Hyvnvqtagcxe7gitvzcv

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

市川拓司の書籍おすすめ|新作私小説/mm/や映画化の恋愛寫眞など!

2018.06.14

市川拓司といえば様々な恋愛小説を書かれている小説家でもありますが、そんな市川拓司の書籍の中でもどれがおすすめなのかわからないという方もいると思います。そこで今回は市川拓司に注目して、おすすめの『私小説』『mm』『恋愛寫眞』などの書籍を徹底的に紹介していきたいと思います。

目次

  1. 市川拓司とは一体どんな作家なの?
  2. 市川拓司のおすすめ代表作の書籍もチェック
  3. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】いま、会いにゆきます
  4. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】ねえ、委員長
  5. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】そのときは彼によろしく
  6. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】Separation―きみが還る場所
  7. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】こんなにも優しい、世界の終わりかた
  8. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】世界中が雨だったら
  9. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 VOICE
  10. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 弘海 -息子が海に還る朝
  11. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 ぼくの手はきみのために
  12. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 ぼくらは夜にしか会わなかった
  13. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 吸涙鬼 Lovers of Tears
  14. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 ぼくが発達障害だからできたこと
  15. 【市川拓司の恋愛寫眞/私小説/mmの他におすすめする書籍】 壊れた自転車でぼくはゆく
  16. 市川拓司の書籍おすすめ|新作私小説/mm/や映画化の恋愛寫眞など!のまとめ
6377d577bbc74f2d58ee1b428d66acf1
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/77/d5/6377d577bbc74f2d58ee1b428d66acf1.jpg

市川拓司とはどんな作家なのかというと、初のデビュー作となる作品から映画化されるほどの人気の作家でもあるんです。その数々の作品を原作に映画化されていて、現在でも新作の作品が期待されている注目の作家となっています。その多くのテーマは愛がベースとなっており、心に響かせる世界観が描かれています。

実は発達障害だった

753abe8b2532b6d974c63aa3054e9f63
引用: https://i.pinimg.com/564x/75/3a/be/753abe8b2532b6d974c63aa3054e9f63.jpg

市川拓司は数々の作品が映画化されるほどの注目の作家でもありますが、実は市川拓司自身が発達障害と公表していたんです。発達障害を持ちながらも、その障害を感じさせない名作と次々と書かれているのも、市川拓司独自の世界観を持っているからこそなのかもしれないです。

A7ec854a7c4c95fc43f02cef306559d7
引用: https://i.pinimg.com/564x/a7/ec/85/a7ec854a7c4c95fc43f02cef306559d7.jpg

市川拓司のおすすめの書籍を紹介する前に、市川拓司の代表作を知らないという方の為に、代表作の作品を紹介していきたいと思います。そんな代表作を原作に映画化も期待されるほどの人気の作品となっていますので、是非チェックしておくことをおすすめします。

私小説

91h3tp95cbl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91H3TP95cbL.jpg

市川拓司の代表作の一つ目には、私小説があります。この作品はエッセイのような内容となっており、市川拓司自身の経験を活かした、独特な世界観が描かれた代表作でもあります。発達障害を持っているだけで、こんなに生きていくのを大変なのかなどについて書かれた書籍となっています。

恋愛寫眞

91id9jhougl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91ID9jHoUgL.jpg

恋愛寫眞は愛をテーマに書かれた代表作の一つで、ただ一度の恋を描かれたストーリーとなっています。その恋は切なくて悲しく、その人に対する愛おしさも感じさせる作品となっています。読めば読むほどその世界にのめり込んでいくおすすめの代表作の一つです。

mm

71kvklklxrl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71kvkLKLxrL.jpg

mmは市川拓司の独特な世界観が描かれた作品の一つで、青春の甘酸っぱさを感じさせる小説となっています。市川拓司の作品でも新作となっており、その少し前の恋愛の青春を感じさせるおすすめの小説となっています。

関連記事

715dnisnvul
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715DnISnvuL.jpg

市川拓司の代表作には恋愛寫眞や私小説、mmなどがありますがその他にもおすすめしたい書籍もあります。そんなおすすめの書籍の一つ目は、こちらのいま、あいにゆきますです。この作品は映画化も期待されている小説でもあり、とても感動させてくれる書籍となっています。大切な人を重い描いたストーリーが、とても切なさも感じさせる感動の名作となっています。

1 / 4