2018年06月14日 UPDATE

ベンツW221とは?前期・後期の違いやカスタム方法まで。【AMG】

ベンツw221は、メルセデスベンツの大型高級モデル。新車販売時は数千万する高級車。最近ベンツでもたくさんの種類のクラスが販売されていますが、ベンツw221は、まさにベンツの伝統的な高級車本来の風格を持った車です。今回はベンツw221の前期・後期の違いやカスタム方法などに注目してまとめてみました。

目次

  1. ベンツとは?
  2. ベンツw221とは?
  3. ベンツw221の特徴
  4. ベンツw221前期~前期・後期の違い~
  5. ベンツw221後期~前期・後期の違い~
  6. ベンツw221AMGとは?
  7. ベンツw221は故障が多い?
  8. ベンツw221の中古車は?
  9. ベンツw221のカスタムは?
  10. まとめ

ベンツとは?

メルセデスベンツは、ドイツの自動車会社ダイムラー社のブランド名。ダイムラー社という名前よりメルセデスとか、ベンツの名前の方が日本では有名。メルセデスというのはドイツの大富豪の娘の名前からとったもので、おしゃれな響きが世界的に受けています。

日本ではベンツと呼ばれることが多いですが、欧米ではメルセデスとかメルセデスベンツと呼ばれることが多い。また、日本では、高級車のみ販売しているようなイメージですが、バンやタクシーなどの商用車や、トラックやバスなどの大型車から、特殊車両、軍用車両まで、バリエーション豊かな自動車を製造しています。

メルセデスベンツは、日本においては、超高級車のイメージのみが強い傾向がありましたが、最近では、国産車からも高級モデルが販売されていることと、メルセデスベンツから、小型のモデルが多く販売されてきたことから、昔に比べてなじみの多いメーカーになってきています。

中古車市場でもメルセデスベンツは人気で、ステータスをもちたい場合に、まだまだ有効なモデルであることに変わりはありません。特にSクラスのw221は、前期・後期とも人気のモデルになっています。ベンツはAMGというメルセデスベンツのチューニング部門がありカスタムモデルも大人気。自分でカスタムして楽しむケースも多くみられます。

ベンツw221とは?

メルセデスベンツw221は、メルセデスベンツの最上級シリーズであるSシリーズの5代目モデルのコードネーム。メルセデスベンツw221は、2005年から2013年の間は製造されました。w221は、現在まで続くメルセデスベンツのデザインの傾向を採用したモデル。最上級クラスだけに迫力満点の外見は、中古車市場で人気車種。

メルセデスベンツw221は、威圧感さえ感じる、まさにメルセデスベンツといえる印象が魅力のモデル。現在の自動車設計のメインとなっているハイブリットカーを初めて導入したのもw221になります。高性能でハイテクノロジーな機能を採用しているモデルなので、メンテナンスが必要なところも特徴です。

ベンツw221の特徴

メルセデスベンツw221は、ステアリングを握った状態で、変速できる「ダイレクトセレクト」機能が採用されている。シフトレバーはステアリングの右側に設置されていて、自然な形で楽にシフトアップ、シフトダウン、パーキング、バック、ニュートラル、ドライブのシフトチェンジができます。ハンドルの真ん中には誇らしげにメルセデスのトレードマークがデザインされています。

関連記事

ベンツw221前期~前期・後期の違い~

メルセデスベンツの高級感あふれる内装は、追従する高級車の内装デザインを先導するエレガントで洗練されたデザイン。発売モデルによって、トレンドカラーが変わってくるので、敏感にカラーリングは採用しています。

ベンツw221前期は、先代の丸いエレガントな印象からグッと重厚なメルセデスベンツらしい印象に変った最初のモデル。現在まで続いているメルセデスベンツのデザインが確立されたのが、ベンツw221前期だといえます。

重厚感あふれるボディーと鋭いまなざしを持ったヘッドライトと重厚感のあるボディーが特徴的。

落ち着いたたたずまいが魅力的。

ベンツw221後期~前期・後期の違い~

メルセデスベンツw221後期では、ライト類にLEDが採用されています。後期ではライトの形状が変わっていて、ドアミラーがやや大きくなっています。後期のマフラーがバンパーと一体化したところも大きな違いです。

w221後期ではLEDライトが採用されています。

w221後期はより都会的なイメージの車。

ベンツw221AMGとは?

メルセデスベンツにはAMGとロゴが入った車があります。見るからにスポーティーにカスタムされたAMG車は、メルセデスベンツのスポーツ・レースブランド。AMGは、既存の市販車をベースにカスタムするダイムラー社のブランドです。AMGは、ベースのモデルを活かしながら、モータースポーツ感ゆ多かな違いをつくるブランドです。

メルセデスベンツは、高級セダンのイメージがありますが、モータースポーツにも古くから参戦しているメーカー。そんなメルセデスベンツのモータースポーツ部門を担っているのがAMGなのです。

ノーマルなベンツw221とAMGモデルの違いは、強化されたエンジンやサスペンションに違いを付けているところ。この違いがモータースポーツが可能な装備にして、サーキットを走ることが可能なところまで精度を高めています。

ノーマルなベンツw221とAMGモデルの違いは、外見上にもあります。AMGのエンブレムが違いとして分かりやすいのと、フロントグリルの違い、アルミホイールの違い、エアロパーツの違いなどがあります。

AMGモデルは違いのあるアルミホイールを使って、スポーツ感の高い違いをだしています。

ベンツw221は故障が多い?

メルセデスベンツw221について語るときにいつも出てくるのが「故障」についての話。故障によって修理費がかさんで、非常にお金がかかるといううわさはよく聞く話です。メルセデスベンツが故障しやすい車かどうかは、考え方をちょっと変えなければならないようです。

メルセデスベンツが故障しやすいかどうかは、メンテナンスをしているかどうかに関係するようです。故障というか、メンテナンスをメルセデスベンツが求めている基準を満たしていない場合故障が発生する可能性が高いということです。

メルセデスベンツw221は、新車で買うと数千万する高級車です。最先端の技術を駆使して、精巧な部品を使っています。部品の中には消耗品も多く、交換時期が消耗品によって決まっています。定期的な転勤とともに消耗品を好感していかないと、故障が起可能性が多々くなります。メルセデスベントが良く故障するといわれる原因は、メンテナンスや消耗品の交換を怠った車が意外と多く市場に出回っているからだといわれています。

関連記事

ベンツw221の中古車は?

メルセデスベンツw221は、新車発売価格が一千万以上する超高級車ですが、中古車市場では、価格がだいぶ安くなっている中古車が見られます。中古車市場で目についた方もいるのではないでしょうか。中古車価格が、安くなっているので、頑張ってメルセデスベンツw221を買ったとしても、もともと超高級車で、ある程度お金がある人向けに作られた車ですから、メンテナンスや消耗品の交換などを考えてみると、購入後も相当な出費を覚悟しなければなりません。

テレビを見ていると、世界の要人が、メルセデスベンツに乗っている映像を見ることができます。特にメルセデスベントの中でもSクラスであるメルセデスベンツw221の消耗品やメンテナンス費用は、他のメルセデスベンツのシリーズよりさらに高くなるでしょう。

メルセデスベンツw221の中古車は、安さだけ求めて購入する事は避けたほうがいいといわれています。市場価格より極端に安い車は、メンテナンスや消耗品の交換をきちっと実施ていない可能性もあります。安いからといって、メルセデスベンツw221を中古車で購入しても、すぐに故障してしまった場合、高額の費用が掛かることを覚悟しなければなりません。

ベンツw221のカスタムは?

ベンツw221のカスタムは、さりげなく行うのが無難です。本来お金持ちが乗ることを想定して設計されているので、あまり派手にカスタムしてしまうと、ベンツw221のカスタム効果が逆になってしまうかもしれません。カスタム抜きでも十分迫力のある車なので、AMGのような専門のカスタムメーカーで計算されたカスタム

ベンツw221のカスタムを考えるなら、ホイールを交換することで、雰囲気の違ったイメージを発散することができます。

まとめ

ベンツw221は、何といっても世界を代表する高級車。所有するときには、お金がかかることは覚悟が必要です。メンテナンスをきちっと継続していけば、故障する可能性は低くなります。ベンツw221は、重厚感があり、イメージは他の車では味わえないエレガントな印象です。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bj1B4Srld7u/?tagged=w221