Xmuuqsijdqrehozkskbp

雑貨

CATEGORY | 雑貨

枕の高さの高い低いで肩こりや頭痛を改善できる?快眠できる高さは?

2018.06.24

枕の高さの高い低いによっては体に悪影響を及ぼし、その結果肩こりや頭痛に悩まされてしまうことがあります。適切でない枕はかえって体に負担をかけてしまうものです。快眠につながる枕の高さ、選び方を知って、健康的な睡眠を手に入れましょう。

目次

  1. 自分に合った高さの枕を使用していますか?
  2. 高さの合わない枕の使用が招く体への負担① 枕の高さが高い場合
  3. 高さの合わない枕の使用が招く体への負担② 枕の高さが低い場合
  4. 枕の高さを合わせて肩こり解消!
  5. 枕の高さを合わせれば頭痛も解消できる?
  6. 枕の高さを合わせて腰痛も解消!
  7. 枕の高さを合わせて快眠するためには? 姿勢が大切
  8. 自分に合った高さ・硬さ! 枕選びは慎重に
  9. 正しい枕選びについて① 「高さ」が重要
  10. 正しい枕選びについて② 「硬さ」にもこだわる
  11. 快眠を得るために! 枕の高さの調整方法
  12. 枕購入のポイント! 高さを調整しやすい枕
  13. 最後に
Ma0066c1
引用: http://www.dinos.co.jp/kp/defaultMall/images/goods/EMD/0002/etc/MA0066c1.jpg

枕は就寝の際の必需品です。「枕が変わると眠れない」という方もいるように、皆さんそれぞれ枕にこだわりもあることでしょう。しかしその枕、本当にあなたに合っていますか?「寝付きにくい」、「寝心地が悪い」など感じる様なら枕の高さが合っていない可能性があります。枕の高さを適切に合わせるだけで、段違いの快眠を得られるようになります。

20170508 100
引用: https://kaiteki-pillow.com/img2/20170508_100.jpg

高さの合わない枕の使用は、首や肩の筋肉が不自然に強張り続け負担がかかります。翌日首や肩にコリや痛みを感じることになり、そのまま体の不調の原因にもつながります。

関連記事

Images?q=tbn:and9gcs6a9b wpdnpthz2b41fu6axoyjauz3bksmcavzdkt9ri7tu5rb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS6A9b-WPdnPthz2B41Fu6aXOYJauZ3bkSmCAvZdkt9RI7tU5Rb

適切な高さより高い枕を使用すると、あごが引けて首が前に傾くことで、首筋や肩に緊張状態が続きます。結果筋肉がこわばることで肩こりを引き起こします。また、顔面がうつむいてしまうため、気道の圧迫によっていびきの原因となります。さらに首筋にはシワが寄るため、シワをつくる原因にもなりかねません。

Index img02
引用: http://www.enokifutonten.com/image/index_img02.jpg

血液や老廃物は高いところから低いところへ流れます。よって枕が低すぎる場合は顔に老廃物がたまり、むくみにつながります。また、脳の高さが心臓の高さより低くなることで頭に血が登りやすく、眠りが浅くなります。「快眠」とは言い難い状況に陥ります。

%e8%82%a9%e3%82%92%e8%a7%a6%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
引用: https://clinic.jiko24.jp/wp-content/uploads/2017/11/%E8%82%A9%E3%82%92%E8%A7%A6%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7.jpg

近年肩こりに悩まされる方が増えています。実に日本人の8割が辛い肩こりに悩んでいるというデータもあります。肩こりの原因には様々ありますが、案外毎日遣う枕が関係している可能性も否定できません。1日の約3分の1を占める睡眠時間。その間の肩にかかる負担を、適切な高さの枕が軽減する役割を果たしてくれます。

Image 3
引用: https://kogaokouka.com/wp-content/uploads/2016/02/image-3.jpeg

適切でない枕の使用は、頭痛を引き起こすことも多く報告されています。頭痛に陥る枕の特徴としては、「低すぎる枕」と「硬すぎる枕」が該当します。

2 e1487309004646
引用: https://kaimin-times.com/wp-content/uploads/2016/06/2-e1487309004646.jpg

前述した通り低い枕は、心臓の高さより脳の高さが低くなって頭に血が登ってしまうことで浅い眠りとなり、快眠が得られません。また、硬い枕は頭の位置が不安定で、首に負担がかかるためこれまた眠りが浅くなる傾向にあります。どちらの枕も浅い眠りにより快眠が得られないため、朝の起床時に頭が重たく、頭痛を感じることがあります。

1 / 3