Ljhu8menwh4kaorqkkey

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

鮎川哲也のおすすめ特集!最高傑作の著作は?ミステリー書籍の定番。

2018.06.14

ミステリー小説界の大御所とも呼ばれる鮎川哲也の書籍。一度は読んでみたいと思っていてもおすすめが分からなくてどれを手に取っていいのか分からない人も多いのではないでしょうか?今回はそんな方ののために鮎川哲也の短編集や最高傑作の著作をご紹介します。

目次

  1. ミステリー小説であれば鮎川哲也の書籍を読もう
  2. 鮎川哲也ってどんな人?
  3. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒いトランク
  4. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・死のある風景
  5. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒い白鳥
  6. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]短編集!五つの時計
  7. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]崩れた偽装
  8. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]死者を笞打て
  9. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]アリバイ崩し
  10. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]まとめ

ミステリー小説好きの人であればその名を知らない人がいないというほど、有名なミステリー小説家である鮎川哲也。特に鮎川哲也のミステリー小説は本格的なミステリー小説として知られていて、特に彼が執筆した小説ではアリバイを使ったトリックを描くのに非常に長けているといわれ、非常にキメの細かいアリバイトリックが各ミステリー小説で展開されています。ミステリー小説をまだあまり読んだことがないという方であれば、この鮎川哲也の小説を読むことでよりミステリー小説の奥深さを面白さを感じることが出来ること間違いがありません。

675aa8d1c04d545b213f75e01d8a8aaf
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/5a/a8/675aa8d1c04d545b213f75e01d8a8aaf.jpg
Cf0dd4f3d58a696315ef5cbc6b04166f
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/0d/d4/cf0dd4f3d58a696315ef5cbc6b04166f.jpg

鮎川哲也はミステリー小説の作家として非常に有名で本名は中川透です。本格的なミステリー小説を得意としており、ミステリー界の大御所とも呼ばれています。また、小説のみではく、長編、短編、エッセイ集なども多く執筆されています。その本格ミステリーに対する功績が認められて、2001年に第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞されています。鮎川哲也は2002年に既に亡くなっていますが、まだまだ彼の執筆したミステリー小説は非常に高く評価されており、既に亡くなった後でも、第6回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。
また、新人の育成などにも力を尽くしていました。

1bb3472b21ad2209179a1b154a6b2c5d
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/b3/47/1bb3472b21ad2209179a1b154a6b2c5d.jpg
A2f48e9e9fff71d4277ca20878596823
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/f4/8e/a2f48e9e9fff71d4277ca20878596823.jpg

2002年に発売された黒いトランクは鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説です。
トランク詰めにされた男の死体が発見されますが、荷物の送り主が溺死体となって見つかるため事件は終息を迎えます。しかし依頼人により鬼貫警部が真相をつきとめるべく奮闘し、怪しげな青ずくめの男に出会います。しかし彼には完璧なアリバイがあるため、それを切り崩して行く物語です。
鬼貫警部のキャラクターには読み手を魅了するところがあり、一緒に難解な事件に立ち向かい解決して行く様な気分さえ味わわせてもらえます。
また、メインのトリックだけでなく、その先まで見据えているのがこの作品の凄いところで、繊細な人間関係が見事に描かれています。

51wkdt1js9l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WkDt1jS9L.jpg
51y4bc15h3l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Y4BC15H3L.jpg

“死のある風景”は1965年に出版されました。こちらも鬼貫警部シリーズで鮎川哲也お得意のアリバイ崩しが読み手を魅了します。
結婚を控えた女性2人が自殺と射殺と言う死を迎えてしまいます。鬼貫警部により思いもよらない人物が犯人像で浮かび上がってきますが、やはり鉄壁のアリバイが犯人を守ります。
後から考えれば何ともない平凡なトリックとなっていますが、趣向が凝らされており完成度はとても高いものになっています。鬼貫警部の名探偵ぶりが魅力な作品となっています。

1 / 4