Vmxu1dqg1fvuz9o5dz7l

CATEGORY | 車

アクアの内装の評価はDIYでカスタムするのにおすすめのパーツは?

2018.06.10

高評価を得ているアクアの内装。しかしどうせなら、diyでパーツなどにこだわりおしゃれにカスタムしたいものです。色にこだわることもなかなか良いもの。今回はパーツやdiyの方法、おすすめの色など、アクアの内装のカスタムについて書いていきます。

目次

  1. アクアの内装は?
  2. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:素材
  3. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:インパネ周り
  4. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:後部座席
  5. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:ラゲッジスペース
  6. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:カラーバリエーション
  7. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:収納ポケット
  8. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:ディスプレイ
  9. diyでパーツや色にこだわりおしゃれにカスタム!アクアの内装:安全装備
  10. アクアの内装はカスタムでおしゃれに

トヨタが送り出した本格的なコンパクトカーであるアクア。発売からある程度経過していますが、未だにその人気は衰えません。特に昨年はクロスオーバーモデルやスポーツモデルを新たに追加したりと、新たな話題も提供しています。そんなアクアのないそうですが、悪く言えば味気ないのですが、よく言えば非常にまとまった飽きの来ないデザインとなっています。とはいえ、グレードによってはかなりおしゃれになっているグレードもあります。実際アクアを選ぶ理由の多くは、燃費もありますが、デザインがまとまっているという理由で選ぶという人がかなりの割合を占めています。

Carlineup aqua grade top pic 01
引用: https://toyota.jp/pages/contents/aqua/001_p_011/image/grade/top/carlineup_aqua_grade_top_pic_01.jpg
Wcg 0000136820 6 1
引用: https://gazoo.com/pages/contents/import/impression/2017/08/image/WCG_0000136820_6_1.jpg

関連記事

ではここからは、アクアの内装について注目すべきポイントをいくつか紹介していきます。アクアのデザインがまとまっている要因のひとつに、内装の素材があります。現行型のアクアは内装の素材に合皮を使用しているため、インテリアの質感が豪華な仕上がりとなっています。一般的な車のグレードではファブリックなどが用いられることが多いですが、ベースグレードでも合皮を使用しているので、内装は高級感漂う雰囲気となっています。カラーバリエーションもボディカラーと同様に非常に豊富であり、自分好みのインテリアに仕上げることが可能となっています。その色の豊富さも人気の理由のひとつとも言われています。

170620 aqua interior 01
引用: https://cobby.jp/wp-content/uploads/2017/06/170620_aqua-interior-01.jpg
Carlineup aqua interior top pic 01 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/aqua/001_p_011/image/interior/top/carlineup_aqua_interior_top_pic_01_01_pc.jpg

今まではタコメーターやスピードメーターは運転席の目の前に置かれているものでしたが、最近は中央に大きく配置されています。アクアに限らず、最近のトヨタの車の多くにこのセンターメーターが採用されており、だんだんと定番になりつつあります。センターメーターにすることで、助手席からもメーターなどを確認することが出来ます。そのほかにも、運転席からの視界もさらに広がるため、安全運転をすることも可能となります。また、ナビも大きく見やすいものが設置できるようになっているため、操作性もかなりあります。見た目もコンパクトにおさまっていますが、インパネ周辺もコンパクトにまとまっています。

1 / 4