/21820885/21820885_B_08_500.jpg
スーツに使われている素材は薄いものが多く、どちらかというとツルツルとした手触りが特徴です。カジュアルなジャケットはナチュラルな素材感のものが多く、柔らかくあたたかな質感があります。

スーツよりも肩のラインが柔らかい

21820885 b 49 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/885/21820885/21820885_B_49_500.jpg
スーツは肩パッドが入っているのでパリッとしたシルエットが印象的ですが、カジュアルなジャケットは肩パットが入っていないのでラインがソフトなものが多いです。

上下がセットで売られているものはスーツ

25863498 b 08 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/498/25863498/25863498_B_08_500.jpg
スーツは上下セットで売られているものがほとんどですが、カジュアルなジャケットは単品で売られています。ですので、インナーシャツやパンツ、バッグや靴などのセレクトにセンスが問われます。

なぜメンズにはカジュアルなジャケットが必要なのか

カジュアルなジャケットが持つ強みは、「カジュアルだけどドレス的な要素もある」ってところではないでしょうか。パサっと羽織れば大人びたクールな着こなしが可能です。ジャケット着用が義務づけられているレストランにも慌てることなく入店できるので、ドレスコードを気にせずにデートを楽しめるのもメンズとしては魅力的です。

ドレスコードのスマートカジュアルとは

20171226125658630 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hintn2/20171226125658630/20171226125658630_1000.jpg
ドレスコードとは服装規定のこと。一般的にフォーマル・インフォーマル・スマートカジュアルの3種類があります。スマートカジュアルの定義は様々ありますが、ノーマルな普段着の上にジャケットを羽織ればそれだけでスマートカジュアルな組み合わせとなります。

カジュアルなジャケットにおすすめの生地

ブランドや色、手触りなど、ジャケットに使われる生地には様々な種類があります。数ある生地の中から季節感に適した生地をおしゃれに着こなしたいですね。

コットン

18415956 b 13 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/956/18415956/18415956_B_13_500.jpg
カジュアルな雰囲気をナチュラルに出してくれる、馴染み深い生地がコットン。吸湿性がよく軽い着心地が人気の理由。春や秋のドレスアップにおすすめしたい生地です。

27755789b b 03 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/789/27755789/27755789B_b_03_500.jpg
水に強く清涼感のある素材が麻。吸汗性や速乾性に優れ、手軽に洗濯もできるし、シワもまた麻ならではの味です。初夏のジャケットコーデに1着用意しておくと便利な素材 の1つです。

ウール

23512893 b 07 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/893/23512893/23512893_B_07_500.jpg
体温の逃さないウール生地は冬のマスト素材。撥水性があるので急な悪天候でも安心。シワになりにくいのも扱いやすくていいですね。ただ少し重たく分厚いタイプが多いので、着太りしない着こなしを意識しましょう。

ツイード

24570737b b 24 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/737/24570737/24570737B_b_24_500.jpg
秋冬のメンズジャケットにおいて外せない生地といえばスコットランド生まれのツイード。太く短い羊の毛で作られたツイードは保温性が高く、大変の丈夫な生地として有名です。品質の良いツイードジャケットを購入すれば一生モノのアイテムとして長く着続けられるでしょう。

スウェット

24127781b b 03 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/781/24127781/24127781B_b_03_500.jpg
ラフなスポーツウェアとしておなじみのスウェット。吸水性がよく、柔らかくよく伸びます。もちろん洗えます。スウェットの柔らかく滑らかな質感はカジュアルなジャケットコーデにはもってこいですね。

着こなしの基本は定番アイテムを組み合わせること

定番のアイテムを着こなしてこそ、おしゃれなメンズの仲間入り。定番アイテムと呼ばれるものは、シンプルなデザインのものがとても多いですね。シンプルだからこそ大切にしたいのが、「自分の体に合ったものを組み合わせる」という鉄則です。

定番の組み合わせ① ジャケットとTシャツ

20170919192608407 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/1l952d/20170919192608407/20170919192608407_1000.jpg
ネイビージャケットに白ティーは基本中の基本と言えるジャケットコーデ。おまけにデニムに黒の革靴と基本を重ねたらパーフェクトの基本着こなしが完成します。これを超えるシンプルさと、かつハイセンスな着こなしが他にあるでしょうか。
白いTシャツでも、薄くてペラペラした「下着感満載のTシャツ」はダサすぎ。ナイロン素材が入ったものや、シワになりにくい厚手のTシャツを組み合わせるのがおすすめです。

定番の組み合わせ② ジャケットとボーダーシャツ

20161014201936743 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/0m4wem/20161014201936743/20161014201936743_1000.jpg
カジュアルなジャケットでのセットアップコーデでおすすめしたい着こなしは、インナーにボーダーシャツの組み合わせ。無地ではないが派手ではない、それでもちゃんと主張する柄がボーダーです。嫌味なく上品でキュートなコーデは女性にも大人気です。
ちなみに、占い師でおなじみのゲッターズ飯田さんは「ボーダーを着る女性はモテない」と言っていたとか。

定番の組み合わせ③ ジャケットとチェックシャツ

Taig4nv8bzhl23xnqlgn
引用: http://i7.wimg.jp/people/people/298603/article/6153648.pimg?r=auto&w=1000&h=&ob=CM&e=yes
ジャケットコーデの外しアイテムとしておすすめしたいアイテムがチェックシャツ。カジュアルでありながら英国紳士の香りも漂うおしゃれな着こなしです。
ちなみに。理系大学生はチェックシャツを好む・・・ってホント!?

定番の組み合わせ④ ジャケットとパーカー

16123982b 18 d 215
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/982/16123982/16123982B_18_D_215.jpg
カジュアルなジャケットにカジュアルなパーカーは子供っぽく感じてしまう人もいるかも。でも、その「くずし感」がおしゃれな「こなし感」を際立たせてくれるかも。ライトな組み合わせとしておすすめです。
ドレス要素7に対してカジュアル要素3がメンズファッションの基本と言われています。パーカーでカジュアルを強調しすぎていると感じたら別のコーデを検討するのも賢い選択かもしれません。

定番の組み合わせ⑤ ジャケットとウールパンツ

20161230213022752 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/boc75z/20161230213022752/20161230213022752_1000.jpg
カジュアルなジャケットスタイルに声をあげておすすめしたい極上の着こなしがウールパンツ。迷ったらウールパンツで間違いなし。基本中のど基本なのでぜひすぐに実践してみてください。

定番の組み合わせ⑥ ジャケットとジーンズ 

20160909033750121 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/rdx803/20160909033750121/20160909033750121_1000.jpg
ボトムの定番であるジーンズとジャケットの組み合わせはシンプルで大人っぽいですね。軽くロールアップさせて程よくカジュアルな着こなしがおすすめです。

定番の組み合わせ⑦ ジャケットとチノパン

20170702041133393 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/7zfb05/20170702041133393/20170702041133393_1000.jpg
スラックスとは違ったカジュアルさが魅力のチノパン。ジーンズと同じくロールアップさせることでさらにカジュアルな着こなしを演出できます。

定番の組み合わせ⑧ ジャケットとスキニーパンツ

20161120113652626 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/vo7ko0/20161120113652626/20161120113652626_1000.jpg
カジュアルなジャケットスタイルも、ある程度上品さを崩したくない場合はスキニーパンツがおすすめ。シルエットをスリムに見せることでモードスーツ的でクールな着こなしが可能です。

定番の組み合わせ⑨ ジャケットとワイドパンツ

20170807220833686 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/wbvlmj/20170807220833686/20170807220833686_1000.jpg
ゆったりリラックスしたワイドパンツとジャケットの組み合わせは今っぽい「脱力系カジュアル」を引き立たせることができます。

定番の組み合わせ⑩ ジャケットとハーフパンツ

20150922133359146 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/n7jy1j/20150922133359146/20150922133359146_1000.jpg
どちらかというと「ダサかっこいい」とカテゴライズされがちなジャケットとハーフパンツの組み合わせ。タイトすぎず、ルーズすぎず、センスとバランス感覚が問われる上級者向けのコーデです。

定番の組み合わせ⑪ ジャケットとスニーカー

20171226182630346 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x510z5/20171226182630346/20171226182630346_1000.jpg
間違いなくおしゃれにキメるなら革靴が基本ですが、カジュアルなスタイルならスニーカーもおすすめです。ローテクかハイテクかで言えばローテクが無難。色に迷ったら、迷わず白がおすすめです。

定番の組み合わせ⑫ ジャケットと靴下

おしゃれなメンズはいかなる時も靴下まで抜かりなし。カジュアルなジャケットスタイルには色も大切ですが、丈の長さに気を配りましょう。おしゃれの基本は足元のチラリズムからです。

ショート丈

20160211203041230 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/2gjj0b/20160211203041230/20160211203041230_1000.jpg
カジュアルなジャケットスタイルにスニーカーを組み合わせる時は、くるぶしまで見せるショート丈の靴下がおすすめです。

ミドル丈

20171229140612586 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/yz0q3c/20171229140612586/20171229140612586_1000.jpg
様々なシーンに合わせやすいミドル丈の靴下。大きめのしっかりとした革靴には素肌を見せない長さの靴下を組み合わせるのがスマート。中途半端な位置からチラチラ見えるスネ毛は女性の大敵だそうですよ。

ソックスインにもチャレンジしよう

20140929172104333 1000
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/t9rzxy/20140929172104333/20140929172104333_1000.jpg
賛否両論の絶えないソックスインの世界へようこそ。あえて強いて言うなら、若者向けのコーデと言えるかもしれません。渋みを効かせたいナイスミドルにはちょっとキツいかもしれません。

まとめ

手軽に羽織っておしゃれになれる便利なジャケット。シンプルにスマートさを追求するのもアリですし、誰も組み合わせていない新たな着こなしにチャレンジするのもアリ。色々な組み合わせを考えて、カジュアルなジャケットの着こなし探しをぜひ楽しんでください。