2018年06月13日 UPDATE

稲垣足穂おすすめ書籍/詩!弥勒・一千一秒物語・a感覚とv感覚など!

稲垣足穂といえば小説家ですね。知る人は知る有名小説家おすすめの書籍は一千一秒物語、弥勒、a感覚とv感覚、タルホ神戸年代記など後は詩集が有名ですね。稲垣足穂のおすすめの書籍はどのような内容なのか?興味を持っている人も多いと思いますのでご紹介します。

目次

  1. 稲垣足穂のおすすめの書籍【弥勒】
  2. 稲垣足穂のおすすめの書籍【一千一秒物語】
  3. 稲垣足穂のおすすめの書籍【a感覚とv感覚】
  4. 稲垣足穂のおすすめの書籍【タルホ神戸年代記】
  5. 稲垣足穂のおすすめの書籍【まとめ】

稲垣足穂のおすすめの書籍【弥勒】

Epson449
引用: http://image1.shopserve.jp/kosyo-doris.com/pic-labo/llimg/EPSON449.JPG
稲垣足穂とは小説好きの方にはご存知の方も多いかと思います。大正時代末期から昭和後期の小説家です。作品は弥勒、一千一秒物語、a感覚とv感覚、タルホ神戸年代記や詩集などがありますが、まずは弥勒からご紹介します。弥勒【みろく】は稲垣足穂の自伝的小説といわれている作品です。また、この弥勒は私立探偵マイクというタイトルで映画化もされており人気の作品のようです。その他にも稲垣足穂は詩集なども出しています。有名作品は他にもたくさんあり現代にいたっても小説ファンの方たちはよく読まれている方が多いです。
51jctxh5j9l. sx356 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JCTXH5J9L._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
昔の小説は固い内容が多いイメージがどうしてもありますね。しかし、内容が真実味があるものも多いのも昔の作家の小説には多いです。弥勒はどのような小説かは読んでからのお楽しみですね。

関連記事

稲垣足穂のおすすめの書籍【一千一秒物語】

51fajgfjg9l. sx328 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FAJGFJG9L._SX328_BO1,204,203,200_.jpg
一千一秒物語は稲垣足穂の代表的な小説で稲垣足穂がまだ小説家として活動していない時期から稲垣足穂が書き始めたものであります。一千一秒物語は短い小説であり何話も話が書かれている。内容はファンタジックであると話題にもなっていましたので若い世代でも当時は注目していたようです。1957年に一千一秒物語を改定しており改定後は70編の話に分けられており1冊の一千一秒物語として納められています。
Images?q=tbn:and9gcszgxxiqak9lu ewk0gacetr5gzsapa12kwijpf8d bg0ijrr2xuw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSzgXxiqaK9lu_EWK0gAcetR5GzSapa12kwIJPf8d_BG0IJrr2Xuw
現代の平成時代では普通の小説のようにも感じますが大正時代に書かれたと思えないファンタスジックで内容も楽しくておすすめですね。

稲垣足穂のおすすめの書籍【a感覚とv感覚】

Bk0757
引用: https://synchronized.jp/wp/wp-content/uploads/2010/10/BK0757.jpg
稲垣足穂の次に有名な小説はa感覚とv感覚です。a感覚とv感覚は稲垣足穂の独自の一元的エロス論で評価が得られていたようです。稲垣足穂の小説は全てが夢がある話にもなっていて現代で要んでいると本当に大正時代の人??と思うこともありますね。a感覚とv感覚は短編ですが全部で40編にも収録されておりよく読んでいくと充分に楽しめる本になっているようです。
Be819bd4535d90b58bcc5183aafeef3d
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/40/be819bd4535d90b58bcc5183aafeef3d.jpg
稲垣足穂の作品は映画化にもなっていることもあり注目もされている小説です。漫画みたいな小説もありますがこの小説になると真剣みが増して読み行ってしまうでしょう。

稲垣足穂のおすすめの書籍【タルホ神戸年代記】

9784476031591
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/1591/9784476031591.jpg
稲垣足穂のおすすめの小説で次はタルホ神戸年代記です。タルホ神戸年代記は色々とシリーズがあるようでタルホ大阪、明石年代記という小説もあり色々と内容も深くかかわりがあるようですね。まずはタルホ神戸年代記から読んでみて関連小説を読み始めるといいでしょう。タルホ神戸年代記の簡単な内容はタルホの在学中のお話のようです。
Nsts 07134 3
引用: https://nostos.jp/wp-content/uploads/2018/05/nsts-07134-3.jpg
タルホが在学中から卒業までどのような暮らしをしてきたのであろう。とか単純な内容ではなく読んだ方の感想では楽しい、面白い、と評判高い小説です。

関連記事

稲垣足穂のおすすめの書籍【まとめ】

稲垣足穂のおすすめ書籍をご紹介するとタルホ神戸年代記が面白いようですが神戸漫談や色々と楽しめる内容が目白押しのようです。まず稲垣足穂が大正時代末期から昭和の小説家ということで自分の生きざまを参考にしたものからちょっと夢があるお話とか面白おかしく表現して人気があるようです。小説を普段から読んでる方は一度は聞いたことがあるかもしれませんね。
稲垣足穂の小説のあらすじの情報量はとても少ないため自分で小説を読んでみるしかないですね。どの小説も時代がとかは関係なくい万お時代として置き換えてみることも楽しみですね。小説を読んでいるとどっぷりと小説に、はまり込み頭の中は稲垣足穂ですね。時代が違う作家さんの小説を読むには色々と風習の違いなどで理解するまでが大変でしたが慣れてくると普通ですね。小説ファンもたくさん見られているようですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/79/Inagaki_Taruho.JPG/250px-Inagaki_Taruho.JPG