Wg4gaxhoypnfstqqjspa

時間帯

CATEGORY | 時間帯

睡眠の効率を上げるには?短時間でも効果的な睡眠を取ることはできる?

2018.06.15

仕事が忙しくてなかなか睡眠時間が取れない人は多いと思います。このような短時間の睡眠時間でも疲れが取れる効率のいい睡眠方法はあるって知ってましたか?そこで今回は、睡眠の仕組みやアプリを使った方法、その効果がある時間帯など睡眠の効率を上げる方法をご紹介します。

目次

  1. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法
  2. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:効率のいい睡眠とは?
  3. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:効率のいい睡眠の時間帯は?
  4. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:入浴
  5. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:足湯
  6. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:室温調整
  7. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:効果的なアプリ「Sleep_Meister」
  8. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:効果的なアプリ「熟睡アラーム」
  9. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法:効果的なアプリ「いびきラボ」
  10. 効果的なアプリや時間帯など短時間でも睡眠の効率を上げる方法のまとめ
Eyecatch 151007 1
引用: https://doda.jp/careercompass/wp-content/uploads/2016/11/eyecatch_151007-1.jpg

「仕事で帰りは終電間近」「帰ってきても明日の資料作り」

このような理由で短時間しか睡眠をとることができない人も多いと思います。

Middle 586504 0
引用: https://mendy.s3.amazonaws.com/files/article/586504/middle_586504_0.jpg

睡眠時間が少ないと体も心も疲れ切ってしまい、仕事でミスばかりしてしまうなんてことにもなります。

そこで、短時間でもしっかり疲れがとれる睡眠の効率を上げる方法を紹介していきます。

関連記事

20171201122841
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/freee-media/20171201/20171201122841.jpg

ではまず、効率のいい睡眠とはどんな睡眠なのでしょうか?

昔から睡眠時間は平均8時間必要と言われてきましたが、ただ単に長時間の睡眠が良い訳ではありません。

短時間でも集中的に質の良い睡眠が「効率のいい睡眠」と言えます。

短時間で質の良い睡眠をとるためのは、睡眠の仕組みを理解する必要があります。

レム睡眠とノンレム睡眠

A9b2c2c957fb8897d76b7e47e9479318
引用: https://sleep-supplyment.com/wp-content/uploads/2017/08/a9b2c2c957fb8897d76b7e47e9479318.png

人間の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は、体は眠っているが脳は起きている状態のことです。一方でノンレム睡眠は、体も脳も眠っている状態のことです。この2つを約90分ごとに繰り返します。

%e3%83%ac%e3%83%a0%e5%9b%b3 1 gif
引用: http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/images/%E3%83%AC%E3%83%A0%E5%9B%B3-1-gif.gif

つまり、ノンレム睡眠が深い眠りのことで脳も含めて体の疲れをとってくれます。さらに、睡眠のはじめにやってくるノンレム睡眠は一回の睡眠の中で、一番深い眠りになります。

よって、睡眠の効率を上げるためには最初の90分を上手に寝れるかがポイントになります。

さらに、最初の90分を上手に寝るために重要な時間帯について解説します。

Fotolia 76421966 subscription monthly m
引用: http://h4o.info/wp-content/uploads/Fotolia_76421966_Subscription_Monthly_M.jpg

効率のいい睡眠には、疲労回復効果のある成長ホルモンが必須になります。では、どの時間帯に寝ると成長ホルモンがより多く分泌されるでしょうか?

22時から26時は間違っている!?

20141228000710a0d
引用: http://blog-imgs-75.fc2.com/b/i/h/bihadaotoko/20141228000710a0d.gif

よく言われている睡眠のゴールデンタイムは「22時から26時」の4時間になりますが、この時間帯は正確ではありません。そもそも、成長ホルモンの分泌は何時から何時というような時間帯で変化するものではなく、睡眠の状態つまり眠りの深さによって変化します。

1 / 4