2018年06月14日 UPDATE

鮎川哲也のおすすめ特集!最高傑作の著作は?ミステリー書籍の定番。

ミステリー小説界の大御所とも呼ばれる鮎川哲也の書籍。一度は読んでみたいと思っていてもおすすめが分からなくてどれを手に取っていいのか分からない人も多いのではないでしょうか?今回はそんな方ののために鮎川哲也の短編集や最高傑作の著作をご紹介します。

目次

  1. ミステリー小説であれば鮎川哲也の書籍を読もう
  2. 鮎川哲也ってどんな人?
  3. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒いトランク
  4. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・死のある風景
  5. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒い白鳥
  6. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]短編集!五つの時計
  7. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]崩れた偽装
  8. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]死者を笞打て
  9. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]アリバイ崩し
  10. [鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]まとめ

ミステリー小説であれば鮎川哲也の書籍を読もう

ミステリー小説好きの人であればその名を知らない人がいないというほど、有名なミステリー小説家である鮎川哲也。特に鮎川哲也のミステリー小説は本格的なミステリー小説として知られていて、特に彼が執筆した小説ではアリバイを使ったトリックを描くのに非常に長けているといわれ、非常にキメの細かいアリバイトリックが各ミステリー小説で展開されています。ミステリー小説をまだあまり読んだことがないという方であれば、この鮎川哲也の小説を読むことでよりミステリー小説の奥深さを面白さを感じることが出来ること間違いがありません。
675aa8d1c04d545b213f75e01d8a8aaf
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/5a/a8/675aa8d1c04d545b213f75e01d8a8aaf.jpg
Cf0dd4f3d58a696315ef5cbc6b04166f
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/0d/d4/cf0dd4f3d58a696315ef5cbc6b04166f.jpg

鮎川哲也ってどんな人?

鮎川哲也はミステリー小説の作家として非常に有名で本名は中川透です。本格的なミステリー小説を得意としており、ミステリー界の大御所とも呼ばれています。また、小説のみではく、長編、短編、エッセイ集なども多く執筆されています。その本格ミステリーに対する功績が認められて、2001年に第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞されています。鮎川哲也は2002年に既に亡くなっていますが、まだまだ彼の執筆したミステリー小説は非常に高く評価されており、既に亡くなった後でも、第6回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。 また、新人の育成などにも力を尽くしていました。
1bb3472b21ad2209179a1b154a6b2c5d
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/b3/47/1bb3472b21ad2209179a1b154a6b2c5d.jpg
A2f48e9e9fff71d4277ca20878596823
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/f4/8e/a2f48e9e9fff71d4277ca20878596823.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒いトランク

2002年に発売された黒いトランクは鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説です。 トランク詰めにされた男の死体が発見されますが、荷物の送り主が溺死体となって見つかるため事件は終息を迎えます。しかし依頼人により鬼貫警部が真相をつきとめるべく奮闘し、怪しげな青ずくめの男に出会います。しかし彼には完璧なアリバイがあるため、それを切り崩して行く物語です。 鬼貫警部のキャラクターには読み手を魅了するところがあり、一緒に難解な事件に立ち向かい解決して行く様な気分さえ味わわせてもらえます。 また、メインのトリックだけでなく、その先まで見据えているのがこの作品の凄いところで、繊細な人間関係が見事に描かれています。
51wkdt1js9l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WkDt1jS9L.jpg
51y4bc15h3l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Y4BC15H3L.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・死のある風景

“死のある風景”は1965年に出版されました。こちらも鬼貫警部シリーズで鮎川哲也お得意のアリバイ崩しが読み手を魅了します。 結婚を控えた女性2人が自殺と射殺と言う死を迎えてしまいます。鬼貫警部により思いもよらない人物が犯人像で浮かび上がってきますが、やはり鉄壁のアリバイが犯人を守ります。 後から考えれば何ともない平凡なトリックとなっていますが、趣向が凝らされており完成度はとても高いものになっています。鬼貫警部の名探偵ぶりが魅力な作品となっています。
51418z29y0l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51418Z29Y0L.jpg
71xclm7fbml
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xcLm7fBML.jpg

関連記事

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]鬼貫警部シリーズ・黒い白鳥

1959年に出版された“黒い白鳥”は鬼貫警部シリーズ4作目です。第十三回日本探偵作家クラブ賞を受賞もしています。 今回の事件は久喜駅近くの線路沿いで見つかった射殺屍体から始まります。 犯人の手掛かりを追って京都から大阪、そして九州へ向かう鬼貫警部は圧巻そのものです。 二重三重にも複雑に考えられた話の展開に、タイプの違う巧妙なアリバイトリックを組み合わせた作品は、完成度の高い鮎川哲也の作品の中でも最高傑作と言っても過言ではありません。 スリリングなアリバイ崩しを是非、感じてみてください。
51l3d19ce l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51L3d19ce-L.jpg
81iokpalrbl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81iOkpAlRBL.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]短編集!五つの時計

鮎川哲也の傑作集がこの五つの時計です。通常の短編集よりも非常に分厚くなっていますが、全部で全短編十編を収録しており、個々の話が全く異なるそれどれの魅力が光る一冊となっているので、飽きることがありません。作品中には鮎川哲也が特に得意としていたアリバイトリックが多く使われており、流石鮎川哲也と言わせるほどの出来となっています。短編集なため全てが純粋な推理作品で、物語としても単純なところはありますが、そのトリックはとても手が込んでいるため、推理小説好きにはたまりません。まさに鮎川哲也の傑作選と言われるのに相応しい一冊となっていますので、これまで鮎川哲也の小説や短編を読んだことがない人でも先ずこの一冊を抑えておけば間違いがないでしょう。
51vddw9sysl. sx332 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VDDW9SYSL._SX332_BO1,204,203,200_.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]崩れた偽装

鮎川哲也の著作のミステリー小説で犯人側の視点から描かれているものであれば、この"崩れた偽装”がおすすめです。この崩れた偽装は短編集となっており、完全犯罪を行うための犯人側の目線と心情を上手に描かれています。完璧と思われた偽装であっても思わぬところから糸がほつれてしまう、そんな状況を含めて文字数の限られている短編集で見事に本格ミステリーが描かれています。 短編集のため長編と比べて、刑事の捜査などで徐々にアリバイが崩れて行くという過程がなく、謎解きからすぐに結末となってしまうので、スリリングなドキドキ感は薄いが、トリックや推理を楽しむ点でおいてはサクサク楽しむことが出来ます。
51sgs09pzjl. sx344 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51sgS09pZJL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg
E9822377cae0be05ddb7f69ec0f88015
引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/82/23/e9822377cae0be05ddb7f69ec0f88015.jpg

関連記事

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]死者を笞打て

鮎川哲也の有名な鬼貫警部シリーズとは全く雰囲気が異なる雰囲気で描かれているのがこの"死者を笞打て"です。この本は本の題名である"死者を笞打て"という短編集を著作した鮎川哲也に盗作容疑を掛けられてしまうところから始まります。本格ミステリー小説で有名な鮎川哲也ですが、いつものアリバイ崩しやトリックではなく、どんでん返しのサプライズミステリーとなっています。、この死者を笞打てではどことなくユーモアのある文章で執筆されており、これまでの著作とはまた違う世界観を出している鮎川哲也の著作の中でも異色の小説となっています。鮎川哲也の本格ミステリーが好きな人にも是非、おすすめしたい一冊となっています。
51iaz9wok7l
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51iaZ9Wok7L.jpg
71amsd%2b0c8l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71amSD%2B0C8L.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]アリバイ崩し

鮎川哲也の短編集でおすすめ書籍にこの”アリバイ崩し”があります。短編集となっているので読みやすさはもちろんですが、今では珍しい犯人を見つけるというよりも、見つけるまでの過程に面白みが集中している一冊です。物語の設定自体が少し古く、時代を感じさせられる表現がいくつかありますが、本質的な部分は不変で違和感なく読み進めることが出来ます。短編集となっているのでストーリーや設定に全く無駄がなく、それでいて本の世界に引きずり込むその力はさすがミステリー界の大御所と言われる鮎川哲也ならではと言っていいでしょう。まだ鮎川哲也の書籍を読んだことがない人でも十分愉しめる短編集となっています。
51al3pj8ixl. sy346
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51al3PJ8IXL._SY346_.jpg
B13f94158a84e3f56c9a88a075dd1089
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/3f/94/b13f94158a84e3f56c9a88a075dd1089.jpg

[鮎川哲也著作おすすめ書籍ミステリー最高傑作]まとめ

鮎川哲也のおすすめの書籍をご紹介しましたが、いかがでしたか?ミステリー界の大御所と言われる鮎川哲也の著作はどれも読者をハラハラドキドキさせ楽しめるものばかりです。また、鮎川哲也は短編集も多く出していますので、これからミステリー小説を読もうと考えている人にも簡単に読み進めることができます。今回ご紹介しました鮎川哲也の書籍はまだまだごく一部で、他にも数多くのミステリー小説を執筆されています。是非、今回ご紹介しました鮎川哲也のおすすめ書籍を手に取って、その世界に引きずりこまれてみてください。きっとその魅力から抜け出せなくなってしまいますよ。
81b5pcpjsvl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81B5pCpjsVL.jpg
213b758507f93d403e40e61c1f873db0
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/3b/75/213b758507f93d403e40e61c1f873db0.jpg
D5a82a29f64aeb6621fd06d09d39f8b0
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/a8/2a/d5a82a29f64aeb6621fd06d09d39f8b0.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/55/90/2d/55902d32b79252bfad2fb227c14ebb3d.jpg