2018年06月14日 UPDATE

バーベキューの炭の処理方法!簡単な片付け方や再利用の仕方を解説!

バーベキューは始める前から楽しいことが多いイベントですが、バーベキューの炭の処理に困ったことはありませんか。バーベキューには欠かせない炭の簡単な処理方法から再利用方法など自宅も海でも簡単に出来る炭の片付け方法をご紹介します。

目次

  1. 【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法
  2. 【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法①炭に水をかける
  3. 【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法②コンロに水をかける
  4. 【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法③地面に埋める
  5. 【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法
  6. 【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法①炭を燃やしきる
  7. 【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法②水に炭をつける
  8. 【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理と再利用方法
  9. バーベキューで使わなかった炭の処分方法①燃えるごみ
  10. バーベキューで使わなかった炭の処分方法②消臭剤
  11. バーベキューで使わなかった炭の処分方法③譲る
  12. まとめ

【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法

7041b280dab20f9f6bc10b794c6d93bb
引用: https://i.pinimg.com/564x/70/41/b2/7041b280dab20f9f6bc10b794c6d93bb.jpg
バーベキューは夏に欠かせない年に1度は行いたいことですが、バーベキューの炭の消し方は正しい方法で行えていますか。バーベキューは自宅や海などで行える楽しいイベントですが、火の始末がちゃんと行うことが出来なかった場合は最悪火災になることがあります。海で燃えるならいいのですが、自宅や帰宅途中の車の中などで発火した場合は最悪な穂になってしまします。そこで、バーベキュー初心者がやりがちな適切でない炭の処理の仕方をご紹介します。危険や環境破壊の元なのでくれぐれも紹介する方法は行わないようにしましょう。
8553f3fa53914c7b0971c5a5b428cc80
引用: https://i.pinimg.com/564x/85/53/f3/8553f3fa53914c7b0971c5a5b428cc80.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法①炭に水をかける

E74dab2c43592ea15434fc6b334de1d6
引用: https://i.pinimg.com/564x/e7/4d/ab/e74dab2c43592ea15434fc6b334de1d6.jpg
まず初めにご紹介する適切でない危険な炭の処理方法をご紹介します。初めにご紹介します炭の間違った処理方法は「炭に水をかける」方法です。この方法は初心者なら必ずといっていいほど行っています炭の火の消し方ですが、この方法は実は危険な消し方です。燃えているもしくは火は立っていないが炭が赤いという状態で行いますと高温の蒸気と周囲に灰が飛び散ります。火傷の危険性と周囲の方たちに迷惑のかかる消し方です。また、炭の火は意外と消えにくく1度水をかけても再度火がつくことがあります。再度火がつくことで帰宅途中に日が月車が炎上したケースもありますので、炭に水をかけただけの処理方法はおすすめできません。
142b7e01cadcbbce867ea17573fa7d1b
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/2b/7e/142b7e01cadcbbce867ea17573fa7d1b.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法②コンロに水をかける

1d31cb5c1eb401fc66f8d7381fcf0133
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/31/cb/1d31cb5c1eb401fc66f8d7381fcf0133.jpg
初心者がやりがちな炭の処理方法は「コンロに水をかける」ことです。この方法も初心者の方が良くやりがちの炭の処理方法ですが、この方法は上記の処理の方法と同じく炭に水をかけることで高温の蒸気と灰が周囲に飛び散ります。そして、炭だけでなくコンロもありますので、コンロの熱がさらに蒸気の温度を上げることがありますので、火傷の危険性が上がります。コンロに水をかける場合に気をつけたいのが、炭だけでなくコンロに溜まった灰が炭にかけるよりも広範囲に多くの量が飛び散りますので周囲の人の迷惑となる行為なので絶対に避けたい炭の処理方法です。そして、上記でもご紹介しましたが、1度水をかけたことでは炭の火は消えませんので再度火がつく危険性も十分視野に入れておくようにしましょう。海など広い場所での火災はいいですが、自宅や森などでの火災は周りの方に迷惑をかけるので絶対に避けたいことです。
3678359b461b69467ccc95d1fb0900fb
引用: https://i.pinimg.com/564x/36/78/35/3678359b461b69467ccc95d1fb0900fb.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切でない炭の処理方法③地面に埋める

721548dc8fb73ab5cac5207da35160bd
引用: https://i.pinimg.com/564x/72/15/48/721548dc8fb73ab5cac5207da35160bd.jpg
初心者がやりがちな炭の処理方法は「地面に埋める」ことです。この行為も隅の扱いや性質を知らない初心者の方が良くやりがちな行為ですが、埋めるのは絶対に避けましょう。埋めて消化するという考えの方たちは「地面に埋めると火が消える」「炭は木から出来ているからいずれ自然に変える」といった常識はずれの考えを持っています。地面に埋めることで酸素をなくし鎮火することは出来ますが、炭は土に還りません。炭は木からできていますが、炭は木を炭化させたもので、自然の木とは全く違う物質となってしまいます。なので、隅は自然に変えるといった謎な考えはやめておきましょう。土に還らないという証拠に古来から火を使われていますが使用した炭は化石となって掘り出されています。何百年たっても土には戻りません。また、炭を埋めずに土の上に炭をばら撒いて変える方もしますが、炭に再度火がつき燃える可能性があります。山などで行うと山火事などの原因となりますので注意しましょう。
Acdee44f10525fd5d5b4d82f6b01394b
引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/de/e4/acdee44f10525fd5d5b4d82f6b01394b.jpg

関連記事

【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法

4b5b08f1b12f29e8fe89d1181dda37de
引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/5b/08/4b5b08f1b12f29e8fe89d1181dda37de.jpg
上記では間違った炭の処理方法をご紹介してきましたが、正しい炭の片付け方をご紹介します。炭の片付けはいたって簡単なものでバーベキュー初心者でも簡単に行うことが出来ます。バーベキューをするからには正しい知識を身に付けて周囲の方たちにも迷惑のかからない方法で炭を処理していきましょう。では、正しい炭の処分方法をご紹介します。
576ed733b2d410622e3f785d44427abf
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/6e/d7/576ed733b2d410622e3f785d44427abf.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法①炭を燃やしきる

B742e499f8625b1b19c4dcd2282469c6
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/42/e4/b742e499f8625b1b19c4dcd2282469c6.jpg
誰でも簡単安全な炭の処理方法は「炭を燃やしきる」ことです。この方法は少し時間がかかりますが、自宅で行っても海や山で行っても1番安全に火を消すことが出来る方法です。炭が消えるまでにかかる時間は炭の品質にもよりますが、安い炭なら数時間もかからずに消えます。備長炭などの高級な炭は数時間たても消えないことが多いので、自宅で行うバーでキューの場合は火事にならないよう見守りながら消えるまで炭を燃やしきりましょう。海や森で行う場合は日帰りバーベキューにはおすすめできない消し方ですが、キャンプなどお泊りで行うバーベキューにはおすすめです。海や山でキャンプでバーベキューを行う場合は火が消え行くのを見て楽しむのも1つの楽しみ方です。
7d61165bbc0286b52a14386c73daa0ab
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/61/16/7d61165bbc0286b52a14386c73daa0ab.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理方法②水に炭をつける

142b7e01cadcbbce867ea17573fa7d1b
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/2b/7e/142b7e01cadcbbce867ea17573fa7d1b.jpg
誰でも簡単に安全な炭の処理方法は「炭を水につける」方法です。上記では炭に水をかける方法はやけどなどの危険性や再度火が付くこともあるのでおすすめしませんが、炭を水に付けて消す方法はおすすめします。この方法は大量の水があれば簡単に消化できるので自宅で行うバーベキューや海や山で行うのでも対応している消化方法です。この方法で消化する場合に必要なアイテムは溶けない材質のバケツです。水の張ったバケツに1つずつ炭を入れます。このとき躊躇することなく一気に水に入れるようにしましょう。躊躇してゆっくり入れると上記でやけでする危険性がありますので一気に入れます。そして、15分程度水につけて置きましょう。この方法は確実に火を消すことが出来る安全な方法です。
13de0d459f697224421672533e543f1f
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/de/0d/13de0d459f697224421672533e543f1f.jpg

【簡単片付け】バーベキューの適切な炭の処理と再利用方法

Ce5f0c735e8149766efd2faedbfbf099
引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/5f/0c/ce5f0c735e8149766efd2faedbfbf099.jpg
バーベキューで1度使った炭は再度使用するときに燃えやすいとして再利用したいと考える方が多くいます。そこで炭を再利用できる方法をご紹介します。炭を再利用するには火消壷というものがあります。つぼの中に炭を入れ蓋をすることで空気を絶ち火を消します。こうすることで再利用できる隅が出来ます。火消壷なら自宅で行うバーベキューでも海や山で行う場合でも簡単に安全に火を消せ、再利用できます。
38c3c90bb91007ea9e74b2c69ccb0a27
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/c3/c9/38c3c90bb91007ea9e74b2c69ccb0a27.jpg

関連記事

バーベキューで使わなかった炭の処分方法①燃えるごみ

Article pc image04
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.hinata.me/image/image/744400972972936028/article_pc_image04.jpg
バーベキューで使わなくなった炭の処分方法をご紹介します。処分方法として1番簡単なのは燃えるごみとしての処分です。炭は燃えるごみとして処分できますのでいらなくなったらごみとして捨てましょう。
Photo0000 5237
引用: https://i2.wp.com/miyutomo.com/wp-content/uploads/2018/01/photo0000-5237.jpg?resize=508%2C337&ssl=1

バーベキューで使わなかった炭の処分方法②消臭剤

3760af0824f77f0bdc250fc3645c911f
引用: https://i.pinimg.com/564x/37/60/af/3760af0824f77f0bdc250fc3645c911f.jpg
炭の処分方法は「消臭剤」としての再利用です。炭にはかなりの消臭効果があり靴箱の中などに入れておくと効果を発揮します。捨てるのが勿体無い方は消臭剤として再利用しましょう。

バーベキューで使わなかった炭の処分方法③譲る

A26ed232d7c31ab36458b1bc80464988
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/6e/d2/a26ed232d7c31ab36458b1bc80464988.jpg
炭の処分方法は「譲る」ことです。安物の炭は譲られても困るものですが高級な備長炭などは譲られてもバーベキューが好きな方には嬉しい譲りものです。品質のいい炭は捨てるのではなく譲るのも1つの方法です。

まとめ

バーベキューで使用した炭の処理方法は参考になったでしょうか。バーベキューでの炭の処分方法は知っておかなければやけどや火災、周囲の方への迷惑となります。そうならないためにも炭の処理方法を知っておきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/85/53/f3/8553f3fa53914c7b0971c5a5b428cc80.jpg