Xaoerqhjtftydpxngwuh

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

腹筋のやり方を解説!効果的に鍛えるトレーニングメニュー6選!

2018.03.16

どのような腹筋トレーニングのやり方が効果的なのでしょうか。おすすめな筋トレ方法はこれです。みなさんが想像している以上、腹筋の鍛え方にはいろいろなものがあります。みなさんにとって一番、自宅でできて効率のいい腹筋のやり方を考えてみましょう。

目次

  1. 腹筋のトレーニングのやり方
  2. 腹筋とは
  3. 腹筋トレーニングの効果
  4. スポーツパフォーマンスの向上させるため
  5. 腰痛を改善したい
  6. 初心者向き腹筋トレーニングのやり方:シットアップ
  7. 初心者向け腹筋トレーニングのやり方:クランチ
  8. 初心者向け腹筋トレーニングのやり方:ツイストクランチ
  9. 初心者向け腹筋トレーニングのやり方:レッグレイズ
  10. 上級者向け腹筋トレーニングのやり方:Vシット(上級者向け)
  11. 上級者向け腹筋トレーニングのやり方:シッティングレッグキック
  12. まだまだ他にもいろいろ腹筋トレーニングのやり方がある

いろいろな腹筋トレーニングのやり方があります。その中で、一番自分自身にマッチングしている効果的方法をマスターしてください。そこには、初心者の人たちが効果的にトレーニングできるおすすめなものや、上級者向きの腹筋トレーニングのやり方などいろいろなものがあります。

そもそも、みなさんが関わる腹筋とは、お腹にある筋肉の総称です。腹筋には、具体的には、割れている筋肉である腹直筋、そして脇腹に存在している外腹斜筋、外腹斜筋の深部にある内腹斜筋、コルセットのようにお腹周りをぐるっと囲っている腹横筋で構成されています。様々な腹筋トレーニングのやり方によって、刺激が違い、ターゲットにしている部分に合う選択をするようにしたいものです。例えば、上半身を起こしたり脚を上げ下げする腹筋では、腹直筋に効果的でありおすすめです。更に捻りを加えた腹筋は、外腹斜筋や内腹斜筋に効果的であり、お腹をへこませたり、ぐっと力を入れるような動作は腹横筋に多くの刺激を与えることができおすすめです。

腹筋トレーニングをおこなうことで、引き締め効果を期待することができるでしょう。お腹という場所は、有酸素運動を行って、体脂肪を燃焼することによって、ある程度へこますことが可能です。しかし、それと同時に筋トレを並行して行うことに大きな意味があります。そのような腹筋トレーニングのやり方によって、より引き締め効果を期待することができます。 腹筋という場所は、日常生活では、なかなか刺激を受ける量が少ないため、みなさんが、意識して、腹筋トレーニングのやり方と向きあわなければ、強化ができないとも言われています。そして、みなさんが腹筋トレーニングとしっかり向きあうことをしないと、内蔵を支える力がどんどん低下してしまうことで、お腹ぽっこりの原因となってしまうでしょう。

関連記事

%e3%83%aa%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%892
引用: http://studiotolkki.com/wp-content/uploads/2017/07/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%892.jpg

腹筋を効果的にトレーニングすることは、スポーツパフォーマンスを発揮するうえで重要なことともいうことができます。 ここは、上半身と下半身をつなぐ体幹部であり、その部分が弱いと、あなたの力を上手く腕や脚に伝達することができないことが起こります。せっかくパワーがあるというのに、上手く伝えられず低下してしまうことがあります。 ですから、スポーツパフォーマンスを高めたいと思っている人たちは、しっかり、腹筋トレーニングのやり方を注目する必要があります。

1 / 4