2018年06月14日 UPDATE

リビング階段は寒い?間取り例を紹介!メリットとデメリットを比較!

リビングの階段は寒いなんて聴いたことはないでしょうか。リビングに階段を作るのが流行っています。仕切りがないので開放感のある吹き抜けを作りやすくおしゃれで人気ですが、もちろんメリット・デメリットが存在します。リビングに階段を配置する場合の間取りなども紹介します。

目次

  1. リビングに階段?
  2. リビングに階段を作るにはメリットがある①吹き抜けのが作りやすい
  3. リビングに階段を作るにはメリットがある②部屋が広く感じる
  4. リビングに階段を作るにはメリットがある③子供とのコミュニケーションが増える
  5. リビングに階段を作るにはメリットがある④部屋がおしゃれに見える
  6. リビングに階段を作るデメリット①子供にとっては不便
  7. リビングに階段を作るデメリット②キッチンからなどの匂いが2階に回る
  8. リビングに階段を作るデメリット③来客がいる場合リビングに入ることになる
  9. リビングに階段を作るデメリット④冬は暖房が温まりにくく寒い
  10. リビングに階段を作るデメリット⑤プライベートがない
  11. リビングに階段は寒い?
  12. リビングに階段の間取りは
  13. まとめ

リビングに階段?

8fe82ebb0bd05acd01a130167531b07a
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/e8/2e/8fe82ebb0bd05acd01a130167531b07a.jpg
リビングに階段とは、と疑問に思う方も多くいると思いますが、近年リビングに階段を作る家が多くなっています。リビングには階段は不便そうだとか邪魔になりそうだとか色々いいイメージはもたれませんが意外といい小おtも多くあります。リビングに階段はリビングイン階段とも呼ばれ十数年前から人気が少しずつ増えてきました。その人たちの意見や考えとしては洋風チックなデザインの住宅にしたい、子供とのコミュニケーションや顔を合わす頻度を増やしたいといったことが多くあります。リビングに階段といった組み合わせはメリットとデメリットがあります。そこで気になるメリットデメリットをご紹介します。
E0986f8b135d5a09b45094df61f8b580
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/98/6f/e0986f8b135d5a09b45094df61f8b580.jpg

リビングに階段を作るにはメリットがある①吹き抜けのが作りやすい

74ace21d13b66de3eb0f5022634eb0d4
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/ac/e2/74ace21d13b66de3eb0f5022634eb0d4.jpg
リビングに階段を作ることのメリットは「吹き抜け」が作りやすいことです。戸建ての家には意外と吹き抜けはあってうれしいもので、デザインとしても吹き抜けはおしゃれな部分となります。吹き抜けを作りたいと考える方が多くいますが、意外と今ある日本の間取りではなかなか設計することが難しく吹き抜けを諦めるという方が多くいますが、リビングに階段を作ることで吹き抜けを作ることが可能となります。また、間取りの配置もよくなることでただ吹き抜けがあるだけでなく実用的な使い方が出来ます。これから住宅を建てようと考えている方で吹き縫えkを諦めている方はリビングに階段を作る考えをおすすめします。
A6cf78a3e4ae2f9ed6b460170fb047f9
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/cf/78/a6cf78a3e4ae2f9ed6b460170fb047f9.jpg

リビングに階段を作るにはメリットがある②部屋が広く感じる

8df984e6e3d4140000ae70fbcf3a2abb
引用: https://i.pinimg.com/564x/8d/f9/84/8df984e6e3d4140000ae70fbcf3a2abb.jpg
リビングに階段を作ることのメリットは「リビングが広く感じる」ことです。リビングに階段を作ることで部屋の間取りが変わりますので、目の錯覚でなく確実にリビンゴが広く感じることができます。なぜ広く感じるかといいますと、2階に行くための階段や廊下を作らなくていいためその階段にいくための廊下部分をリビングの1部にすることができるためリビング全体が広く感じます。また、2階に行くための階段を作るための壁がないため目の錯覚としても効果があります。そして以外にも設計しだいで2階に行くためにわざわざ廊下や壁、ドアなどつける必要がないため設計費用安く抑えることが可能となっています。リビングを広くしたい方はリビングに階段という考えはいかがでしょうか。
8a69bc52f8122cb6e5f82b1cbd79e604
引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/69/bc/8a69bc52f8122cb6e5f82b1cbd79e604.jpg

リビングに階段を作るにはメリットがある③子供とのコミュニケーションが増える

F4b8cdeab2bac2d27190e4e2439c421d
引用: https://i.pinimg.com/564x/f4/b8/cd/f4b8cdeab2bac2d27190e4e2439c421d.jpg
リビングに階段を作ることのメリットは「子供とのコミュニケーションが増える」ことがあります。リビングに階段をつけることによってリビングを通らなければ2階に行くことができないため嫌でも顔をあわせるということがおきますので、自然なコミュニケーションや子供を見守ることが出来ます。なので、子供をこれから持つと考えている夫婦や子供がいるという家族の方たちは家を建てるときにリビングに階段をつけるというオーダーが増えています。子供を持つ親としてはつけたいと思うものでうす。
D5e92f7c91fdd11f6c6365013f08a8a0
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/e9/2f/d5e92f7c91fdd11f6c6365013f08a8a0.jpg

子供とコミュニケーションが増えるとメリットがある

子供と自然にコミュニケーションが増えることで色々なけメリットがあります。そのメリットとは、1つ目は意識せずに子供が話しかけやすく親も子供とのコミュニケーションが取りやすくなります。2つ目は子供がぐれるのを防ぐ小tもできます。子供とコミュ二ケーションが自然と取れる環境を作ることで親子の壁をなくすことが出来ます。

リビングに階段を作るにはメリットがある④部屋がおしゃれに見える

76a1083274e78f0b80a21ddd4ca5da5c
引用: https://i.pinimg.com/564x/76/a1/08/76a1083274e78f0b80a21ddd4ca5da5c.jpg
リビングに階段を作ることのメリットは「リビングがおしゃれに見える」ことです。リビングに階段を作ることで洋風なデザインになったりおしゃれなリビングになります。子供がいるいない関係なく部屋作りにこだわりがある方にリビング階段をおすすめします。

関連記事

リビングに階段を作るデメリット①子供にとっては不便

9f32ac161df8aa13ec6c31001e2db8db
引用: https://i.pinimg.com/564x/9f/32/ac/9f32ac161df8aa13ec6c31001e2db8db.jpg
リビングに階段を作ることで色々とメリットがありますが、その反対にしっかりとデメリットもあります。1つ目のリビングに階段を作るデメリットは「子供にとって不便」ということです。子供にも隠したいことやいいたくないことがあります。特に親には言いたくないことが沢山抱えるのが子供でもありますので、子供にとって嫌でも家族に顔を合わすのは嫌なことです。そして年齢が上がってくると友達や恋人なども連れてきます。そうなってしまうと子供は親に見せたくないものもありますので、逆にこそこそしてしまう可能性があります。メリットで子供とのコミュニケーションが自然と取れるとご紹介しましたがこの階段の影響で家が嫌いになったり隠し事が多い子供に成長してしまう可能性もあります。これは子供自身の性格でもあり親の教育でもありますのであく実になるとは限りませんが、デメリットも確実にあることを覚えておいてください。
C98e29b5f02ad09bed3effd2c9f49456
引用: https://i.pinimg.com/564x/c9/8e/29/c98e29b5f02ad09bed3effd2c9f49456.jpg

リビングに階段を作るデメリット②キッチンからなどの匂いが2階に回る

6da6a08f42bc0bcd4bb093555637b72b
引用: https://i.pinimg.com/564x/6d/a6/a0/6da6a08f42bc0bcd4bb093555637b72b.jpg
2つ目のデメリットは「キッチンやリビングからする匂いが2階に回る」ことです。いい香りが2階に回るのはいいことだと思いますが、全ていい香りとは限りません。意外と臭い匂いも放つこともありえます。そうなると仕切りなどないので匂いがいきわたります。リビングに階段はメリットもありますが、デメリットも確実にあります。特にカーテンやドアなどの仕切りがない分防ぐことの出来ないデメリットが生まれます。
9a8ddb2c34c93ea30be81d7f6afaef7d
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/8d/db/9a8ddb2c34c93ea30be81d7f6afaef7d.jpg

リビングに階段を作るデメリット③来客がいる場合リビングに入ることになる

29237f42828f25702706f3bb3c6355e0
引用: https://i.pinimg.com/564x/29/23/7f/29237f42828f25702706f3bb3c6355e0.jpg
3つ目のデメリットは「来客が来たときにリビングに入る」ことです。戸建ての家には必ず応接室があると思いますが、トイレなど使用するときにリビングに立ち入ることが容易に考えられます。また、子供が友人を連れてきた場合は必ずリビングを通ることになります。毎日綺麗なリビングを保てればいいのですが、t期には散らかることもあります。そして来客などは急に来るので、掃除などは出来なかったりします。そういったことを考えるとリビングに階段というのはデメリットとなってしまいます。
91c40bb692dcdc17b318c914258d8baf
引用: https://i.pinimg.com/564x/91/c4/0b/91c40bb692dcdc17b318c914258d8baf.jpg

リビングに階段を作るデメリット④冬は暖房が温まりにくく寒い

124f2cadb6cbe8619426f9b646f69b0b
引用: https://i.pinimg.com/564x/12/4f/2c/124f2cadb6cbe8619426f9b646f69b0b.jpg
4つ目のデメリットは「冬は暖房が温まりにくく寒い」ことです。リビングに階段を作ってしまうと2回への仕切りがなく吹き抜けとなってしまいせっかくはなっている熱が全て2階に溜まってしまいます。2回で生活する分には良いことかも知れませんが、基本的にリビングで生活しますので不便な事となってしまいます。2階へ行く仕切りやカーテンがあればこの悩みは解決されます。
165ca05236f77fab01777f3c66b480f0
引用: https://i.pinimg.com/564x/16/5c/a0/165ca05236f77fab01777f3c66b480f0.jpg

リビングに階段を作るデメリット⑤プライベートがない

16d5399a7b248a42e697c733088b1733
引用: https://i.pinimg.com/564x/16/d5/39/16d5399a7b248a42e697c733088b1733.jpg
5つ目のデメリットは「プライベートがない」ことです。リビングに階段を作ることは子供だけでなく底に住む人たちすべてのプライベートがなくなってしまいます。やはり家族といってもプライベートが欲しいものですが、仕切りやカーテンがないため家族の行動が誰でも把握することが可能となってしまいます。

関連記事

リビングに階段は寒い?

4e72876fc4f4e5aaaeff15f4b2053aeb
引用: https://i.pinimg.com/564x/4e/72/87/4e72876fc4f4e5aaaeff15f4b2053aeb.jpg
リビングに階段を作ると寒いといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。イメージとしては仕切りやカーテンがなく冬の冷気や熱がこもりにくいといったことを考え付きますが、実際はちゃんとして設計であれば鋭敏具に階段をつくっても寒いといったことにはなりません。住宅を建てる設計会社に相談しリビングに階段を作ると寒くなるといわれた場合はその設計会社に技術がないということになりますので、そういわれた設計会社とはおさらばしましょう。断熱などしっかりしている家ならばリビングに階段を造り仕切るやカーテンがなくても寒いということはありません。リビングに階段を作る場合は設計会社も慎重に選びましょう。リビングが寒くなるかは設計会社次第となります。

寒いときの対策

リビングが寒いときの対策としてはカーテンをつけることがおすすめです。カーテンといっても大きなカーテンでなく熱が上へと上がるのを抑えるためにカーテンを上につけるだけでも解消できます。

リビングに階段の間取りは

F2e98f21a3b9c0f7ad4f0a0af68f9108
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/e9/8f/f2e98f21a3b9c0f7ad4f0a0af68f9108.jpg
リビングに階段を作る間取りとしては悩むことですが、海外のようにリビングの真ん中に階段を作る必要はありません。どちらかと言うと本来作るはずの廊下を作らず仕切りをなくしてしまうだけで間取りを考える必要はありません。階段をつけたい場所などによって間取りは変わりますが、階段の位置にこだわりがない方は仕切りをなくすだけで簡単に出来ます。

まとめ

リビングに階段に関することは参考になったでしょうか。リビングに階段をつけるのにはメリットとデメリットがあります。そして寒いといわれているのは設計会社の問題であり設計会社を的確に選べばそういったこともなくなります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/8f/e8/2e/8fe82ebb0bd05acd01a130167531b07a.jpg